プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去と未来が繋がるとき

親愛なるあなたへ

池川先生から 先日メールを戴いたんです。

「…そうですか。それは、素晴らしいですね。
お嬢様にとってはやっと過去と未来が繋がる瞬間が来るのでしょう。・・・」



昨夜遅く帰ってきたちひろに
初めて 母子手帳を渡したんです。

理香子さんのお腹にいた頃、
理香子さんが きちんと綴っていた ちひろの成長の記録。
そして、理香子さんに代わって、お母様が書かれた
3歳までの ちひろの成長の記録。

そこには、確かに受け容れなくてはならない真実がある。

ぽわーんとしながら それを黙って受け取ったちひろに
赤い小さなアルバムを 渡したんです。

あちらのおじいちゃまや おばあちゃまにしてみたら
一番可愛い盛りの3歳のちひろが
今やお化粧もする20歳の ちひろに変身して・・・
やはり 驚かれることでしょうし・・・

ご仏壇にお供えし そしてまたこれまでの軌跡がわかるように
・・・勿論 差し出がましいことを するつもりはなかったのですが・・・
1冊の小さなアルバムを 創ってみたんです。

でもね、そのアルバムを創るのに どの写真にしようか・・・
一年に一枚ずつ 写真を選んでいると、
そこにもあそこにも さつきや千やめいや夫や私や
そして私の両親までが 写っていたんです。

私が子どもの頃に着ていた着物を着て 
お参りに行った七五三の写真や
写真になってしまった両親の顔を 
久しぶりに しみじみ見ながら・・・

つくづく あの子も たくさんの愛情に包まれて
育っていたんだな・・・って 思ったんです。

一枚ずつなんて 選ぶことはできない日々・・・。

でもなるべく あまり 姉妹くらいしか 写っていない写真を選んで
完成した 赤いちいさなアルバム。

渡しながら
「ちゃんと しっかり確かめておいでね・・・。
マタニティとか 見せていただいて・・・。」

「うん。」

お墓になんて いないお母さんとちひろは
とっくに 繋がっているからこそ
切っても切ることは出来ない絆を 確かめてこなくてはいけない。

それこそが池川先生の メールにあった
「過去と未来が繋がる瞬間」・・・

お供えするお花と
手土産と
それから ご両親さま宛てに手紙をしたためたんです。

《 ・・・直ぐに ちひろは さつきと仲良くなり、
ちひろの下に授かった弟と妹と
四人の姉弟の次女として ちひろは育ってまいりました。

至らない点がたくさんあったと思いますが、
私なりには 一生懸命育てて参ったつもりでおります。
ちひろを育てさせていただくことで ちひろに教えていただいたことが
たくさんあったこと 深く感謝しております。
また、ここまで育ててこれたのも 名古屋からご両親さまが、
そして、天国から理香子さんがいつも
見守って下さっていたからこそなのだと思います。

この日をようやく迎えることが出来て、
ちひろもきっと 過去と未来が繋がり、地に足をしっかりつけて
ますますしっかりと歩んでいかれると信じております。

今後は、自由に連絡を取り合っていただいて、
これまで以上に ちひろのこと 見守ってやってください。
今後とも、どうぞ、宜しくお願い致します。
2008.10.25.               
理香子さんの ご家族さま           紅林 千賀子 》

今朝、見送る玄関先で、夫に
「新幹線の中であなたが先に読んで もし差し支えのないようなら
この手紙を渡して欲しい・・・。」
って 渡したんです。

それからね、
赤いちいさいアルバムを袋から 取り出して、
「これ、アルバム創ったの・・・。一年に一枚の写真・・・」
って 言った途端、
何だか急に涙が出てきちゃってね・・・
言葉にならなくなっちゃった・・・。

夫も 玄関先で 
「・・・ありがとう・・・。」
って、言葉にならなくなっちゃって・・・。

だから、
「いっぱい 泣いておいでよ~!」 って・・・。

ちひろには つい
「お行儀よく してよね。
さっきみたいな クシャミは しないでね(笑)」
って・・・。

笑って送り出したんです!


朝から 千もめいもさつきも出かけ、
ぽつんとひとりになった途端、ふと 思い出したんです。

去年の8月11日に澤谷先生に 
初めてカウンセリングしていただいた3日ほど前に
江原さんの「天国からの手紙」がテレビで放映されていて、
同じようなシチュエーションの方が ご相談されていたんです。
たまたま ちひろと一緒に観ていたのですが、
亡き母から 手紙を受け取ったシーンがあって、
あまり 江原さんの番組は 普段見ないのに
ちひろったら、よく覚えてるって言うんです。不思議なことに・・・。

でももし、私も同じように ご相談していたら
その時は 確かに感動して 納得したかもしれないけれど
でもやはり私は、 澤谷先生に ご相談しながらも
自分で 心を耕しながら、ここまでこれて 良かったな…
って つくづくそう思ったんです。


それにしても、どんな顔して 帰ってくるのかな・・・。


でも やっぱり ちひろも
こうして、大地に足をしっかりつけて
どんどん 枝や幹が太く逞しく
成長していくんですよね・・・。

心配することなんて 何もないんですよね・・・。
                         千賀子

スポンサーサイト

<< 祝福 | ホーム | それでいいんだ・・・。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。