プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言霊

一昨日の日曜日「澤谷鑛 ヒューマンライフ研修会」が行われました。
毎月一回日曜日に行われている少人数限定の研修会です。
前半1時間は、澤谷先生の講義。
後半1時間は、オープンカウンセリングをし、
お集まりの皆さんおひとりおひとりの問題の解決とともに、
心の中にあるマイナスの想念の感情を
他者の問題を通してデトックスする 本当の意味での癒しの時間です。

4月は「パチンコ依存症」というお話を事例に
先生がそれを 噛み砕きながらお話されました。
「ああ、これが『自己主張』ではなく『自己表現』というものなんだ・・・」
・・・と、深く聞き入りながらも、
そこに隠されていた大切なことを学ばせていただきました。

それは、「絆の法則」にも書かれている「勝他・利養・名聞」のことです。

「勝他」とは、他に勝って自分が多くの人より優っていると言い張る心です。
「利養」とは、至福を肥やそうとする利益追求の心です。
「名聞」とは、他の人よりも上であるという、名を得て誉められようという心です。
これらは、思い上がりであり自己主張という形の自己限定に他なりません。
                 (「絆の法則」学習研究社 P.276 ~P.277 引用 )

そして、今回の研修会のまずはじめは、
私が昔からとても興味を持っていた「言葉」のお話でした。

世界共通語と呼ばれる英語には、母音と子音がありますが、
その母音は日本語の「あ・い・う・え・お・ん」であるのが、
不思議で溜まらなかったのです。

もしかしたら、言葉の始まりは、日本語なのではないだろうか・・・と。

弥生時代に漢字が中国から日本に渡ってきましたが、
それ以前のひらがなの50音の「音」には、
ひとつひとつにとても深い意味があるようなのです。

例えば、以前私もこんな話を伺ったことがあります。
お伽噺の「花咲爺さん」のお話なのですが・・・
枯れ木に「灰」を撒いた、その「はい」は、
返事をするときの「はい」と同じ意味があるそうなんです。
「は」は、木の葉の「は」。・・・は、蘇るという意味。
「い」は、命の「い」。
つまり、「はい」というのは、命を蘇らせるという意味。
つまり、素直に「灰」を撒いたら、花が咲いたように、
素直に「はい」と言ったら、花が咲く。

という風に現実を作り出すのが 言葉だというのです。
 
また「日本語には、本来濁音がない」そうです。

これは、私の中で、衝撃的なほど、
日本人の美意識を象徴することのように感じました。

例えば、竹の葉が「さわさわ」揺れる。
「ざわざわ」すると言った場合の「ざ」というのは「濁音」ではなく、
「重音」というのだそうです。

つまり、「さわさわ」揺れるその音が濁るのではなく、
重なりあって揺れる様です。

例えば、「業(ごう)の流転」と言われる「業(ごう)」も
「行(こう)」の重なりであり、
つまり「行いの重なり」なのだということです。

水は永遠に濁らない・・・というように
我々の本質も濁らないということが
そこにも、隠されているように感じます。

心がざわざわしてしまうときは、
竹の葉の「さわさわ」という音をイメージする・・・
すると、その言霊や音霊が、
本質の美を現しだしてくれるようです。

心を澄ましていると
そのままで喜んでいい 望ましい本当の自分に
出会う瞬間があるのかもしれません。



「ついてる・ありがとう・感謝します」といった
プラスの言葉や美しい言葉を使うことの前に、

戦後消えてしまった「言霊」という「美」を思い出し、
日本人としての品格とプライドを持ち、
美を顕現する言葉の「音」の意味を大切に受け継いでいきたいと
つくづく思いました。


その「言の葉の美」にこそ、
宇宙からの大切なメッセージが
込められているように感じます。

そうそう、もしかしたら、この辺りのお話は、
☆7月12日(日)に
大阪で、「澤谷 鑛 & ヤマトタケ司ジョイントセミナー」で
もっと詳しくあるかもしれません。

http://www.kou-sawatani.com/seminar.html

その後、道元禅師のお話・古事記のお話もあり、
前半の深い講義は終わりました。

後半のオープンカウンセリングでは、
とても引き寄せあった方が集まったようでした。

心の中にあるマイナスの想念の感情を
他者の問題を通してデトックスし合う
本当の意味での癒しの時間を
これからも大切にしていきたいと思いました。


やはり我々人間は、ちっぽけで、そして尊い存在で、
神様に平等に愛され、守られていて・・・。

だから、宇宙や神様にすべてをお任せしていていいように感じました。


スポンサーサイト

<< 仕事 | ホーム | 春風の夫婦 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。