プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの今

ちひろ達の公演がいよいよ始まった。
東京池袋の学生街のシアター劇場。
小さな劇場は満席だった。
辺りを見渡すとみな大学生ばかり。
私のようなおばさんは ひとりもいない(汗)

・・・やっぱり来ない方が良かったかな・・・

と思っているうちに場内は静かになり、暗黒の数分間が始まった。

以前もやはりちひろに連れられて
プロの劇団の方の演劇を観に行ったことがあるが、
その時、暗黒の数分間がこんなに怖いものかを思ったのを思い出した。

急に辺りは明るくなり、
3つの大学それぞれの舞台が30分ずつ行われた。
ちひろの大学は最後だった。

確かに、視点が二つあったので、
ちひろの言う通り ぶれてると言われれば ぶれてしまっていた気がしたが、
大学生らしさが感じられ、爽やかな気持ちになった。

終了後、会場を出ようとしたら、
演出・監督を務めていた彼女は、出口のところで、
おひとりおひとりにご挨拶をしていた。

私を見つけるや否や
「ホントに来てくれたんだ。ありがとう・・・。」

「良かったよ・・・。」
と、言った途端、何だか急に涙が込みあげてきた。

「じゃあね・・・。」
そそくさと外へ出た。

ちひろの舞台はまた、夕方と
そして今日(8月10日)と明日(8月11日)行われる。
ちひろにとって、これが大学生最後の舞台になるのかもしれない。

ちひろらしく・・・清々しく爽やかなそのまま・・・
自由にのびのびとやっていってほしい・・・。

夜になって、夫からメールが入った。

《 これからちひろの舞台を観てから帰る。 》

《 了解!私も昼間に観てきたところです^^ 》


そう言えば、夫がサックス奏者として出るコンサート
[ THE RED SHOES 7th CONCERT] もいよいよ来月27日だ。

コンサートを間近に控え、連日連夜、練習を重ねている。
腹式呼吸が功をなして、
サックスの練習を再び始めてから、5KGも減量した。

「本当にサックスって奥が深いんだよな・・・。」
2回もリストラにあい、塞ぎこんでいた頃の彼など、今では想像できない。

そして、そのコンサートのタイトルは何と「絆」


2年前の8月11日。
初めて澤谷先生のところにカウンセリングを受けに
新横浜から京都まで新幹線に飛び乗った。

あれから、2年が経った・・・。

ちひろとも、勿論 夫とも血は繋がっていなくても・・・
そしていろいろな迷いがあったとしても・・・
「それはそれ!」と諦められる自分が嬉しい。

そして何より ちひろも夫も・・・み~んなお互いに 
それぞれの「今」を尊重し合いたい。

みんな意味があって生まれ、
そして縁(えにし)を結び、家族となったのだから・・・。

*************************************

☆因みに、ちょっと宣伝しちゃいま~す ☆

♪ちひろたちの公演♪
「StudentsArt Festeval」
会場: 東京池袋・BASE THEATER
日時: 8月10日 19:30~
    8月11日 14:00~・19:30~
料金: 前売り1800円・ 当日2000円
お申し込み・お問い合わせ:03-3983-0644(シアターグリーン)

♪夫たちのjazzコンサート♪
THE RED SOHES 「絆」
会場: 神奈川公会堂
日時: 9月27日(日)15時半 開演
入場料:900円(全席自由)
お申し込み・お問い合わせ:090 2903 1350/ 045(502)1431(オフィステッド)

よろしかったら、覗いてやってください♪

スポンサーサイト

<< 線香花火 | ホーム | 母が遺していったもの(Ⅲ) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。