プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっとそのまま

久しぶりに次女の部屋に入った。
独り暮らしを始める・・・と家を出ていってから、かれこれ一か月が経つ。

長女が家を出た後は、待ってましたとばかりに、
その部屋を狙っていた次女が移ったから、
あまり感じることがなかったけれど・・・

ただただ・・・立ちすくんでしまった。

ほとんど、空っぽになった部屋に、
彼女が好きな本が、まだ山積みになって置いてある。

モンゴル人留学生とのシェアルーム。
狭すぎて持っていけないから、置いておいてね・・・と言ってたっけ。
私には、難し過ぎてとても読めそうにない・・・。

それにしても、何でモンゴル人なのかな?
きっと、過去世に何かあったのかな?
それに、何でその場所なのかな?
そこは、ママが前夫とよく遊んだ場所だよ・・・。

そのまま、何をするわけでもなく、ため息をついて、部屋に戻った。

机の上に置いてあったパステル画が目に入った。
タイトルは、『ラ・フランスとレモン』

我ながらよい出来だ。
手にとって眺める。

すると、その下に置きっぱなしになっていた、娘からの手紙を見つけた。

そこには、小さい頃のささやかで美しい思い出が
宝石のように散りばめられていた。

< ああ・・・忘れてた・・・。そんなこともあったっけ? >

私の方が忘れていたことばかりで、彼女の人生の物語の中に、
私との時間が、こんなにも刻まれていたことがとても嬉しかった。

でも、これには、ハッとさせられた。

「・・・・・・・・でも・・何の役にも立てなかった・・・」

それは、私が実母に抱いていた想い そのままだった・・・。

洋服の好みも・・・好きな絵も・・・音楽の感じ方も・・・
誰よりも似ていたのが、養女である次女だった・・・。

親に感じる深い部分まで似ていなくても良さそうなものなのに。

親の役に立ちたくて、この星を選んで生まれてきたのに、
何ひとつ役に立てなかった・・・というその脱力感。

例え、人生の先輩に「そんなことないと思うよ」と言われても、
例え、母に「そんなことないわよ」と言われても、
それは、自分しか拭うことはできない・・・。


それにしても 私はどうして、
彼女からの手紙をしまうこともしないまま、
ずっとそのままにしているのだろうか・・・。





スポンサーサイト

子連れ再婚

昨夜は久しぶりにコロッケを作った。
我が家のコロッケは特製「ピーマンのみじん切り入りコロッケ」。
これは私の実家の母秘伝(というほどでもないけれど)の自慢のコロッケだ。

誰よりもこれが好きなのは、何故か養女である次女。

「同じ釜の飯を食う」という言葉があるけれど、
同じ釜の飯を食い始めてから、もう彼これ20年・・・
血の繋がりよりも、大きくて大切なものを教えて貰った 
長~い長~い、何月だったな~なんて思い出しながら、
コロッケの衣を付けていた。

イライラしながら、キャベツを刻んでいたら、
「うちはとんかつ屋さんか~!」ていうほど、刻んでしまっていたり・・・
ゴシゴシ穴があくほど、鍋を磨いていたり・・・

今ではすっかり笑い話だけれど、
ホントよく怒ったり、ため息をついたりした日々だった。

・・・誰に対して?って、勿論 夫・・・。
子どものこと、特に養女のことを相談しても、
子どもだからしょうがない・・・
だから、どうしたいの?
ケセラセラといけよ・・・

私にとって、まるで、その答えは答えになっていなかった。
だから、何度も「もう二度と、「相談するのはやめよう!」
と書いた紙を冷蔵庫に貼ったものだった(笑)

それでもついつい、夫の顔を見ると愚痴をこぼしてしまう私。

思えば、本当に夫に、気の毒なことをしてきた
・・・と今ではふか~く反省(笑)


再婚・・・子連れ再婚・・・。

もう19年も前のこと。
7歳の娘のいる私は、3歳の娘のいる男性と再婚した。
私は元夫と離別。
彼は元妻と死別。子どもを産むと直ぐに、
産後の肥立ちが悪くて亡くなってしまった。

