プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみも笑顔

今、末娘の小学校は「運動会」モード一色です!
先日、PTAの関係で、学校に伺ったら、
調度、娘たちの踊る「ソーラン節」の練習をしていました。

娘にとっては、5回目の運動会ですが、
4人の子どもの年が離れている私にとっては、18回目の運動会です。

練習風景を眺めながら、その歳月を思い、
子育てを通じて感じる、社会の変化を思いました。

少子高齢化、核家族化はますます進み、
親子の関係は煮詰まる一方のような気がします。

今でも勿論、私は、子育て真っ最中ですが、
私が、以前、鬱々としていた頃、
子育ての悩みを担任の先生に話したことがありました。

すると、けんもほろろに「学校の門の外のことは知りません。」と言われ、
夫に相談しても、「子どもだから仕方ない。」と言われ、
どこにも、話を聴いてくれるところがなく、
ただ、ため息をついていた頃がありました。



そんなあるとき、子どものクラスで傷害事件が起きました。
幸いにして、命に別状はなく、怪我も大したことがなかったのですが、
クラスの緊急保護者会が開かれました。

常々、学校のあり方や 地域社会のあり方、
家庭での親子のあり方について、いろいろなことを考えていた私は、
まだよちよち歩きだった娘を連れて 出かけました。

傷害事件の加害者となった生徒の保護者は 欠席でした。
被害者となった保護者が、校長先生を睨んでいました。

まるで、現場検証のような、事件の真相を説明し、
責任の所在を明確にしようとする話ばかりでした。
確かに、それは大切なことかもしれません。
でも、裁判の傍聴席に座らされたような時間だけが ただただ流れ、
心が苦しく悲しく叫んでいるのが解りました。

なんて、情けない世の中なんだろう・・・って。
もっと、根本的な話し合いはされないのだろうか・・・と。

「みんなで、みんなの子どもを育てようよ!」

鬱々と独りで思い、伝えたかった言葉は、
心の奥底に引っ込んでしまいました。


「木を見て森を見ず」
という言葉がありますが、
自分の子どもだけが健康で優秀に育てば、
子どもは幸せなのでしょうか? 

そしてそれは親にとっても、本当に幸せなことなのでしょうか?


上の子が中学に入学したときに、
学年主任の先生がこんなお話をして下さったことがありました。

ある生徒に「君の夢は何だい?」と聞いたら
「いい高校に入って、いい大学に入って、いい会社に入って、
結婚して、素晴らしい老人ホームに両親を入れてあげること。」
と答えたというのです。

とても 寂しさを感じました。
 

幸せって一体何でしょう。



学校に、子どもたちが作った運動会のスローガンが掲げられていました。


「きみも笑顔」でした。 
本当に素晴らしい言葉だと思いました。

子どもは、大切なメッセージを いつも大人に伝えてくれています。


親子という原点に帰ることは、「自分」に帰る・・・
つまり、「自分」というふるさとに 帰ることのような気がしています。


すべての原点は、自分なのですから・・・。





スポンサーサイト

<< 何が変わったの? | ホーム | ゴールはあなた自身! >>


コメント

私も

中学3年のころは
「いい高校に入って、いい大学に入って、いい会社に入って、 結婚して、素晴らしい老人ホームに両親を入れてあげること。」

と思っていましたね・笑
というかそのように育てられたといった方がいいのかもしれません。

今、軌道がそれとはずいぶんそれましたが・笑
楽しいです♪

ツイ輝さん。

>中学3年のころは
「いい高校に入って、いい大学に入って、いい会社に入って、 結婚して、素晴らしい老人ホームに両親を入れてあげること。」

意外や意外!そうなの?

面白いですね!本当に・・・。人生って・・・。
まさに、人生おもしろ劇場ですね!・笑



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。