プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の今

過去には
戻れないし
戻らない

どんな現実も

私が決めた最高の今\(^0^)/
スポンサーサイト

セピア色の思い出

毎年、銀杏が斜陽に光る頃になると、決まって思い出すことがあります。
でも何故か今年は、そのひとつひとつが色鮮やかなのです。


それは小学二年生の昼下がり。
珍しく家にいた父と弟と、近くの千葉公園へ散歩に行って、帰ったときのこと。
長く伸びたお日さまと落ち葉と、戯れながら帰ると
リビングのテーブルに「しばらく家を出ます」と短い母の手紙が残されていました。

直ぐに二階に駆け上がり、机から辞書を取り出すと、
「しばらく」という言葉を探しました。
そこには短く「数日」とか「少しの間」とか書かれていました。

もちろん、小学二年生ですから、その位解っていましたし、
毎日喧嘩の絶えない父と母のことですから、
いずれそうなることも解っていました。
だからなのか・・・泣くということを一切しませんでした。


数か月経ったクリスマスイブの日。
「あなたのお母さん、そこの郵便局にいらしたわよ」と教えて下さった、
他の学年の先生の言葉を頼りに、
小さな背中にランドセルを踊らせ、郵便局に飛び込みました。
確かに、目の前に母はいました。
けれど、華やかで、千葉には不似合いな母の姿を見たとき、
言葉にできない悲しみを感じ、
声をかけることもしないまま、静かに扉を閉めました。


結局その後、私と弟は、母の実家の東京に引っ越すことになり、
伯母にあたる父の妹が、慌てて私と一緒に、クラスメイトに渡す記念の品として、
匂い付きの消しゴムとノートを買いに、文房具屋さんに連れて行ってくれました。

そして次のクリスマスの日。
私と弟は、荷物と一緒に、千葉駅の喫茶店で母に渡されました。


若い頃、母親を亡くした父と、若い頃、父親を亡くした母・・・。

寂しいもの同士の二人の姿を、きっと長いこと、空の上から眺めていたのでしょう・・・。
なのに、なにひとつ、私は両親の役に立つことが出来なかった・・・。
・・・無力な自分にため息をつきました。
不仲な両親を選んで果敢に生まれてきたものの、何の役にも立てなかったと・・・。


その後、数か月後に父が現れました。
とっても嬉しかった・・・。
だって、母にとっては憎い夫でも、私にとってはかけがえのない父ですから・・・。
でも、それから父と母の争いは再開してしまいました。

深夜、夫婦げんかに目を覚ますと、私はとうとう耐えられなくなり、
父を殺そうと、台所に包丁を取りに行ったものの、
床の軋む音が怖くなり、止めました。
母は、それまでを取り戻すかの様に、
躾という名の虐待の如く、私たち姉弟を厳しく育てました。
私は、家庭を壊してしまうことのないよう、良い子を務め、
そして父への想いが母に知られないように・・・
大人たちの人間模様を斜に眺めて、過ごしました。
それから、母は夜の銀座にでるようになり、
帰宅を知らせるタクシーのドアの音を聞いてから、やっと眠りにつく日々が続きました。

思春期になって、そんな私を誰よりも支えてくれたのは「荒井由実」でした。
彼女の詩とその音が、誰よりも私を支えてくれました。

大学卒業後すぐに結婚し、直ぐに娘を授かりました。
しかし、その結婚は長くは続きませんでした。

産後直ぐに始めた、夜中に営む鮨屋の経営と・・・
初めての子育てで身体がボロボロになる中・・・
娘がハイハイがようやく出来るようになったある日の夜中、
様子を見に二階に上がってみると、ベビーベッドに娘の姿がないのです。

長い廊下をハイハイしながら、夜中にひとりで私を探したのでしょう・・・。
台所のテーブルの下に、娘の姿を見つけ、抱きしめたその瞬間、
子ども時分のすべてが一気に蘇ってきたのでした。

・・・もしあの時、母の「育てたくても育てられない辛さ」を想うことが出来たら・・・
そんなことにはならなかったかも知れません。
でも、まだ24歳の私には無理でした。
母と同じことを娘にしてしまった自分がどうしても赦せなくなり、
その結婚生活を終えました。


娘と二人、五年間の母子生活の後、産後の肥立ちが悪くて妻を亡くした今の夫と出会い、
子連れ同士の再婚をし、その後、二人の子どもを授かり、4人の子どもの母となりました。


子育てに勤しむ生活の中で、
ようやく少しずつ母の深い愛を想うことが出来るようになりましたが、
今度は、お腹を痛めた子どもと同じように愛せない、養女への自責の念と
長女の不登校や反抗に苦しむようになりました。

