プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の絆 Ⅳ

私は、これまで10年ほどに及んだ 
義母や両親の相次ぐ闘病生活と死に直面し、
医療の現場で 一番患者さんと接するであろう
看護師さんというご職業に 深い想いを感じていた。

残念なことに、医師の対応や看護に あまり心あるものを
感じることの出来なかった。
診療方針がよく解らないままのそこには、信頼関係はまるでなかった。
そんな私は 病院に伝えたいものを多く抱えていた。

症状を一時的に抑える 対症療法でしかない西洋医学のあり方。

死に向かうベルトコンベアーのようなものに
ただ、まな板の上の鯉のように 寝かされている父
・・・そして数年後には母。

管だらけの体。
管を外そうとする手を ベッドの桟に縛り付けられた
その父を・・・その母を・・・私はそこに置いて、
家に帰らなくてはならなかった。

勿論、医師も看護師さんたちも、そのお立場で 
一所懸命されていることだ。

・・・どんなにそう思っても・・・
それでも とてもとても やりきれないほど辛かった。

何で、60兆個もの細胞はみな助け合っているのに・・・
臓器は 決して単体で働いているのでなく
この大自然界のように、助け合って働いているのに・・・。



でも、あの辛さこそ、悲しさこそ、
私が両親に対して感じていた 確執の裏返しだったのだ。

あれほど確執と感じていた両親だったのに、
それは、かけがえのない両親だったと 
初めてわかった瞬間でもあり、
そしてそれは、最高のプレゼントだったのだ。

憎んでも憎んでも 憎みきれない両親は
愛しても愛しても 尽くしきれないほどの 
かけがえのない両親だったのだ。



両親の死後、自分のこれまでの人生や生きる意味など
自分の奥深いところへの旅が始まった。

たくさんの本を 貪るように読んだ。

20年ほど前に、母の友人に勧められても読めずにいた
シャーリー・マックレーンの
「アウト・オン・ア・リム」山川夫妻訳 

村上和雄先生の「世界はたった1つの生命からはじまった
~サムシング・グレードからの贈り物~」

一語一句が 私の細胞のひとつひとつに染みわたる思いがした。

そして 稲盛和夫先生の「生き方」には こんなご文章があった。

「人生は心のありようで いかにでも変えられるという大原則は、
自分の人生の失敗と挫折の中で思い知らされた というのが実情だ。
・・・
なんて運の悪い男だと、天に見放されたように思い、
不平不満を募らせ、世をすねたり恨んだりした。
・・・
そんな頃、結核になってしまったときに
『人生で出合う事柄はみんな自分が引き寄せたものである。
病気もその例外ではない。
すべては心の様相が現実にそのまま投影するのだ』

という文章に出合った稲盛さんは

「病も心の投影であるとは、少し酷すぎる言い方だが、
親戚の結核が移らないようにと、恐れていたからこそ、
そのとおりのことがわが身に起こった。」
と記している。


私は その時 自分の紆余曲折な人生と 心の有り様を思った。


そしてそれから、
亡き両親との出会いと自分の人生の意味を
ますます考えるようになったそんな時、
産婦人科医の池川明先生との 
運命的な出会いがあった。

「子どもは親を選んで生まれてくる」という
子ども達からの 胎内記憶に基づいた 医師という科学者のお話。

医師たちからの 多くの非難の声を浴びながらも

子ども達の語る「子どもは親を選んで生まれてくる」や
「人は皆お役目を持って生まれてきている」という
胎内記憶を語り続けることで
胎教からの世直しをお考えの先生の強い想いに ひかれていった。


私は、そこで初めて死生観が変わっていったように思う。


そして、その後、
自分の人生に不平不満を募らせ、
外側のせいにばかりしていた私が、
本当に 自分自身と真正面から向かい合い始めたのだ。


それは、
90%以上もある潜在意識へのアクセスと
これまでの人生で出会った人たちとの 絆の糸の紐解き。

それを 徹底的に教えてくださった、
カウンセラーの澤谷鑛先生との出会いだった。

澤谷先生の
「すべての結果は引き寄せられている
~運命を決める『牽引の法則』」(総合法令)は、
一連の 単なる引き寄せの法則ではなかった。

心の奥深く眠っていた潜在意識にアクセスし、
デトックスしたとき、
自分で描いたきた人生のシナリオの意味と
絡まってしまった絆の糸が
一本一本 解きほぐされていった。

将に、心の対症療法ではなく、心の根本療法だった。

スポンサーサイト

<< 永遠の絆 Ⅴ | ホーム | 永遠の絆 Ⅲ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。