プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心眼力

予約注文していた「心眼力」(野口嘉則 著:サンマーク出版)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763198742/ref=ase_noguchicoachi-22

が 昨日届き、食い入るように読んだ。

「柔らかく燃えて生きる30の知恵」とサブタイトルを掲げた 
そこには
「人間性を高める読書法」と題して
論語・孟子・老子・荘子・・・などの
中国古典や偉人と呼ばれる人たちから
生きた知恵の学び方が 書かれていたり、
本物の自信を持っている人の感じる心などが
物腰柔らかく書かれていた。

著者と対話したくて
「本を読み始める時に必ず一礼してから
1ページ目を開くことにしている」という
野口さんの儀式の一文に フフッと ほくそ笑んでしまった。

それは、澤谷先生のセミナー
http://www.kou-sawatani.com/seminar.html
の度に、澤谷先生から
野口さんの誠実さを 窺い知っていたからであり、

また、澤谷先生のカウンセリングを受けにいこうと思ったきっかけとなったのは、
「すべての『結果』は引き寄せられている~
運命を決める『牽引の法則』」(澤谷 鑛 著:総合法令出版 )の中で
野口さんが書かれていた推薦文の
「・・・澤谷さんは出会った人のしあわせにどこまでも貢献しよう
という情熱をお持ちです。
私は、そんな澤谷さんを心から尊敬しています。」
という一文にはっとし、
そしてそこでも野口さんの誠実さを 感じていたからである。


また、対人恐怖症だった高校生時代を
何ひとつ 無駄ではなかったと 書かれたその文章に、
その頃の辛さを どことなく感じ・・・
ふと、息子の事を思った。


小学校1年生のころから、高校1年生まで
10年間 続けてきたサッカーを 止めるというのだ。

1ヶ月ほど前に、故障した足で試合に出て
試合中にまた故障して、病院に通い続けながら
いろいろなことを 考えていたらしい。


突然の 引退宣言に 驚きと寂しさを隠せなかった。

私が寝てしまった後 
「そうか。良かったじゃないか・・・。
よく10年も続けてきたな・・・。」と 
息子に言ったという夫のセリフ。


・・・なんで、私はそういうひと言が言えないのかな・・・。

私が、すかさず思ったことは、
新しいスパイクを買ってあげたばかりなのに・・・とか
高校生は、スポーツに汗を流しているくらいが、
一番いいのに・・・とか

そして 後は
給水当番や チームのいろいろな行事など
お手伝いをしてきた 10年間の間のさまざまな思い出だった。


でも どれもこれも 私のエゴなんだな・・・


考えてみたら、同じ10年でも
息子にとって見たら、これまで生きてきた半分以上であって、
私の約5分の1とは 全く違う。


彼にとっては 一大決心だったはずだ。


本当に、私ったら しょうがないな・・・

するとふと、先日初めてお目にかかった
望月俊孝さんと 堀向勇希さんの ジョイント講演会で

「これまでに出会った人生の転機となった人」という質問に、
望月さんは、自分をリストラしてくれた上司を、
堀向さんは、自分を殴ってくれた 
ビジュアル系バンドのメンバーを挙げていた。


そうか・・・。


彼が怪我をしたのも
部活を止めるのも
夫の言うとおり、いい転機なんだ・・・。



姉と妹の間に 生まれた息子が
男社会のサッカーチームで 感じ得たものは 
何ひとつ 決して無駄ではなかったはずだし、
きっと、これから先 必ず生きてくることだろう。



少し止まって 歩んで欲しい・・・。


スターウォーズが大好きだった彼は
フォースで「心眼力」を感じることが出来るだろうか。

まだ、渡していなかった彼の誕生日プレゼントに
「心眼力」を贈りたい。
スポンサーサイト

<< サンマーク出版「生命の輝き発見セミナー」 野口嘉則さん ご講演 | ホーム | 親思う心にまさる親心 >>


コメント

10年も続けたもの(それもおそらく大好きで続けてきたものだと思いますが)を辞めると言うのは、一大決心だと思います。
親はとかく「続けることこそが大切なのだ」ふうなことを言ってしまいますが・・・。
素敵なだんなさんですね。父親として見習いたいです。

ありがとうございます!

こんにちは。ウッチャンさん。はじめまして!

・・・本当に 仰るとおりですね!

ついつい、眼に見えたことで
とっさに 判断しがちですし
それまでの 想いぐせというものも ありますが、
やはり 何か事あるたびに、
心の眼でものを 観る・・・という「心眼力」を 
身につけていきたいな・・・と想いました。

修行ですね・・・。

今後とも、どうぞ、宜しくお願い致します!
心から、ありがとうございました!
 






コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。