プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママ、さよなら。ありがとう

子ども会の役員をしている私に、
年末 あるお母さまから、電話が入った。

「3人目がおなかにいるんです。
子どもは元気らしいのだけれど、
早産しそうで、近くの病院に入院していたの。
先日退院してきて・・・でも、安静にしているように言われて、
仕事も勿論辞めたんだけれど、
朝の旗振り当番を暫くお休みしたいのですが・・・。」
とのことだった。

勿論 みんなで、助け合ってやっていくから、大丈夫よ!とお伝えし、
直ぐに「DVD『こちらたまご応答ねがいます』を冬休みにご家族で見て、
たくさん おなかの赤ちゃんにお話してあげるといいよ・・・。」
と お貸しした。

突然、昨日、買い物の帰りに、そのお母さまに
家の近くで、お会いした。
一番上のお嬢さんは 嬉しそうに手を繋いで
にこにこしている。

お母さまが私に、深々とお辞儀をした。
おなかがペタンコで、目が赤い。

直ぐにわかった。

「実は、また入院していて、昨日退院したばかりなんです。
6ヶ月でした。昨日、火葬したばかりです。
いろいろご迷惑をおかけ致しました。」

私は、言葉を失った。

お母さまは、手を口にあて、涙をこらえた。

「あなたは何も悪くないのよ。そういうシナリオだっただけなのよ。」

とっさのことで、それしか言えなかった。

「後で、いい本があるから、良かったら、読んでね。ポストに入れておくから・・・。」

お嬢さんに手を振り、お母さまと別れた。

「こちらたまご応答ねがいます」を お貸ししてよかったのか・・・
私のひとりよがりだったのではないか・・・。
ストーリーがぐるぐる頭を巡った。

いや・・・きっと・・・おなかの赤ちゃんと充分 お話できたはず・・・。
おなかの赤ちゃんも満足して、帰っていったはず・・・。

そして、昔の私を思い出した。

あの陣痛とまるで同じ痛みは、
確かに メッセージを私の体に刻んでいた。

「私も経験者です。 どんなにお辛いことでしょう。
この本は、あなたが読むお気持ちになられたときに
読んでみたら いいと思うよ。

旗振り当番のことは、気にしなくていいからね♪」

やっと書いた簡単なメモを入れ、ポストに
池川明先生のご著書
「ママ、さよなら。ありがとう」と
「子どもは親を選んで生まれてくる」を入れた。


ご主人と二人の子ども達・・・

元通りに戻ったその家族に残したものは 大きい。


「赤ちゃんからの幸せのプレゼントを受け取ることができることを祈っております。」

池川先生から、メッセージが届いた。

赤ちゃんからの大きな大きな幸せのプレゼントを
今ここを 生きる中で、きっと 受け取ることだろう。



スポンサーサイト

<< 歯と体のバランス | ホーム | >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。