プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春風の夫婦

土曜日に、娘の小学校で、運動会が行われた。

有難いことに、前夜のお湿りは、校庭を整え、
心地よい風を送ってくれた。

太鼓の響きと共に、
「ソーラン節」を踊る子どもたちの素足が、清々しい。

娘たちの「ソーラン節」が終わると、
夫と私は、体育館の横のいつもの場所に座った。

ふと昨年の運動会の頃のことを思い出していた。

子どもたちの 今を生きる笑顔に、
どんな自分も認めて、愛してほしかった自分を思い出し、
涙した。

また、長女のさつきが、
結婚を前提としてお付き合いをしていた彼と別れて、間もない頃だった。
「本当のお父さんと会ってみたい」と初めて言われ、
22年ぶりに、消息を調べたが、
明るくない噂しか伝わってこなくて、とても切なかった。

またその頃、夫は、リストラされ、転職先が殆ど決まっていた状態だった。
今後の人生は、したいことを見つけて、生き生きと生きて欲しかった。

「不平・不満・不足は、その状態を実現し、
満足は、その状態を現実に実現します。」
澤谷先生のお言葉を思い出した。

「類は友を呼ぶ」というが、
私たちは、まだまだ学びあえる似た者同士だったことが、
分かったときでもあった。



あれから、一年。 
本当にいろいろなことがあった。


お陰さまで、今、夫は
セミプロのような厳しいバンドに入り、
仕事から帰ってくると、サックスの練習に熱中し、
毎週末、バンドの練習に行っている。

しあわせは自分の内側にある・・・。

夫の今を、本当に嬉しく感じる。


「ねえ、あなた・・・。
私たち、あの子が小学校を卒業するまでの間、
さつきからあの子まで全部で 
20回運動会に来るものだと思っていたら、19回だったのよ。
だから、今日は、18回目なのよ。」

「いや、そんなことないよ。やっぱり20回だよ。」

「いや、19回よ。 だって・・・さつきが・・・。」

と、指折り数え始めたら、

近くにいらした老夫婦の声が聞こえてきた。
お孫さんの晴れ舞台を見にいらしたのだろう。

私たち二人は、その会話に耳を傾けた。

「ねえ。あなた、見て。 
あそこで 実況放送しているのも、児童なのね。
そうそう、そういえば、私も子どもの頃、やったものだわ、アナウンス・・・。
ああ・・・懐かしいわ・・・。」

「そうかい・・・。」


近くで微笑みあう 老夫婦の会話は、
まるで夢の中の如く、温かい春風のようだった。


またそれは、
お互いのそれまでの人生すべてを 愛し合っているように感じられた。


私は、また、指折り数えていた手に目をやると、
「そうか・・・やっぱり、20回なのね・・・。」

「どっちにしても、そんなに運動会に来た感じがしないよね。」

「本当だね・・・。」

そんな歳月があったことも、
いろいろな出来事があったことも、
不思議なことに、今では、すべてが夢物語のように感じる。



心地よい初夏の風が、私たちの頬を撫でた。




スポンサーサイト

<< 言霊 | ホーム | 何が変わったの? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。