そんなある日、新聞紙面にこんな記事を見つけました。
保険の外交をしながら、ひとりで育てていた昔を懐かしく想う女性の記事です。

子どもが熱を出していても、どうしても仕事に出ないとならず、
時々様子を見に家に帰ると、子どもの枕元にもどした後があり、
その横ですやすや寝ている姿が、本当にいたたまれなかったと・・・。

どんなに今の自分が辛くても、
私は今、自分の子どもをちゃんと見守ることが出来る環境にいるではないか・・・と・・・。
謙虚さのみじんもない、傲慢さをつくづく思い知らされました。


育てたくても育てられない・・・

私たち姉弟を置いて家を出た母。
私たちを残して銀座に働きに出なくてはならなかった母。
そして二階に娘を寝かして働かなくてはならなかった私。

でも、もっともっと世の中には
いろいろな形で、育てたくても育てられない・・・
シチュエーションの方がいます。

子どもに先立たれた親。
子どもを残してあの世に旅立った親。

次女にあたる養女の産みの母がそうです・・・。

もうあの世なのですから・・・。

・・・言葉も手も出せない・・・

見返りを期待することも・・・
「欲」も「私」も何もなく・・・
ただただ、元気に生きてくれさえすればそれでいい・・・。
無償の愛とはそのことをいうのでしょう・・・。
でもそれでも・・・どんな状況であっても・・・
必ず想いは伝わり、絆の糸は繋がっているのだと思います。


そう言えば、娘が中学校に進学したとき、
父が初めての体育祭をそっと見に来てくれたそうです。
母が後から教えてくれました・・・。

「なんだ・・・うちによってくれれば良かったのに・・・」

裕次郎のように肩に背広を引っ掛けて歩く父の姿を思い浮かべ、
不器用なその父の想いに胸が熱くなりました。

これまでも、きっと、ずっとずっとそうだったんだ・・・。


無償の愛の持ち主は、もしかしたら女性より男性なのかも・・・
女性よりもっと高く広く愛してくれていたのかも知れない、と思います。



先日、入籍を済ませた二人がしあわせそうな顔を見せてくれました。
MOTHER’S NETの最後の講演会にも、二人で来てくれました。


きっとあの世の両親が、誰よりもそんな娘の姿を喜んでくれていることでしょう・・・。
そして、きっと、心配してくれていることでしょう・・・。


12月の結婚式で、私はちゃんと留袖を着て、
ちゃんと「花嫁の母」として振舞えるだろうかって・・・。


娘が嫁ぐ寂しさを二度も味あわせてしまった父と母・・・
私の今の想いを感じてくれているのが、
今、私ははっきりと手にとるように解ります。



もっと早く親の想いが解ればよかったのに・・・。




まだまだ留袖が似合う私ではないけれど、


でも・・・


今、心静かにセピア色の季節を味うことができる私がいます。













MOTHER'S NET FINAL 講演会と閉会のお知らせ

10月6日連休の初日、MOTHER’S NET FINAL 講演会
「根っこのはった子育て~胎内記憶と家族の絆」
~池川明先生&飛谷ユミ子先生の講演会が、開かれました。

当日の朝まで、私の携帯が鳴り続け、
定員を超える程のご参加者と
池川先生・飛谷先生をはじめ友情出演をして下さった南山みどりさん(カウンセラー・作家)、醍醐千里先生(「魂の約束」朗読)と
そしてスタッフのお陰でとても温かい会に終わりました。




今、母親たちは、いろいろな意味で子育てをするのが、
とても困難な時代と言われています。
核家族化が進み、お姑さんや実母のアドバイスを聴くことが
なかなか出来ないうえ、
少子化により、親子の関係が密になり過ぎてしまう傾向にもあり、
子ども達もお母さん達も、ストレスが深刻化しているのが現状です。


私自身4人の子供を持つ母なのですが、
上の子と一番下の子の年齢が14歳も離れており、
小学校に20年間も通う日々が続きました。
子供たちの通る横断歩道で、旗振り当番をしながら、
子供たちや親たちのあり方を通して、
社会の移り変わりを見つめて参りました。


そんな中、私自身も、子育てや人生に関して、
ひとりで鬱々と悩んでいる期間が短くありませんでした。

「子ども一人ひとりが違うように、
それぞれの育て方があっていいんだ」と、

本当に懐に落ちるのには、かなりの時間を要してしまいました。


何故なら、子どものありのままの姿を認める前にまず、
ありのままの自分を認めることが必要だったからです。




そんな時に出会った池川明先生という医学博士・産婦人科医の講演会で、
子ども達の胎内記憶から語られる「子どもは親を選んで生まれてくる」
「人生のシナリオは生まれる前に誰もが描いてくる」
「誰もにお役目があって生まれてくる」というお話を伺い、
もし私も、親を選んで生まれてきていたとしたら・・・
もし私も自分の人生の学びの課題やシナリオを
自分で描いて生まれてきていたとしたら・・・。


