プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじけないで

今にも雨が降りそうです。
激しく降るのでしょうか・・・



ぼーっと川のせせらぎを聞いていました。

鯉が一所懸命、流れに逆らって泳ごうとしています。


今春、酷い捻挫をして、しばらく治療に通っていましたが、
治療を中断し、しばらくしたら、また痛み始めてしまいました。

するとたちまち、膝に力が入らないのです。

不思議なものです。

膝に力が入らないと
歩いていても、何だか心もとなくて、
人生そのものまで 心もとなく感じてしまいます。

ああ・・・情けない・・・


先日、私が恋い焦がれている女性に
「骨休め」という言葉を教えて頂きました。


でも・・・いえいえ・・・
これは、私が怠けようとしているだけなのかも知れない・・・

という声が耳元で囁きます。


ああ・・・情けない・・・。



ふとみると、岩にカメがたたずんでいました。

数年前に、やはり先輩に
「歩くという字はね・・・少し止まると書くでしょ?
そう言う意味なのよ」
と教えていただいたことを思い出しました。


少し止まってみました。



再婚したのは20年前の夏でした・・・。

一番上の娘が、心細そうにこちらの小学校に転校してから、
一番下の4番目の娘が今年3月にその小学校を卒業するまで
小学生がいる生活が 長く続きました。

もう上の子は既に社会人だというのに、

子ども達全員が、小学校を卒業してみて初めて、
生活が大きく変わったことを感じました。




子ども達がまだ、小さかった頃、
5時の鐘と共に、公園から帰る途中、

これからウォーキングに出かけるという
優雅な先輩ママさんたちを見て、

「これから怒涛の時間だというのに・・・」

と、横目で見ながら、
夕焼け空を背に 慌てて帰っていた日々も・・・

必ず毎年 一緒に行っていたプールも・・・

花火大会も・・・

どこかで、永遠に続くものと信じていたのです。




人生がちょっぴり解った気持ちがしました。


胸に静かに手を当ててみると、
生意気盛りの40代がよく観えてきます。

60代になったら、
今度はどんな50代が観えてくるのでしょう・・・。


そんなことをぼんやり考えるでもなく、想っていたら、


やはり人生の先人より
『くじけないで』(柴田トヨ著)を紹介していただきました。


息子さんの勧めで、90歳になったトヨさんが、
産経新聞の「朝の詩」に投稿したことがきっかけで、
99歳で詩集を創られたというのです。


私は、夢中で99歳のトヨさんにしがみつきました。






亡くなった母とおなじ
92歳をむかえた今
母のことを思う

老人ホームに
母を訪ねるたび
その帰りは辛かった

私をいつまでも見送る
 母
どんよりとした空
風にゆれるコスモス
今もはっきりと覚えて
 いる






90を過ぎてから
詩を書くようになって
毎日が
生きがいなんです
体は やせ細って
いるけれど
目は 人の心を
見ぬけるし

耳は風の囁きが
よく聞こえる
口はね
とっても達者なの
「しっかり
  してますね」
皆さん
ほめて下さいます
それが うれしくって
またがんばるの私




風と陽射しと私

風が
硝子戸を叩くので
中に入れてあげた
そしたら
陽射しまで入ってきて
三人で おしゃべり

おばあちゃん
独りで寂しくないかい?
風と陽射しが聞くから
人間 所詮は独りよ
私は答えた

がんばらずに
気楽にいくのがいいね

みんなで笑いあった
昼下がり



         (『くじけないで』柴田トヨ著:飛鳥新社 より)



早速、90歳になったばかりの義父に贈りました。


※詩はやっぱり縦書きでないと・・・トヨさんに叱られそうです^^;
スポンサーサイト

ママは大好きなアレルゲン

昨日は母の日でしたね。

母の日のお花1



MOTHER’S NET設立一周年でもありました!
そしてまた、昨日は、向後利昭先生のお話会~
『手抜き子育てのススメ』を開催し、お集まりいただきました方々と
とても濃い時間を過ごさせていただきました。


2母の日のお花


私たち母親は、子育てにマニュアルがないのを
どこかでは解っていながらも、
相談できる場所がないので、情報を入手しようとします。
ところが、溢れるような情報の中で、今度は何を信じたらよいか解りません。


