プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の始まり (1)

朝から 雨が しとしと 降っていた。

娘に しっかり 言付かった その手紙を
バッグに入れ 出かけた。

20年以上ぶりの その駅は 
まるで 見違えるように綺麗になり
浦島太郎のような 気分だった。

父と一緒に お別れの挨拶に 
前夫の実家に 行って以来だった。

それまで、ただ、飄々としているようにしか見えなかった 父が
すべてが 終わった後
改札口での 別れ際
「仕事だけは ちゃんとやりなさい。
さつきが いるんだし…。」
と 言って 見えなくなって行った。

私は 生まれて初めて 親に反抗し
そして 生まれて初めて 甘えることが出来た…
と その時 そう思った。

その時の その画像が 蘇った。
弟も 積み木崩しの最中だったことを 思うと
どれほどまで 親不孝を したのだろう…と
改めて そう思った。

来る前に 前夫の実家の近くに住む
母の姉妹の一番上の夫である 伯父が
病に伏せていて もうあまり長くない 話を
聞いていたので お見舞いもして来よう…
そう 思った。

前夫の実家のご両親は もう亡くなったと
その伯母から 聞いていた。
それから…
私と別れた後 二度 再婚したこと…。
解ることは それだけだった。

商店街を抜けかかった頃 その家は あった。
偶然にも 澤谷先生の東京セミナーで
名刺交換させていただいた
YANAGIMANさんの家が 直ぐ近くだった。
名刺交換させていただいたときに それを見て びっくりしたが
こんなに 近いとは…と 驚いた。

ドキドキしてきた。

でも ちゃんと 自分で蒔いた種は 自分で刈り取らなくては…
そう 思った。
ポストに 手紙を 入れた。

ぽとん と 音がした。





スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。