プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳を積むって・・・

さっき、郵便局で、知った方に呼び止められた。
その方は、どうしても 私に話したいことがあったらしく、
私の用事が終わるのを どうやら待ってくれていたようだった。

「この間は、本当に本当にありがとうございました!
先日 お礼に伺ったのですが、紅林さん いらっしゃらなかったので、
ご主人さまには 一応お伝えしたのですけれど、
どうしても 一度お会いしたくて…
今日、お目にかかれて 本当に良かった!」

きっと 私よりひと回りくらいも年上なのに、
目をウルウルさせながら、何度も何度も頭を下げていらっしゃる。

「あの戴いた本を読んで、本当に感動したんです。
やっと娘と私は 立ち直ることができたんです!」

両手を合わせながら、何度も何度も仰り、
気持ちを精一杯に 私に表現しようとしてくれている。


1ヶ月くらい前のこと、
池川明先生の「ママ、さよなら。ありがとう」

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%80%81%E3%81%95%E3%82%88%E3%81%AA%E3%82%89%E3%80%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86-%E6%B1%A0%E5%B7%9D-%E6%98%8E/dp/4576081322/ref=pd_ys_iyr12
を お渡ししたことへのお礼だった。

「良かったですね~!・・・そう言って戴けて、
私も本当に嬉しいです!」

・・・良かった~それにしても、きっと本当にお辛かったんだな・・・
・・・あ~。良かった!!・・・

と 静かに喜びをかみ締めながら、家路に着いた。


でも 何で私は あの方とご縁があった上に
そんな深い悩みまで伺うことが出来たのだろう・・・とふと思った。


確かそれは、2年以上も前のこと。
池川明先生の講演会の知らせを 聞いて、

私は、まだ、一度もお話を伺ったこともない癖に、
何故か 直感が働いて、
その講演会に大勢の方をお誘いしたくて
コンビニで、そのお知らせのパンフレットのコピーを
何十枚も とっていた時の事。

そのコンビニで、その方は パートをしていたのだった。

その方のご主人と私の夫が
マンションの役員を引き受けていたこともあり
(・・・そこにも ご縁があったからだ!!)
面識だけは あった。

それでつい そのコンビニのレジでお誘いしたら、その方が

「実は、娘が出産時に、赤ちゃんが急変して・・・。
だから、娘と私は まだ立ち直れないんです・・・。」

どう答えていいのか・・・
どう励まして差し上げたらいいのか・・・

・・・言葉が見つからない とは こういう事をいうのか・・・。

あれから、かなり時間が経ってしまったけれど
その方とお嬢様は やっとこの本で 腑に落ちたのかもしれない。


それにしても 本当に 良かった!!!
何というしあわせなことだろう!!!
人様に 喜んでいただけることって!
人様が 元気になることって!
人様が しあわせになるって!


もしかしたら、その時直ぐには どうこうならなくても
ブーメランはゆっくりでも
必ず 喜びや感謝となって
自分に帰ってきてくれるのかもしれない。

もしかしたら、来世かもしれないし
それが、巡り巡って、子どもに帰ってくるのかもしれない。


でも もしたとえ 帰ってこなかったとしても、
勇気を持って 講演会にお誘いしたとき・・・
その本をお渡ししたとき・・・
その時既に、自分の中には ホクホクした満足感があったはず。


徳を積む・・・


そんな大げさなことをしなくたって
自分の気持ちに 正直に・・・素直に・・・
自分が喜ぶ事をしていれば・・・
自分にさえ 恥じなければ・・・
自分にさえ 嘘をつかなければ・・・

ただそれだけで いいのかもしれない。


それだけで 心は充分温かくなるのだから・・・。

スポンサーサイト

<< 親思う心にまさる親心 | ホーム | 胎教から始める世直しⅢ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。