プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆の結び直し~さつきと実父の再会~(後編)

彼の一時的な 気の迷いだ・・・急にさつきが現れたから・・・。
それに お互いにあの頃は 若かったし・・・
綺麗な思い出として残ってるだけだよ・・・そう思いたかった。
でも どんな理由で 発した言葉であったとしても
その言葉を さつきと私は 聞いてしまった。

「さつき。ごめんね。本当に ごめんなさい。」
続く言葉が 見つからなかった・・・。

さつきの部屋に 扇風機の音だけが 響いた。


「これからも 毎日メールして 親子の絆を確認し合ってね。
きっと お父さんも 喜ぶと思うよ。
同じ家に住んでいても 心が繋がっていない親子っていうのもあるし・・・ね。」

「うん。お父さんも言ってた。
どんなに 今まで会えなかった時間があったにしても
親は親だって・・・忘れたことなんて 一度もないって・・・。」

「そう・・・。良かったね。
ずっと さつきのこと 忘れずに 見守ってくれていたんだね、お父さん。」

「うん。そう言えば、パパに話さなくていいの?このこと・・・。」

「大丈夫。そのうち そのタイミングが来るから・・・。
ちひろのこともあるし・・・。」

それから 二人で 久寿餅を 食べた。
久寿餅は あまりにも懐かしく 
そして あまりにも切なかった。 

眠れない夜を 明かした。

朝になって 澤谷先生に メールをした。

「澤谷先生。おはようございます。紅林千賀子です。
昨日娘は 実父と22年ぶりの再会をし、とても楽しくしあわせな時間を
過ごしてきたようでした。
彼に、私からの懺悔の手紙と 澤谷先生直筆サイン入り「絆の法則」を
娘から渡して貰いました。
両親を亡くし、植物人間の兄だけしかいない彼にとっても、
娘との再会は励みになったことと思います。
でも・・・これだけは 伝えてね。
〈 ごめんね、俺が幼かったから・・・
家庭を壊すつもりはないけれど 今でもまだ好きだ。〉と泣きながら
娘に言ったそうで・・・彼のメールアドレスに寿司屋の屋号が入っていたので、
まさか・・・もしや・・・と思いましたが・・・辛くなってきました。
娘はもっと辛かったことでしょう。
お父さん、寂しそうだった・・・と言っていました。
切なさを感じてしまったことと思います。

・・・きっと彼も、自分の亡き母の化身を探しているのかも知れません・・・。
娘とまたこれからも たまに会ったりすることで
彼も何かが変わってくるかもしれません。
ただ、しあわせに歩んで欲しいと祈りたいと思います。

本当に 娘まで絆の結び直しが 出来るようになるなんて 思いもよらない事でした。
本当に ありがとうございました。             紅林 千賀子 」

携帯を閉じると・・・両親も他界してしまった今 
こうして こんな大事なことを 伝えることが出来る恩師がいて良かった・・・
と こころから そう思った。

すると 澤谷先生から 返メールが届いた。

「おはようございます。澤谷 鑛 です。
そうでしたか。人生を歩むことが 心のデトックスの一面であり、
同時に新たな想念を潜在意識に積んでいる、という現実もありますからね。
どちらにしろ、しあわせな人生の実現に向かっていることは確かなことなのですから。
あとは、信頼や愛情や智慧などが 大切なのでしょう。
ひとつひとつのドラマは 大変 大切なのですね。」

その文字を何度も 拝読した後 しばらく 考えた。

・・・同時に新たな想念を潜在意識に積んでいる・・・
・・・信頼や愛情や智慧・・・
・・・ひとつひとつの大切なドラマ・・・

これから先 どんなドラマの展開になるのかは 解らない。

さつきの誕生日前に やっと前夫に連絡が付き
さつきの誕生日に サプライズバースディとして
さつきは 実父から バースディメッセージを受け取った。
そして 何故か 今の夫との結婚記念日に
さつきと 実父は22年ぶりの再会をし 
遠い昔 私が父と見た 隅田川の花火大会を見るなんて・・・
あまりにも完璧なシナリオを 
あまりにも完璧に みんなで演じている気がしてならない。

でも 夫とか 前夫とか 妻とか 先妻とか 娘とか 息子とか 養女とか・・・
そういった「配役」という 枠組みを 超えた・・・ 
その個々の魂の存在そのものを・・・ 
智慧を 遣って尊重しあうことが 
深く信頼し 愛することに繋がるのではないだろうか・・・。

「今あるしあわせ」を 共に 満喫できたら
それだけで しあわせだ・・・と思う。

「今あるしあわせ」を みんなと共に 感じて生きていきたい・・・。

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。