プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本来の姿を信頼し合う

澤谷先生がよく仰る 真の教育というものは、
その相手の本当の姿・・・キラキラ光る宝を見出し、
そこを引き揚げてくれるもの・・・。

それは、先生と生徒とか、医師と患者とか、
カウンセラーとクライアントとか・・・
(カウンセラーとかクライアントとかいう言葉自体が 
私は好きでないのだが)
そういった関係の前に、
まず、人が人と交わるそのとき、
誰が、誰を指導するとかではなくて・・・
お互いに その奇跡的なご縁によって、
お互いが育まれていく これから先のことを信頼する・・・
それこそが、心を練るということのスタンスなのだと思う。

今回、私が、鈴木秀子さんの講演会に行かれるというチャンスに出会ったのも、
勿論、mixiでご縁を戴いた友人から、ご縁を戴いたのであるが、
それだけでなく、以前 両親を亡くしたとき、
西洋医学や現在の医療に疑問を感じていたから・・・なのかもしれない。


その時、私はこう思ったものだ。
「びよういんも びょういんも
“よ”の大きさが違うだけで、似たようなものだ。
患者や お客さんにとって、医師や美容師は 
技術と知識を誰よりも信頼する 唯一の担当者であっても、
反対側の医師や美容師さんから見たら、
ただの One of them ではないか!!」と・・・。


あの昨日日記に書いた 記事のお医者様はきっと、
患者さん ひとりひとりを大切にされていらっしゃるだろうし、

こうして、このようにたまにしか行かない私を覚えていてくれて
しかも こうして 素晴らしいご文章のコピーを下さったのも 
美容師さんだ。

ただ一方方向でしか見ようとしていなかった
外側にばかりに 不平不満を言っていた 自分を恥ずかしく感じた。

そしてまた、すべては、人さまとのご縁であると つくづく感じたのだ。

縁・・・昔は縁側が、どこの家にもあったものだ。
私も子どもの頃、友人とその縁側で、
母の作ってくれたおしるこを食べた懐かしい思い出がある。

外側と内側を上手く掛け渡すものなのかもしれない。

そして家を縁取って、そっと他人様と寄り添っていく事を
意味しているように感じてならない。

「袖振り合うも他生の縁」

縁を生かす・・・とは、他生でもあったご縁でもあり、
また他生でも 他によって、生かされていたご縁である。

その縁(えにし)の糸は、
相手に寄り添い学びあい、
相手の本来の姿を心の眼で見て 信じ合う為にあるのだろうと思う。



スポンサーサイト

<< ・・・だから? | ホーム | 縁を生かす >>


コメント

いい言葉ですね

「お互いが育まれていく・・・」
すべての人とそのようになればいいなと思います。
ありがとうございました。

KAZUさん。
おげんきですか?
そう思っていれば、そうなりますよ。
だいじょうぶ!!

今年も宜しくお願い致しますね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。