起こる出来事や理不尽とも思える出来事に対して、
これまで外側のせいばかりにしていた想いや見方が
次第に変わっていき、
それは将に私の人生観や死生観を変えてくれるものになったのでした。

その後そのような素敵なお話を独り占めしては勿体ないという想いから
講演会を子ども達の通う小学校で企画させていただきました事が、
MOTHER’S NET立ち上げの大きなきっかけにもなりました。

また、その時に出会った友人とのランチで『鏡の法則』の野口嘉則さんからの配信メールにより、
澤谷鑛先生の『すべての「結果」は引き寄せられている~
運命を決める「牽引の法則」』(総合法令出版) を知り、
養成講座で学ぶ中、私自身、自分自身の奥深くへの旅が始まったのでした。




しかしその真摯に自分と向き合い、生まれてから今まで、
誰よりも縁(えにし)の深かった両親との関係を
紐解くことは、時には抉られるほどの痛みの伴う、
苦しい時間でもありました。


今になってみれば、それこそ、とても貴重で必要不可欠な、
子ども達からの、そして宇宙からの、最高のギフトだったように思います。




人生という舞台で主役を演じる誰にとっても、
必ず「その時、その場所で、その人しか味わうことが出来なかった
その想い」という、大切なワンシーンがあると思います。

相手のその時のその想いを、まるで溶け合うように味わい流した、
ひと粒の涙の波紋が、静かに静かに、過去・現在・未来という時空を超えて広がり、絡まった糸を紐解き、
絆の糸を結び直してくれたのかも知れません。



一人ひとりが、しあわせになる覚悟を決め、
出会うさまざまな「人」「こと」「もの」を通して、
心を澄まし、絆の糸を結び直すことこそ、たましいを磨き、愛を学ぶ、
しあわせな人生の扉を開く鍵なのではと思います。


また今度は、その尊い人生から学び取ったものから、
まわりの方のしあわせな人生の実現をサポートすることで、
より自らを信頼し、しあわせな人生を歩んでいくための
揺るがないものになっていくのでしょう。



私たちは、MOTHER’S NETは、悩める母たちへ向けて、
「家族の絆の結び直しと生きがいを応援し、
子どもも大人も心豊かに育ちあう」ことを
モットーに設立し「自分を知り、自分を見つめる子育て」を
テーマに活動をして参りました。


実は、私たちスタッフもみなそれぞれに
「子育て」や「人生」に行き詰り、
深く悩んだ経験があったからです。

人生に起こる出来事は、決して無駄なことも、偶然もなく、
一分足りとも早からず遅からずの絶妙なタイミングで
必然的に起こるといいます。

一見困難にも思える出来事も、それをどのように捉え、
どのように受け容れ、
どのようにこれからの人生に活かしていくのかを真摯に考え、
しあわせになる覚悟を決めることは、時には厳しい道のりでもあります。

でも、そこにこそ、本当の自分に出会い、許し、信じ、愛するための
大いなるプレゼントが隠されているのかもしれません。




この度MOTHER’S NETは、リセットのための
必要な時間を頂くことに致しました。

短い期間でしたが、私たちは様々な活動をしてまいりました。

MOTHER'S NETが編集させていただきました
『いのちの絆の物語』~母と子へのメッセージ」(南方新社)http://amzn.to/inochitokizuna

の出版記念講演会に始まり、
ドキュメンタリー映画「うまれる」や「SWITCH」の上映会、
しゃべり場や様々なワークショップなど・・・。

でもそれによって一番学ばせていただけたのは、
私たちスタッフであり、そして私だったようにと思います。


今度は全く違った形になるかも知れませんが、
子ども達に学びながら、愛と歓びを分かち合いたい、
その想いは全く変わりません。

またいつかきっとお会いしましょう。
これまでご支援くださり、本当にありがとうございました!
心から感謝しております!

そして、皆さま方のますますのしあわせな人生を心から信頼しております!

私たちは皆ひとり残らず、幸せになるために生まれてきた、
平等でかけがえのない存在なのですから・・・。

~あなたに代わる あなたはいません~

NPO MOTHER'S NET
代表 紅林 千賀子

自分でえらんで生まれてきたよ

先日、ある会で、いんやくりおくんのお話を伺いました。

りおくんは、個性的な心臓と肺を持って生まれた男の子で、
これまで2年近くの間に30回もの手術を受けています。



そんなりおくんのお話は、
度々池川明先生の講演会で既に伺っていたのですが、
その会で朗読して下さった彼(りおくん)の書籍は、
涙なくして聴くことはできませんでした。



