プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時・・・

昨日、夫と長女と三女で、
北鎌倉の「鎌倉古陶美術館」の
「故郷からのおくりもの ふたたび」
高橋まゆみ 創作人形展 に行った。

次女は、演劇の練習。
長男は、サッカーの練習。
全員、揃う日は、あまりない。
この間、「葉 祥明美術館」に 行った日も、
夫と三女と三人だった。

民家に貼られた ポスターを見つけ、
「今度、絶対に来ようね?!」
と言っていた。

四人で、北鎌倉の駅を降りると、
まず、円覚寺をまわる。
「ママ、ここで、座禅してたんだ…いいね…。」
娘のひとことが 嬉しい。

建築に興味のある夫は 柱を叩いてみたり、         
舎利殿に 入れないのを悔しがる・・・。

来てよかった・・・。

みんなが、お参りしていると、
三女は、ちょこんと、横に行き、
自分のお財布から、1円を取り出す。
小さな手を合わせ、なにやらお参りしてる。
トトロのめいちゃんみたいに、可愛い。

円覚寺を拝観した後、「故郷からのおくりもの ふたたび」へ。
枕木と歩幅を合わせ、とぼとぼ歩く。

古民家の建物に 入ると
「おかえり…」 声が聞こえる。

孫と 釣りをしているおじいちゃん。            
 EPSN1085_convert_20080430203704.jpg
        
駅で、なにやら、話しているおばあちゃん。
おっぱいがほしいと、泣く孫に、
枯れた自分のおっぱいをあげる おばあちゃん。      
嫁とけんかして、出て行くおばあちゃん。
ちゃぶ台を囲む 団欒…。

それぞれのお人形が、お話している。

なんとも言えない 温かい 空気。
人と人が寄り添っている 風の音。
春の小川の 土手で たんぽぽがささやく。
夕陽に とんぼが 飛ぶ畑。

いつからなのだろう・・・。
忘れてしまった、日本のこころ。


美術館を出ると、今度は、由比ガ浜の海へ向かう。

途中、小町通の「ミルクホール」
竹久夢二の世界の 昭和初期のジャズ喫茶。
大人三人で、湘南ビール。三女はパフェ。

9歳の三女が、流れるジャズに、酔いしれる。
大人になった気分。
可愛くて たまらない。

エネルギーを蓄えたあと、ふたたび 海へ・・・。

新緑が、爽やかな風と 潮の香りを運んでくれる。
目の前に大海原が、広がる。
夕陽が、ウインドサーフィンを照らす。
ユーミンとサザンの世界に 引き戻される。

この潮騒を聴いて、
昨年の9月。
母の深い想いを感じた。


もっと早く来ればよかった…。
え? (…潮騒で聴こえない)
鎌倉…。
そうね…今まで、いろいろあったものね…。

子育てと 長かった両親の介護と…。

これから、私たち…。
いつまで 共に生きられるのだろうか。

夕陽は 刻一刻と沈む。

空と海の光と
その永遠の輝きに
そのひと時 ひと時の命を
輝かせたい。


共に・・・。

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。