プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋が深まっていくように・・・

親愛なるあなたへ

お元気ですか?
葉も色づきはじめ、
だいぶ秋が深まってまいりましたね・・・。

そう言えば、秋は深まるというけれど、
春も 夏も 冬も
深まるとは言いませんね・・・。
だって、深まりませんものね・・・。
春も 夏も 冬も・・・。

何ででしょう?

晩夏から初秋の頃
蝉の声と共に
夏の日の思い出が 遠く消えてしまいそうで
虫の声が 侘しくて切なくて
どんなに コスモスや小菊が艶やかに彩ってくれても
どうしても あまり好きになれなかった思春期の頃・・・。

実りの秋…芸術の秋…読書の秋…。
それにも勝る
その物悲しさこそが
深まる季節だったのかも知れませんね・・・。


もうすぐ ちひろと夫が
亡き実母のお墓参りに 行く日が迫ってきて
何だか…
お嫁に出すようなそんな心境なんです。
あちらが ご実家なのにね…。

この間ね、何か些細な話を夫としていたときに
「あの時から、深く考えるのは 止めたんだ・・・。」
って 言葉がぽろりと 夫の口から零れたんです。
「あの時・・・」

夫と私が再婚した頃は、
夫は 先妻と 死に別れてしまってまだ3年。
その頃からずっと どうしても感じずにはいられなかった
先妻の影は 夫の封印していた悲しみだったんですね…。

考えてみたら、3年しか経っていない…。
悲しみが癒えていたはずが ありませんものね…。
考えてみたら
私だって、離婚の傷が 残っていたんですね…。
だから、yumingを封印していたんですね…。

私たち、傷を舐めあっていたのかも 知れません。
本当は、自分でちゃんと癒してから 
再婚したほうが 良かったのかも知れません。

でもきっと時が、これからも優しく癒してくれるように思うし…。
それに、足るを知っていたほうが しあわせですものね・・・。
今のしあわせの数を 数えていたほうが・・・。

そう・・・。
でも思えばやっぱり…悲しみも切なさもやるせなさも
その時に
充分にじっくりと 味わって
涙で流してしまったほうが
いいように 思うんです。


秋が深まっていくように…。

スポンサーサイト

<< 胎教博 & 池川明先生 トークショーの お知らせ | ホーム | 人生に学ぶということ。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。