プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちひろの心の旅の始まり~「こちらたまご応答ねがいます」 (Ⅲ)

「あのままにしておきたくなかったから・・・。」
座った途端、ちひろがぽつんと言った。

「あのアニメ・・・ショックだったんだね。
ちひろ、おじいちゃんの家に行くとき、私がいないところで観てよ!って、
凄く怒っていたけど・・・
それも一瞬考えたんだけど・・・でもそれって、不自然だと思ったのよ。」

「あの時、何であんなに不愉快な感情になったのか・・・
ママに食って掛かったのか・・・自分でもよく解らなかった。
あれから、ずっと考えてた。
頭ではね、私のお母さんが二人いることを知ったからって、
何ひとつ変わらない・・・って、解っていたんだけど・・・。」

「頭では解っていたつもりのことが、
心では、受け容れていなかったことに気が付いたのね?」

「・・・あのアニメの中に出産のシーンがあったでしょ?
それを観ていたら、その流れで、私は産まれ、
そして、だから、亡くなったんだ・・・って思ったの。」

・・・ちひろは、理香子さんのことをまだ「お母さん」と言わない。

「ちひろは、あなたが産まれたせいで
お母さんが亡くなったと思ってるの?」

「だって、そうじゃない。
そういう考え方って、ある意味、
悲劇のヒロインになっているんじゃないか・・・とか思うし、
そういう自分はいやだけど・・・でも、結果的にはそうでしょ?
産後の肥立ちが悪かったってそういうことじゃない!」

「何言ってるの!!
あなたが産まれたから、お母さんが亡くなったなんて、
そんなことがある訳ないじゃない!!」
・・・急に、泣きながら、怒り出してしまった。

ティッシュで顔を拭き、大きく深呼吸した。


「今ここに、そう・・・きっとあなたの肩の辺りに、
お母さんいらっしゃるわよ。
お母さん・・・そんなあなたの言葉を聞いて、どう思っているかな?
ちひろは、自分が産まれたせいで、母親を亡くしたと思ってる事を聞いて
どう思ってると思う?
私が、理香子さんだったら、物凄く悲しいと思うけど・・・。」

堪えきれなくなった、ちひろは、泣き始めた。

「前にね、産婦人科の先生の池川先生に
そのことを相談させていただいたことがあったの。

池川先生って、胎内記憶について、とても研究されているって
前に話したことがあったよね?
めいちゃんの小学校にも講演に来ていただいた先生。

そうしたら、こんなに医学が進歩した今も、
産後の肥立ちが悪くて亡くなってしまう方は、いますって・・・。
それは、その方の生き方なのですね・・・って、仰ったの。
解る? その人生のシナリオだったってことなの。」

「じゃあ、ママは、もし急に私が死んだりしたら、
それをそのシナリオだった・・・って、受け容れられる?」

・・・この子は、自分も寿命が短いかもしれないとか、
そこまで、考えていたのだろうか・・・。
すると、私が感じた事を察したかのように、
「うんん、いや、私でなくても、例えば、お姉ちゃんとか・・・。」

「そりゃあ、物凄くショックだろうけれど、
でも、最終的には、そのシナリオだったんだって、
受け容れるしかないと思うよ。」

ちひろは、解ったような、解らないような顔をした。


スポンサーサイト

<< ちひろの心の旅の始まり~「こちらたまご応答ねがいます」 (Ⅳ) | ホーム | ちひろの心の旅の始まり~「こちらたまご応答ねがいます」 (Ⅱ) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。