プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の訪れ

2月だというのに、まあ気が早いこと。
春一番が 吹き荒れました。
まだそんな余韻を 残した空を仰いで
書のお稽古に 出かけました。

北鎌倉にある 竹の垣根に囲まれた佇まい。

墨の香りは 本当に気持ちを癒してくれます。

お稽古をしていると
先生が
「ちょっと待っててね!」
と 何やらお庭に出て行かれました。

すると、どうでしょう!
先生の両手には
青々としたふきのとうが こんもりと乗っているではありませんか!

80歳を越えた最年長のお弟子さんが
「ふきみそを作るといいわ。」

何という偶然! 何というシンクロ!

佐藤初女さんのお話と共に、
ふきみそのことを考えていた矢先だったのです!

何やら その方も お庭のたくさんのふきのとうを 数日前に摂り、
早速 ふきみそを作られたとのこと。

「まずね、さっと湯がいて、細かく刻んでから、
お味噌と少しの味醂で合えながら 煮るの。
おにぎりに入れたり、あったかいご飯の上にかけたりしていただくの。
作っておくと、とっても重宝なのよ。」

今夜は 早速 ふきみそだ!

すると、お若いお弟子さんが
「この線、がんばりすぎよ。」
と 先生に言われています。

ここのところ、そのお言葉は頂戴しなくなったものの、
以前は、よく私も言われていたセリフでした。

「がんばらなくていいの。
筆で書くのではないの。 腕が自然に書いてくれるのよ。」



ふきのとうを 抱いて帰り
初女さんの真似をして
ひと葉ひと葉 語りかけながら、
ひと足早い 春をいただきました。
スポンサーサイト

<< お洒落 | ホーム | >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。