ご存知の方も多いと思いますが、
それは、数か月前にサンマーク出版から出版された、
9歳の彼の書籍「自分をえらんで生まれてきたよ」です。



りおくんは、生まれる前の世界や、生まれてくる奇跡だけでなく
大人が忘れかけてしまっていた真理をそっと教えてくれます。


そしてりおくんを見守るお母さまが
本当の愛を教えてくれているように感じます。

書籍の最後の「本書によせて」に池川先生の文章も載っていますが、
こうして書籍になると、またひと味もふた味も違ってきます。
ぜひお薦めしたい一冊です。

10月6日のMOTHER'S NET最後の講演会で、池川明先生からまた
りおくんのお話も聞けるかも知れませんね。

それにしてもこうして、
幼い子供たちから、今、たくさんのメッセージが降り注がれています。

子どもたちは、みんなでしあわせになるために・・・
この地球を守るために・・・
生まれてきてくれているのを深く感じます。

それに気づかずにいるのは、大人だけなのかも知れません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「根っこのはった子育て~胎内記憶と深遠なる家族の絆
~池川明先生&飛谷ユミ子先生のコラボ講演会
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

子ども達の胎内記憶、知ってますか?    
子ども達の本来持つ能力、知ってますか?
それは、大人たちも持ちあわせていたはずの記憶であり、能力なのです。
「人間」である前に「生命体」として持っていたはずの能力とは、
地球の大自然と融合し、お互いの人生を尊び合う「智慧」です。
その本来持つ能力を引き出すことこそが、本当の教育と言えるのかも知れません。

「ひとりひとりの出産」を産婦人科の現場で見守り、
子どもたちの語る「胎内記憶」を通して、
「子どもは親を選んで生まれてくる」ことや、
「誰もが学びのために自分の人生のシナリオを描いて生まれてきていた」ことなど
提唱しておられます、池川クリニック院長・池川明先生。

七田チャイルドアカデミーの故七田眞氏とともに、
幼児右脳開発の第一人者として知られ、「根っこのはった子育て」を
提唱しておられます、飛谷こども研究所・飛谷ユミ子先生。

地球人として、今、大切なこのとき。 

より子育てや人生を楽しみ、
心豊かに生きるための気づきのシャワーが降り注がれるはず!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

□ 日時:10月6日(土)13:30~16:30(13:10開場)
  * 質疑応答の時間もございます!
□ 会場:女性就業支援センター4F第1セミナールーム
□ 参加費: 2,000円(事前振込み優先)~託児はございません。
□ お申込み方法:HP / http://npomothersnet.com
または FAX / 045-891-9655(氏名・ご連絡先・参加人数を記載して下さい)
(10月4日を締切と致しますが、定員になり次第HPにて、お知らせいたします。)
□ お問い合わせ:info@npomothersnet.com/  または
090-3431-6476(紅林千賀子・くればやしちかこ)
* 13:30以降にお願いします。
□ お振込先:
  ゆうちょ銀行:〈店名〉0ニ八〈店番〉028〈記号〉10210〈番号〉51143521
* お振込の完了をもちまして、お申込み完了となります。

☆池川明先生からのメッセージ☆

子どもたちのメッセージから、私たちの人生は自分たちで選び取った
魂を磨く学習の場であることがわかってきます。
全てのことに意味があり、辛いこと嫌なことが、
実は自分の人生で最後に幸せになる種であることに気がつくと、
それまでの人生が全く違ったものに見えてきます。
周囲の状況はなにも変わらないのに、辛い経験も思いを一つ加えるだけで
幸せになるわずかの違いでしかないことに気がつけば、
その時から人生楽しくなるかも知れません。
子どもたちから聞いた不思議な話は、
そんな人生をプレゼントしてくれるかもしれません。

☆飛谷ユミ子先生からのメッセージ☆

宇宙・地球・私たち生き物は全て繋がった一つの生命体であったはず。
しかし人間だけが科学という名のもと、違った方向へ進んでしまったようです。
子どもたちと毎回のレッスンで取り組んでいることがあります。
横になり、ハートからのエネルギーで楽器を使って、
教室・家庭・学校・日本・地球・・・そして宇宙と繋がるイメージをします。
「宇宙は地球のお母さん、地球は私たちのお母さん、
みんなひとつに繋がって生きています」と。
子どもたちは静かに目を閉じてイメージを続けます。
するとその場に穏やかで静かな空気が流れます。   (レッスンの現場から)




今年は暦どおり「立秋」と共に、秋の気配をなんとなく感じ、
蝉の死体をそこら中に見かける。


7年もの間、外界に出るのを楽しみに、土の下で辛抱していたのに、
たった1週間で、あの世に逝ってしまうのを見るのは、辛かった。

羽根までボロボロになってしまったのを見るにつけ、

何のために生まれてきたのか・・・

って思ってた。


でも昨日、

大勢のアリが、死んだ蝉にたかってた。


それでも、蝉はしあわせそうだった。

とってもしあわせそうだった・・・。



とってもしあわせそうな蝉を見て、




ああ・・・これでいいんだ・・・




って






思った。





| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。