プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転ぶも良し、転ばぬも良し・・・。

親愛なるあなたへ

今日は 十三夜だそうですね。
あなたのところからも お月さま 見えますか?


この間 心の学びをさせていただいた恩師が 突然亡くなったんです。
どうしても その時 葬儀に伺えなくなって
今朝 いつものように その恩師に戴いた「一日一生」のその文字を見つめ
ご自宅に 伺ってきたのです。

いつものように 私が贈った梅干を入れ 焼酎を味わった次の朝
検査入院だけの予定の病院で あっという間にあの世へ旅立たれたという、
「遺影の人」になってしまった師の声が 今にも聞こえてきそうでした。

運命…シナリオ…。
何だか 急に母を思い出していました。

奥様のことも とても尊敬していたのですが
突然の伴侶の死に 塞いでいらっしゃるにも関わらず
いつもの笑顔で 迎えて下さったのです。

車椅子生活をされているその奥様に
久しぶりにお目にかかったので 
お悔やみを申し上げた後
近況報告をしたんです。

さつきのこと…ちひろのこと…。
あれから まだ2ヶ月も経っていない出来事が
もう遠い昔の出来事のように感じながら お話していたんです。

そうしたら その奥様 こうおっしゃるんです。
「これからですね…。」
って。

…本当に そうだと思ったんです。

これから 彼女たちが歩んでいく先を見守っていくときが来たんだって。
私の二本の手はかからなくなったその分 
気が掛かるな…って 思ってたけれど

今 私に残された 私に出来ることは 
心を込めて 食事の支度をすること。
丁寧に洗濯物を畳むこと。
温めたカップに 美味しいコーヒーを入れること。
笑顔で迎えること。
話を 聴くこと。
背中を擦ってあげること。

どんな言葉よりも
もう そんなことぐらいなのかな…って。

「でも 見守ってるのって 辛いですよね…。」
って 私が言ったら

「ひと世代も若い方々は 乗り越える体力ありますよ、大丈夫!
転ぶもよし、転ばぬもよし…ですよ。」
って…微笑んで…。

転ぶもよし、転ばぬもよし…。

いいお言葉だな…って しみじみと そのお言葉を味わったんです。
                                             
                                  千賀子
スポンサーサイト

<< 1通のメール | ホーム | 辛くても・・・。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。