プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラス会

先月 3年ぶりに 高校のクラス会が あった。
3年前に あったときは 
20年ぶりのクラス会だったので
誰が誰なのか わからなかった。 

聞くに聞けないような 1時間が
過ぎた頃には
居酒屋は すっかり教室に 変わっていき
顔とあだなが 一致してくる。
みんな 何ひとつ 変わっていない。
担任の英語の男の先生も そのままだった。

不思議なことに
3年前に20年ぶりに会った頃より
先月 3年ぶりに会ったときの方が
みんな 様子が 変わっていた。
そういう年齢になった・・・ということなのだろうか。

癌になってみたり、脳梗塞が治ったり
離婚してみたり、HEISEI JUMPを追いかけていたり(笑)

人生いろいろだ・・・。

そんなことを感じながら
幹事だった私は 写真を撮っていた。

その写真を 送ろうと 準備していたとき
「そうだ!このタイミングで クラス会があったのも 何かのご縁!」
・・・ふと そう思い 
担任の先生 はじめ みんなに 写真と一緒に
「絆の法則」を 贈った。

一瞬 「そうは言っても 本は タイミングがあるし・・・。
(まあ 何でも タイミングがあるけど・・・。)」
と 思ったが、
表紙の 葉 祥明さんの 画にも 押され
「カウンセラーを目指す私の 師匠の新刊です。
良かったら、読んでね?何かのヒントになるかも・・・。」
メッセージカードを つけて 贈った。
先生には お礼状とともに 贈った。

すると「小さなしあわせのバイブル本になりそうです!」とか
「心配してくれてたんだね。ありがとう!」とか
お礼のメールが 続々と届いた後、
担任の先生から ご丁寧なことにも お礼のお手紙が 届いた。

「・・・立派なご本をゆっくり読み味わっています。
・・・カウンセリングというのは 生身の人間の、
しかも心の奥にかかわる大変なお仕事と思いますが、
底抜けに明るいあなたのことですから、
きっと立派にやり遂げることでしょう・・・。」

急に 涙が こみ上げてきた。
『 私 高校生のときは「底抜けに明るい」子だったんだ!
私の中にも そんな自分がいたんだ!』

・・・高校生といえば、
痴呆症の祖母と 仲の悪い両親に 悩んでいた頃のはずだったのに
私は ちゃんと 居場所を見つけ そして そこには
「底抜けに明るい私」が 確かに いたのだ・・・。

1時間ほど ひとしきり 泣いた・・・。

思えば 友達も高校を卒業して
いろいろなことが それぞれにあっただろうけれど
他人から見れば 何ひとつ 変わっていない。

誰もが 必ず しあわせになるために
生まれてきているように
誰もが ルンルン ドキドキ キラキラした・・・
そんな魂は 本当は ちゃんと 持っていて
本当は 何ひとつ 変わっていないのかもしれない・・・。

そんな大きな発見をし そして「底抜けに明るい」との
素敵な言葉に出会えたあと
「与える」ということは 何十倍、何百倍にもなって
「受け取る」ということを もたらせてくれる・・・
と 心の底から そう思った。

澤谷 鑛先生、遠藤励起編集長、葉 祥明さん・・・
そして「絆の法則」の記事になられた方々・・・
そして そんな私を見守ってくれていた先生、お友達・・・
・・・すべてに 感謝したいと思った。


それにしても 本当に あの本には 
なにか 不思議な力が あるような気がする。
絆の結びなおし と同時に
表紙画のような 光 を見た気がする。


スポンサーサイト

<< 家族の団欒 | ホーム | 風来自開門 >>


コメント

クラス会ですか、楽しそうですね。
楽しいだけではなく、紅林さんにとっては「絆」を感じる素晴らしい会だったのでしょうね。

「絆の法則」の不思議な力。
私も感じる時があります。
具体的には言えないのですが、不思議な力がそこにはあると感じます。

いろんあ、絆が大きな力になっているのかもしれませんね。

ありがとうございます

吉野さん。

ありがとうございます!

そうですね。
「絆」って 本当に 有難いものです・・・。

本当に・・・。



ありがとうございます

 クラス会のコメントではありませんが、
速報有難うございました。今晩が楽しみです。

ご一家のお幸せをお祈り致します。
特に、娘さんの心の傷が早く癒えますように。
応援しています。

わ~よかった!

肥後の菊池 様

ありがとうございます!
わ~よかった!速報が ちゃんと
澤谷先生から 届いたのですね?!!
そちらでも、放映されますか?
よかった~!!

実は、阿蘇山は、小学校6年生のときに
国語の教科書に出て以来、
憧れの場所になり、大学進学が決まった春・・・
親に無理を言って 家族旅行をした場所だったのです。
最初で 最後の家族旅行でした・・・。

ですので、私の大好きな 葉祥明さんの原画が、阿蘇山で、
あのジェイクも阿蘇の馬だ・・・と
知ったときは、びっくりして 
もうドキドキ興奮してしまったのを覚えています。

いつか、きっとまた、行ってみたいと思っています。
そのときは きっと 肥後の菊池さん!
ご案内を よろしくお願い致しますね?!

娘のことまで ご心配頂いて・・・
本当に ありがとうございます!

でも きっと 必ず・・・と信じています!
本当に ありがとうございます!

本当に ご丁寧に ありがとうございました!
このご縁に 心から 感謝いたします!!





グッドタイミング

 初めての書き込みに喜んでいただきありがとうございます。
熊本でのセミナーも澤谷先生が用意してくださると思います。実際の窓口(交渉)等は私がする事になると思いますが・・・そのときは是非来てください。
福岡でのセミナー6月22日は参加することになりました。よろしくお願い致します。
テレビが始まっていますのでテレビを見ます。お知らせいただき有難うございました。

肥後の菊池さん

心から 喜んでくださり、
本当に ありがとうございます!
TV・・・見ること出来ましたか?

6月22日は 末娘の発表会と重なり、
伺えないのですが
是非、今度は 行かせて頂きますね?!

その時は いろいろ 教えてくださいね?
家族との思い出も 手繰れるかもしれません。
今 を生きなくてはなりませんが・・・。

本当に ありがとうございます!






びっくりした~

 昨日の朝は澤谷先生のブログに「クラス会」が採用されていたのでびっくりしました。
先日は、ウルルンの後の6分間は別番組が放映されたので熊本では見ることが出来ませんでした。残念!
 でも、思い(想念)は充分伝わったと思います。
紅林さんも底抜けに明るい本来の姿をあらわし(顕現)だして来られたようです。
ステージを上げられたご様子、嬉しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。