プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の旅立ち

今日は 仕事が休みの娘は 遅く起きてきて
食事を 半分しか食べずに ぼーっとしていた。

「みんな、こうした命で 生かされているんだよ?
もうそろそろ 少し食べないと…。」

しくしく 泣き出す。
「よく考えると 汚点だらけだ…。」
「・・・え?・・・何言ってるの?!
私みたいに離婚したわけでも 何でもないのに・・・。」
「そうだけど・・・。不登校になったり・・・それにさ・・・。」
「え?」
「忘れた? 横山 サツキのこと・・・。」
「そりゃあ、覚えてるよ。同じ名前だったし、それが原因で 
不登校になったんじゃない。」
「違う。そのことじゃない。」
「え?・・・あ、あ~。さつきが サツキちゃんのことを好きだったこと?」
「・・・」

しくしく・・・泣き出す・・・。
「何で?別にそんなこといいじゃない。女の子が女の子を好きになったって。
確かに、少しその時は、確かに少し考えちゃったけど、
別に今は、普通に男の子と恋愛だってできたんだし・・・。」
「調べてみた。」
「え?病院に行ったの?」
「うんん。ネットで・・・。」

15年ほど前、私は、「アダルトチルドレン」という言葉に出会ってからというもの、
その言葉に悩まされてきた。「アダルトチルドレン」ではないかと・・・。
そして、それを やはり 調べてみた、ネットで…。
親子そろって、バカだ…って、その時思った。
でも、そうした気持ちは、痛いほどわかった。

私も、それを調べてしまったとき、一語一句その通りって愕然とした。
でも、この先も その自分と付き合っていかなくてはならない…
私が、母を亡くしたとき始まった自分の奥深いところへの旅は、そこだった。
どこにいても、誰といても、「自分」を認め、愛し、信じること…
その「本当の自分」を 見つけて、愛する旅だった…。

去年のNHKの紅白歌合戦の前に、中村 中のインタビューを 
朝のNHKのニュースの時間にやっていたのを思い出した。

「目の前の人が…その人がたとえ誰を好きであろうと、
幸せそうに 楽しそうにしているのをただ、ただ、見ていたい…。」
そう、インタビューに答える中村さんが とても美しかった。
本当の愛を知ってる・・・そう思った。

高校生時代の娘のそのことが、潜在意識にしっかり、残っていたのだろうか…。
確かに、その時、私は、妙に反応したのを覚えている。

数ヶ月前に放送されていたドラマ「薔薇のない花屋」に私は、釘付けになり、
今「ラスト・フレンズ」に釘付けになっている 娘…。

「いいんだよ。さつき・・・。美しいことじゃない。いいんだよ。そのままで・・・。
卑下する必要も何にもないんだよ・・・。」
「うん・・・。」

いつだったか、夫が、
「今の世の中、カテゴリーに分けたがっている気がするな・・・。」
と言った。
その時は、どうせ判ってはもらえない…と思いながら、
夫の言葉を聞いていたけれど、
今私は はっきり そうだと思う。

みんな いろいろ 持ってる。

でも それでいいんだと思う。
ありのままの そのまんまで…。

私は それが わかるのに もう48年もかかってしまった…。
でも その年月が 私には 必要だった…。

きっと 娘もそれがわかるときが くる…と信じている。

他に生かされていることを 心から 感じることが出来たとき 
自分を本当に愛し、認め、許し、信じることができることを…。

「あしたね、あなたのお父さんの実家のポストに、
手紙を入れに 行ってくるから、お手紙書いたら?」
「うん。」
「でも、あなたの想像してる通りになるかどうかは、わからないよ?」
「うん…。」


スポンサーサイト

<< 旅の始まり (1) | ホーム | 他生の縁 >>


コメント

あれ!?

こんにちは。
フォーマット変えたんですか?

前のフォーマットも素敵でしたが、今回のも素晴らしいですね。

>でも それでいいんだと思う。
>ありのままの そのまんまで…。

とても深い言葉ですね。
ありのまま。そのまま。
私もそう思います。

ありのまま。そのまま。

吉野さん。ありがとうございます!
眠れなくて…パソコン開けたら、
吉野さんの コメント…。

あのフォーマット…気に入っていたんですけれど、
何だか、字が読みにくいかな…って。

もうすぐ、夏だし…ね?
気が早い?(笑)



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。