プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「育てる」ものではなく「育つ」もの

昨夜遅くに火の国熊本から帰ってまいりました!
「澤谷 鑛 & 後藤善久 ジョイントセミナー」in 熊本
  しあわせな家族の作り方 ~家族の絆~
に参加させていただくために伺っていたのです。

飛行場では、肥後の菊池さんが、
澤谷先生主宰の
「しあわせな人生の実現をサポートする人材養成講座」の
Emikoさんと私を迎えて下さいました。

また菊池さんと同時に迎えてくれたのが、この阿蘇の大自然です。
蒼い空と穏やかな山の斜面は、同じ日本かと思うほど、
心を和ませ、時空がゆるやかになっていきます。

お気に入りの「葉祥明 絵本美術館」に伺い、
爽やかな風を感じ、
「幣立宮」ではお祓いまでしていただきました。

そしてその後は、お待ちかねの夕食会でした。

実は以前「絆の法則」の記事になった「けいちゅんさん」とのご縁をいただき、
今回初めてお目にかかれることになっていたのです。
その頃は、まだお子さんがお二人だったけいちゅんさんは、三人になられていました。

そしてまた、絵本・DVD 「こちらたまご応答ねがいます!」の作者であり、
10人もの子どもを育てていらっしゃる、日本の母の代表 岸信子さんも
再びいらしてくださいました!!

その日も、岸さんは中学生向けの講演をされてきた後だったそうですが、
相変わらずの可愛らしい笑顔にすっかり惹かれてしまいました!

そしてまた、こちらが照れてしまうほど、
いつもいつもご主人さまとラブラブでいらっしゃる岸さん。

本当に子育てのまず第一は夫婦が仲が良いこと! ですね?!

でも、もしそう気づいた時には遅かりしの場合^^
岸さんのお話を伺っていても、
そして私自身も、いろいろ感じつつ、いろいろ失敗しつつ
とても思うことは、まずは母たちが癒されることだと思うのです。

・・・と言っても、もちろん癒されるという言葉は
本当はとても深い意味があるように思うのですが・・・。

この阿蘇の大自然に癒されるように、
私たち人間も大自然の一部であり、
そして大自然に育てられているのです。

でも、大自然は育てようなんて思っていない。
これが宇宙のリズムや法則であって、
すべては神様が創られたとおり・・・うまくいっているのですね・・・。

子どもも同じなのかもしれません。

親はついつい、自分のせいとか思ってしまいがちだけれど、
でも、実は親が関わっているのは、ほんの一部なのですね。

子どもたちは、親だけではなく、学校の先生、幼稚園・保育園の先生、お友達・・・
ご近所の人や、いろいろな人たち・・・いろいろな出来事によって
育っていくのでしょう・・・。
それは親以上でもあるのかもしれませんね・・・。
将に「かわいい子には旅をさせよ」ですね・・・。

「自分が○○だから~」とか「自分のせいで・・・」とか
それこそ、それはただの「自我」というものなのでしょう。

・・・親が子どもにしてあげられることって
「大好きだよ!」と 伝える・・・それだけで充分なのかもしれませんね。

「子どもは神様からの授かりもの」というように、
わたしたち大人のために、つまりやはり大人の魂のレベルを上げるために
お授けくださったというだけのことで、我々大人の所有物ではないのですから・・・

旅の邪魔をしたり、むやみやたらに、育てようなんて・・・
言ってみれば、おこがましいのかもしれませんね・・・。

スポンサーサイト

<< 「ご縁」が「絆」に変わるとき | ホーム | 「暮らす」と「生きる」は違う。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。