『「焼け野のきぎす 夜の鶴」~ご存知ですか?』

自分の命に代えても、子を救おうとするキジや、
自分の羽でその子を暖める鶴に引き替え、
崩壊し過ぎてしまっている、今の人間の親子の現状を何とかしたいと
向後先生は、医学博士の他、臨床心理士の資格も取られ、
「預かりもの」である子どもと、母親との在り方を見つめながら、
心療に取り組んでおられます。

また、ご幼少の頃、ネフローゼという生死を彷徨うほどの
腎臓の病にかかられたご経験から、
霊や魂(=良心)という目に見えない世界も、
西洋医学と東洋医学の他に必要と感じられ、
陰陽五行説や一霊四魂のお話、心と身体と魂のお話など
オープンカウンセリングを含めながら、たくさんお話下さいました。

小さなお子さんがいらっしゃるママさんへ向けての具体的な部分では、

① 離乳食は必要ない~おっぱいやミルクだけで充分。
② おしゃぶり・おんぶと抱っこの必要性
③ 仰向けに寝かせること。
④ なるべくハイハイさせること。
⑤ 冷たいミルクを与えない。
⑥ ベビーカーを止めなくてよい。

また、乳製品・冷たいもの・甘い物の体への大きな害のお話も
詳しくご説明下さいました。


ところで、喘息の患者さんが、入院していた病院で
先生が、働いていらした頃のお話です。
そこは、入退院を繰り返してしまう
重度の喘息のお子さんが入院している病院で、

消灯時間を過ぎて、「先生」と声をかけられたので、
「どうしたの?」と聞くと、
「僕、今から喘息の発作を起こすよ」と言うや否や、
しばらく考え込んだ挙句に、本当に喘息の発作を起こしたので、
治療後、「どうして、発作を自分で起こしたの?」
と聞いてみると・・・

「僕、お母さんのことを考えると発作が起こるんだ」

「・・・」

「その子にとって、
お母さんがアレルゲンだったわけですが、
もっと深く見つめてみると、
その子の深いところでは、お母さんの元に帰りたいと
思ってるんですよね・・・」

心と身体の繋がり・・・
何だか、本当にしみじみ考えてしまいました。

それから、
先生は最後に、こんなことをおっしゃいました。
「小児科医が、患者さんを通して診たいのは、何だと思いますか?」

・・・と・・・。

先生は、患者さんを通して、診たいのは「家族」だそうです。

知育・体育・食育・徳育の中でも、
愛情ホルモンを沢山分泌できる「食事」を基盤とした
「家族」の在り方を診ることが何より必要とおっしゃられ、

そして
「これからは、お母さん達が、患者さんが医者を変えてください!」
ともおっしゃります。

医者に患者が合わせるのではなく、
患者に医者が合わせていかなくてはならないのですから・・・。
・・・と・・・。


私は、これまで、両親の闘病生活やさまざまな経験から

「お医者さまと患者さん」
「学校の先生と生徒」という、

現実にある、強者と弱者ともいうべき、対立を生みだす
古い主従関係は、本当の意味での医療や教育は
なされることはないと、

思ったことが多かったのですが、

医師である、向後先生から、

「これからは、患者さんが医者を変えてください」
と伺いました時には、

本当に感動し、魂が震える想いが致しました。




本当に世の中が大きく変わろうとしているみたいです。

すべてはやはりうまくいっているのですね・・・。


また、きっと・・・向後先生のお話会・・・

沢山の方に是非!聴いていただきたいと
しみじみ思いました!




心と身体をデトックス

昨日は、梅雨の合間の晴れ間!でしたね!

「心と身体をデトックス!」と題して、MOTHER’S NETでは、
お集まりの皆様と、身体を緩めることをやってみました。
そう・・・本当にこれはとっても心地よい・・・
人呼んで(ハ?)「和みのヨ~ガ」です^^

昨日、集まられた20名近い皆様も、言っておられましたが、
ヨガと聞くと、フィットネスヨガを思い浮かべて、
自分は身体が堅いし・・・なんて、思われるでしょう・・・。
しかし、これは一般的に言われるヨガとは全く違うんです!^^

