プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節目

次女のちひろの 成人の晴れ姿を撮りに行った。
成人式の日には、大学の試験などで 行かれなかったから、
時期遅れの成人式だ。

きっと、ちひろの亡き母のご両親は
どうしたのだろう・・・と心配されていらっしゃることだろう。

・・・なんて、周りの大人の気持ちはよそに、
あまり気がすすまない風のちひろと 美容院まで歩く。
11時に美容院を予約していたのに、
なかなか起きてこなかったので、急いだ。

美容院に着くと、急に
まんざら嫌そうでもなくなった ちひろがいた。

着付けの部屋に入り、
1時間ほど経った後、ちひろが現れた。

まるで、花嫁衣裳のようだった。

私の伯母に当たる 亡き実父の腹違いの妹からいただいたお振袖。
さつきも4年前、時期を外して、
同じこの美容室で、同じこの着物を着たものだった。


「上のお嬢様とはまた少し違うんですね・・・。」
と 美容室の女性が言った・・・。

4年前のことを 覚えてくれていたらしい。


「ねえ、ママ。私、ポニョみたいじゃない?(笑)」

「そんなことないよ。とても可愛いよ。」

二十歳らしい着物姿のちひろを見て、
健康に育ってくれたことに感謝した。

普通が一番いい・・・。

美容室の女性に挨拶をし、近くの写真館に行った。

「ママ。いつもの写真館?」
「そうよ。予約してあるから・・・。」

ちひろが、ここで写真を撮ったのは、七五三の七歳のお祝いの頃。

あの頃は、夫の両親が入退院を繰り返していたから、
私の両親が 義理の両親に代わって、
いろいろ手伝ってくれていたなあ・・・。

ちひろと二人で、
昭和初期の頃のような和洋折衷のインテリアを見渡し、
趣のある椅子に 腰掛け、
撮影の用意が整うのを待ちながら、そんなことを思い出していた。

撮影が終わると、名古屋の亡き母のご実家に送る手配をした。
きっと、お仏壇に飾ってくれることだろう。

すべてが終わった後、その後用事がある ちひろをタクシーに乗せ、
私は 両親のお墓参りに 東京に向かった。

数日前、亡き母のお誕生日だったからだ。
・・・でも、それだけではない。
何故だか解らないけれど、お墓に行っておきたかった。

行きの車中で、大阪に出張に行っている夫にメールを入れた。


墓地に着くと、白く覆われた雲の下で、そこだけ時間が止まっていた。
カラスの声が聞こえても、モノクロだったが、
お墓に着くと、既に飾ってあった花が 色を添えた。

きっと、弟が来たのだろう。


帰りの車中、夫から返信メールが届いた。
「ありがとう。」


新月が終わり、もう直ぐ節分。

私の中での ひとつの節目だった。

スポンサーサイト

<< Energy Flow | ホーム | 共に歩む >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。