だれも、離婚したくて結婚する人はいないし、
相当のエネルギーを使って、離婚したのだから、
再婚するとき「今度こそ!」という思いは強い。

少なくても、一度、結婚「生活」を経験しているから、
「生活」というものの、
すべての画像を現実的に準備万端考えてみてから
臨んだ・・・はずだった。


例えば・・・
夏休み前に再婚し、夏休み期間を使って、
「普通」の家庭を築いてから、
新学期を迎える・・・という具合に・・・


しかし、そう簡単に問屋は卸してくれなかった。

子連れ再婚の場合、夫婦の絆の前に、
親子の絆がもともと出来ているから、
そう簡単に割り切れるものではない
・・・のがココロという厄介なものだ。

心惹かれたもの同士が、結婚し、愛し合って子どもが生まれ、
その子を大切に育てていくというのが、一般的な図式だけれど、
その順番が違うと、

つまり、結婚した時には、
既にそこにちゃんと立派な親子の絆があるのだから、
なかなかそこに入り込めなかったり、嫉妬心が生まれて、
立派な三角関係にもなったりするのだ。

元の連れ合いが亡くなっていたりすると、
オマケがついてしまって
子どもだけでなく、
その亡き御霊にまで嫉妬してしまう始末だから、
恐ろしいものだ。


この「嫉妬心」というのがココロの中でも、厄介なもの。


再婚したての頃、中学生時代に親友だった友達に相談したら、
「自分で決めたんだから、しょうがないじゃん!」
て簡単に言われてしまった。
だから、もう誰にも相談しないと 深く心に決めた。


だから、やっぱり私はちょっと辛かった。
長かった・・・その期間・・・。

何度も家を飛び出たけれど、行くあてもないし、
外側を変えても、内側を変えなくては・・・ということは
次第に気が付くようになって行った。


親の死やいろいろな道を経て、
そんなこともあんなことも、
いろいろあって、良かったんだ・・・と思える私がいる。


今ある、家族の絆の意味が
ようやく少しずつ分かり始めてきたからかもしれない。

意味のない出会いは、



ない・・・。


昨年からお手伝いに行かせて貰っている、
ステップ・ファミリー・ジャパン(SAJ)

http://www.saj-stepfamily.org/


(ステップ・ファミリーという言葉は、
夫婦の一方あるいは双方が、前の配偶者との子どもを連れて再婚した時に誕生する家族をいうのだけれど、中学の家庭科の教科書にも、新たに登場したらしい。)

のような場所をもっと早くから知っていたら、

(まず初回は、絶対に泣き崩れていただろうけれど^^)

どんなに救いになっただろうと思う。

悩んでいるのは自分ひとりではないし、
ステップに限ったことでもないということが解る…その日まで・・・

少しずつ、少しずつ・・・

自分と向かい合う厳しさをサポートしあえたら…

と、心から そう思う。


それはそうと、久しぶりのコロッケ!
すんごく美味しかった!
勿論、次女も喜んで食べていた。
きっと亡き母も喜んでくれているだろう・・・。

まずは美味しいものを頂いて、身体に優しく・・・ね?




今度9月25日にあるとっても楽しそうなイベントのお知らせです♪
今は、4家庭に1家庭がステップだそうです。

きっと悩んでおられる方はとても多いと思います。

ピンと来られた方はぜひ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★子連れ恋愛&子連れ再婚を学ぼう! ~ステップファミリーってなに?~
主催:SAJ-LEAVES関東 後援:NPO法人Wink
<日時> 2010年9月25日(土) 10:30~12:30(10:00受付開始)
<会場> 東京スポーツ文化館 BunB マルチホール
http://www.ys-tokyobay.co.jp/koutsu.html

◆東京メトロ、JR京葉線、りんかい線 「新木場駅」下車徒歩10分
お車の方は、夢の島公園の駐車場をご利用下さい。
◆参加費:大人500円
<内容>
前半:子連れ恋愛・必勝(^▽^)セミナー:新川てるえ NPO法人Wink理事長
後半:ミニLEAVES「子連れ再婚の強い味方を知ろう!」
◆託児あり(1人目700円 2人目以降500円)
※託児申し込み9月18日締切

◆ご予約:E-mail:leaveskanto@saj-stepfamily.org
◆お問合せ/SAJスタッフ 担当:町田 TEL:080-5008-2133
詳しくはこちら >> PDFが開きます
http://www.saj-stepfamily.org/event/bumbevent925.pdf

前半はプレ向け講演会、後半は当事者スタッフの経験を交えながら
ステップファミリーを学びます。
なかなか聞けない継父の体験談もあります。
通常のLEAVESとは違ったプログラムの中でステップファミリー特有の情報が学べます。
シングル家庭の方、ご家族、教育関係者、ステップファミリーを学びたい方など、
皆さまのお越しをお待ちしております(^-^)

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。