プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え?あのSPEEDが~?

「ママ!ねえ! 聞いて聞いて!
春ちゃんね! あのSPEEDのバックダンサーに選ばれたんだよ!」

末娘のめいが、HIPHOPダンススクールの教室を
勢いよく飛び出してきたと 思ったら、
満面の笑みで そう言った。

「え~?! あの春ちゃんが?!」

春ちゃんとは、同じダンススクールに通っているダウン症のお友達だ。

今度、3月21日は「世界ダウン症の日」* で、

* 世界ダウン症の日
世界ダウン症連合において3月21日が「世界ダウン症の日」として
公式に選定されました。
しかし、残念ながら日本国内ではこれを記念するイベントなどが行われませんでした。
そこで、NPO法人トイボックス・ラブジャンクスで
2006年3月21日に東京・代々木でイベントを開催し、
とても大きな反響をいただきました。
ダンスを通して、若い世代の人たちにダウン症の子たちの
ありのままの姿を見てもらい、触れて、知ってもらうことを最大の目標にし、
知ってもらうことで誤解や偏見をなくし、
障害者と健常者の壁を少しでも崩すことができればと始まりました。


3月22日(日)12:00~16:00 東京代々木公園野外ステージで、
ダウン症の人たちのグループを応援に、
SPEEDやDA PANPや…が 駆けつけるようなのだ。
そして、そのとき、そのSPEEDのバックダンサーに、
春ちゃんが選ばれた! と 大喜びしているのだ!


叔父の家に食事の支度に行く帰りに、時々バス停で、
私も そんな春ちゃんを見かける。

「春ちゃん! 今帰り?」
大抵、春ちゃんは、携帯をいじっていたり、DSでゲームを楽しんだりしながら、
バスの来るのを待っている。
ダンススクール以外でも こうして会えば会話を楽しむことが出来るので、
とても親しみを感じていた。

「じゃあ、今度、見に行こうね!」
「うん! さつきお姉ちゃんに言ったら、凄く喜ぶよ!」

この最近立て続けに起きているSPEED関連のシンクロのような出来事も嬉しいが、
こうして 人の幸せを心から喜んでいる 娘の姿がなんとも愛おしい。

以前、TV番組で、ダウン症の障害を持つ人たちが
HIPHOPを踊ることで、とても心地よい刺激を体に与え
みなとても楽しそうに踊っているということを 放送していたことを思い出した。

それにしても、そうか~SPEEDか…。

長女が中学生だった10年ほど前、
そして不登校になった頃、最盛期だったSPEED。

彼女はダウン症ではないが、
彼女にとっての心の救いは、誰の言葉よりも、何よりも、
SPEEDと 共に過ごす時間だったのかもしれない。

同じように、沖縄アクターズスクールに行きたがり、
SPEEDを歌い、彼女たちの音を感じることで、
さつきのすべてを 受け容れてくれていたのかもしれない。

これまで甘えられなかった感情も…
もっともっと愛してほしかった感情も…
いきなり 現れた妹にママを取られてしまった感情も…
いきなり 現れた父親という人にママを取られてしまった感情も…
もっともっと お友達と遊びたかった感情も…
 
そうして、潜在意識の奥のほうでは、
急にパパに会えなくなってしまった感情も…
あったのかもしれない。


すべての感情という感情に蓋をして
いい子を演じていた彼女の蓋を 
外してくれたのが SPEEDだったのかもしれない。

先月、熊本の「葉祥明美術館」に伺ったとき、
一枚の絵の下に、言葉が飾ってあった。

「美しさは、人生に勇気と希望を与える」

音楽・絵画・写真・花・風景・文章・・・
時として、その芸術の その瞬間的美への感動は、
人生に「勇気」というスイッチを 入れてくれるように 私は感じる。

うなだれていた頭を持ち上げ、光を見上げるチャンス。
そのスイッチが そこにあるのでは・・・と。

弟の葉山 祥鼎さんが、おっしゃっていた。
「真・善・美です!」

「音」は、言葉の魂と同じように、
いや、時には、それをも超えて、
愛の概念を広げ、自分を愛し、
生きる勇気を与えてくれるような気がする。


そんなことを考えながら、
キックボードを滑らせた めいと とことこ歩く私は家に着いた。

早速、めいは、さつきに報告していた。

当然のことのように、さつきは、キャーキャー言って 喜んでいた。



娘とSPEEDの 「音で奏でる絆」

それは、永遠だったのだ。

「絆」といえば、
YANAGIMANさんが、作曲・編曲された
エレファントカシマシの新曲 「絆」


今度、同じく22日(日)午前、東京両国に、
あのケツメイシを生み出した YANAGIMANさんが 
「澤谷 鑛ヒューマンライフ研修会」 にいらっしゃる。

ディグリデュとか、「音」というツールを使っての 音楽療法も 
今とても盛んに全国で 行われているようだけれど、

左脳を使った思考を 右脳を使った思惟に変えていくことで…

頭ではなく 心で感じることで…

宇宙万物が与えてくれたものと「自分」が 融合し、
「生きる」スイッチを入れさせてくれるように思う。

*************************

澤谷 鑛 ヒューマンライフ研修会」in 東京
【日時】3月22日(日) 9:45~12:00
【会場】東京両国 両国シティコア会議室
 http://www.ryogoku-city.co.jp/
【費用】10,000円(養成講座生 5,000円)
 前日のセミナーから続けての参加者は5,000円
【定員】15名

    【お申し込み・詳細】
    ↓    ↓    ↓
    http://www.kou-sawatani.com

また、前日3月21日には、ほりひろみさんの 
「5分で解る あなたのミッション!」
数秘術の講演会も あります!

しかも、当日は、カリスマ編集者の 遠藤励起編集長が
いらっしゃるそうです!
なんだか、盛りだくさんですね~

********************************

「澤谷 鑛 & 北莉 ひろ美(ほり ひろみ)」
ジョイントセミナー in 東京
  ~名前と生年月日から人生の目的を見つける数の魔法 講座~

【日時】2009年3月21日(土)10:00-16:00
【会場】東京両国 両国シティコア会議室
    http://www.ryogoku-city.co.jp/

【講師】澤谷 鑛 ・ 北莉 ひろ美(ほり ひろみ)
【定員】40名限定・現在4名
【参加費】1日間 18,000円【早期割引(2009年2月末日まで)15,000円】
     養成講座生10,000円
【お申込・詳細】http://www.kou-sawatani.com/


スポンサーサイト

<< 産んでくれてありがとう! | ホーム | 速報! あの大物アーティストの産みの親が? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。