身体へのお手当て法とでも、言うのでしょうか・・・。
外国人にハグの習慣がありますが、日本にはそういった習慣がありません。
身体に触れる・・・ということ・・・
(スキンシップなんて、カタカナを使うのも陳腐なくらい・・・)
「お手当て」という・・・人と人の肌の温もりを感じること・・・は、
愛というエネルギーを深いレベルで共有し合い、
辛いことも、嬉しいことも、心配なことも、
お互いに分かち合いながら、デトックスしちゃう・・・何だかそんな感じがします。

ここ数年、よく思うのですが、
(どこの会社からそれを言い始めて、そんな風習になったか、解りませんが・・・)
今、多くのスーパーでは、レジでお客さんがおつりを頂くとき、
受け取る側(つまりお客さん)の手の下に店員さんが、
手を添えて、おつりを下さいます。

それが何と言うか・・・心地いいんですね・・・
その・・・手が触れる・・・というのが・・・。
夕方、ちょっとお疲れムードで、夕飯の買い物に行ったとき、
何というか・・・ぬる温かいお湯に浸かったような・・・
そんな心地になるのです・・・。

大人でもそうなのですから・・・
子どもは、もっとそうなのかも知れませんね・・・。

子どもが小さいうちなら、
抱っこしたり、頭を撫でてあげたり、足をさすってあげたり、
という機会も、自然にあるかもしれないけれど、
だんだん、子どもが大きくなると、
気安く触ると「ウザイ!」とか言われるのがおちです^^
(本当は嬉しいのにね^^)

子どもが中学生になり、思春期・反抗期を迎えた時・・・
もう高校生になって、進路や何かで心がザワザワしていた時・・・など・・・

この和みのヨ~ガをちょっとだけ、とりいれるといいでしょう・・・。

何故なら、この和みのヨ~ガは、される方よりも、してさしあげる方が、
癒されるという、効果があるからです。
ここが、深いところですね・・・。
これがやはり、愛と言うなのエネルギーを分かち合うという
部分なのかも知れません。

ストレス社会と言われる今、
まずは、誰よりもお母さん達が元気になっていないと!と思います。

そう言っている私も・・・
最近になってやっと少し・・・

自分を生きている・・・
そんな感じがしています!

・・・それで?どんな気持ちなの?
・・・それで?あなたはどうしたいの?

身体は正直です。
心と身体の声を聴く・・・と
すっと字面だけで言っていたような気がします・・・。

でも、今はそうではなくて・・・

ただ、話を聴いてくれる・・・
ただ、そこで私の肌に触れてくれる・・・
・・・そんな・・・人の肌と触れて・・・
本当の意味での分かち合いを感じ・・・
人と人の間で、生かされている自分を

大切にしたい・・・

そんな風に感じるのです。


ほんのり汗をかいたあと、心地よい夏の風を感じて
お集まりの皆様方と共に、ゆっくりと銀座辺りを歩き、
ランチを楽しんだ後・・・
みなそれぞれの家路へと向かったのでした。

皆さんに喜んでいただけるというのは、
何より、嬉しいことですね!!^^

ところで、
昨日の和みのヨ~ガは、ちょっとした触り程度のものでしたが、
今度8月29日(日)は、時間をたっぷりとっています!

この日は・・・じっくり子ども達と付き合い^^
自分とも向き合わざるを得なかった^^
夏休みも終わった頃・・・に、ご用意いたしました!

心と身体と夏の疲れをとるばかりでなく・・・

自分で自分を生きるために・・・

是非どうぞ、お出かけくださいね^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ 心と体をデトックス~和みのヨ~ガと共に☆
心の奥深くにあるものをデトックスする前に、感情の蓋を外す作業が必要です。でもそのためにとても有効なのは、身体を緩ませること!
◇ 日 時:8月29日(土) 13:00~17:00
◇ 場 所:男女共同参画センター・横浜 (JR 戸塚)
  地 図:http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/accessmap/
◇参加費:2000円(ひと家族)
◇定 員:20名 (定員になり次第締め切ります・お子さん連れやご夫婦でのご参加大歓迎です!)
持ち物:バスタオル・五本指のソックス

お問合せ・お申し込み:MOTHER’S NET  代表 紅林 千賀子
E-mail address: happymothersnet☆yahoo.co.jp.  (☆を@に変えて送信してください)
こちらから、再度ご連絡いたします。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。