プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親から子へ 「絆の法則」

恵美s pictures 076

結婚を前提として お付き合いしていた娘が 
つい最近 その彼と別れた。
連休中に 私はその彼に
初めて 会ったばかりだった。
 
洗濯物を 取り込みながら ふと思い出した。
娘が まだ小学生だった頃
「この子も、いずれ大人になったときに、
彼が出来たり、その人にふられたりするのだろうけれど、
そのとき 私は 娘の辛さに 耐えることができるだろうか…。」
と 思ったことを・・・。

娘が 彼と別れ 一日中泣いていたその日
「絆の法則」は、届いた。

一気に読んだ私は、娘に
「これ読んでごらん?もしかしたら、癒されるかも…。」
次の日、仕事に向かう車中から メールが届いた。
「あの本、読んでいて思ったんだけどけど…私…原点に戻ってみる…。」

『すべての「結果」は引き寄せられている~
運命を決める「牽引の法則」』で 
私はデトックスし、
そして、その本が産んだ「絆の法則」で 
娘は デトックスしようとしている。

私が 乗り越えられたように、
娘も きっと必ず 乗り越えられると 
そう 心から 信じている。

今 調度 娘から メールが届いた。
「本当の お父さんに会いたい…。」
彼女は 初めて そう言った。

私の勧めることは 殆ど 首を縦に振らなかった 娘に
初めて 親から子へ「絆の法則」が 伝わった。

多くの方に 届けたい…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■出版感謝企画 アマゾンキャンペーンのご案内
今回の出版に際して、ご購入いただいた皆様に、感謝の気持ちを込めて
何か御礼ができないかなということを考えました。
そして、アマゾンキャンペーンを企画することにしました。
素敵なプレゼントをお届けさせていただきます。
【キャンペーン期間】5月26日(月)0:00~27日(火)23:59
【プレゼント内容】
  ○一冊ご購入の方
    澤谷鑛ヒューマンライフセミナー音声(約1時間)
  ○三冊ご購入の方
    澤谷鑛ヒューマンライフセミナー音声(約1時間)
    ヒューマンライフセミナー割引チケット(10,000円割引券)
詳細は、下記ページを参照ください。
http://www.kou-sawatani.com/kizunakansya.html

■告知にご協力いただける方へ
セミナーにしろ出版にしろ、いつも惜しみなく告知協力していただける方がいます。
本当にいつもありがたいと思っていました。
そこで今回は、告知協力していただける方について、お礼のプレゼントを作りました。
『絆の法則』では、9つの物語を記していますが、
それとは別に、「もうひとつの真実の物語」をプレゼントさせていただきます。
さらに、ご協力いただいた方のホームページやブログ情報を、
澤谷鑛オフィシャルブログで掲載させていただきます。
ご自身の周囲の方に告知協力いただける方についても、
下記URLで詳細を記していますので参照ください。
http://www.kou-sawatani.com/kizunakansya.html
スポンサーサイト

<< 大切なお守り 「絆の法則」 | ホーム | 折れた翼が 再び 甦ったとき >>


コメント

おぉぉ~~~

すごいですね。

「絆の法則」で娘さんが癒されているのですね。

>私の勧めることは 殆ど 首を縦に振らなかった 娘に
>初めて 親から子へ「絆の法則」が 伝わった。

すべての出来事に意味があり
すべての出来事はベストなタイミングでやってくる。
人生に無駄なことはひとつもない。

紅林さんのこの記事で私も癒されました。
ありがとございます。

ありがとうございます・・・

吉野さん、ありがとうございます!

でも、やはり、ちょっと・・・辛いです。
娘ですから・・・。

でも、必ず、それは、幸せに生きるための
路ですよね・・・。

吉野さんや・・・
こうして、ご縁のあった
たくさんの 方々と・・・

語らいながら、
歩んでいく・・・路です。

幸せのその道に続く 路・・・ですね。





コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。