プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦で培う大地

2週間位前の 夏休みの終わりの頃のことでした。
夏休みが始まる前に突然亡くなった伯母の納骨のあと、
(こんな時でもないとなかなか会うことができません・・・)
弟たち家族と東京で集まり、食事をした時のことです。
生憎、夫は外せない用事があり、来ることは出来ませんでした。

私には二人の弟がいて、すぐ下の弟は、一流大学を出、一流企業に勤め、
そして渋谷に家を構え、娘を二人授かり、
まるでしあわせを絵に描いたような生活をしています。

一番下の弟は、若いころ、荒れ放題荒れ、将に「積木崩し」でした。
2年ほど前に、8年間も同棲していた彼女と別れ、今では、独り暮らしをしています。
私は彼と10歳年が違い、子どもの頃、チイママのように彼の面倒を見ていたせいか、
比較的若くして両親を亡くした彼のことが、何だか不憫で、そして可愛いのです。

何より、両親に「無償の愛」を伝えに 雲の上からやって来たのは彼であり、
また、両親の「無償の愛」を受け取ることができたのも、彼のお陰だからです。
それにしても、同じ親の元に生まれたのに、
何とまあ人生のシナリオという奴はこうも違うのでしょう・・・。

これが、人生劇場の配役というものなのでしょうか・・・。

その食事会の後、
「神宮球場にこれから、行くんだけど、一緒に行かない?」
一番下の弟は、我が家の4人の子どもたちに 野球観戦に誘ってくれたのでした。

サッカーの試合観戦に、横浜の日産スタジアムには何度か行ったものの、
プロ野球の観戦は、子どもたちも私も初めてのことでした。

巨人×ヤクルト戦です。 神宮球場に入りました。
煌々と眩しいくらいのライト・・・。
試合を応援する歓声・・・。
「わあ!!!」子どもたちは大喜びです!

「今は、巨人戦だって、満席じゃないんだよ。ほら、そこが空いてるよ。」
サービス精神旺盛な弟は、子どもたちのまるでチイパパのように、
ビールやジュースやお菓子を買ってくれました。

既に試合は始まっていて、2回の裏です。

私の前の席には、親子連れが応援しています。
夏休み最後の日曜日、家族のイベントなのでしょうか。
お父さんと小学生位の息子さんは「KAMEI」と書かれたユニフォームを着ていて、
その妹は「HARA」と書かれたユニフォームを着ています。
そしてお母さんもその横に座り、家族全員で巨人の応援をしています。

お父さんは、きっと少年野球のコーチをしているのか…
息子さんに一所懸命いろいろ説明しています。

それぞれのバッターに合わせた応援が次々に繰り広げられ、
ヤクルトの攻撃が始まると、今度はヤクルト側のスタンドで、
パステルカラーの透明傘を振りかざしながら、東京音頭が始まるではありませんか!
なんてしあわせな風景なんでしょう!
不況であれなんであれ、何てしあわせな風景なんでしょう!

後ろに座っていた弟に、
「パパが生きていたら、あっちの席だったのね…」
アンチ巨人だった父をふと思い出し、苦笑いしました。

すると今度は、夏休み最後だったからでしょうか・・・
300発の花火が打ち上げられました。

花火を眺めながら、ふと長女の顔を見ました。
昨年の花火を思い出したからです。
22年ぶりに実父と会い、二人で眺めたという隅田川の花火・・・。

次女の顔を見ました。
やはり、昨年の夏、二十歳の記念に、
お友達とカンボジアに行きたいと言い出し、
パスポート申請のために戸籍をとり、
私は実母ではないという 出生の真実を打ち明ける直前に
家族で見た鎌倉の花火・・・。

本当にいろいろあった昨年でした。

今年は冷夏と悪天候のため、
家族で花火を見に行くことは出来なかったけれど、
今こうして、何も変わらぬ家族で花火を見ている・・・。

そんな夏の夜空を眺めていると・・・亡き両親が思い出されます。
亡き父も、亡き母も、こうして兄弟が仲良く過ごしていることを
そして家族が仲良く過ごしていることを
どれほど、嬉しく思っているだろう・・・そんな風に思いました。

花火が終わり、席に着くと、いつのまにか
前の家族の席替えがあり、
娘さんはお父さんに絡まりつき、息子さんはお母さんの横で、
ふくらはぎをマッサージしてもらっています。

父親に社会を学び、母親に愛を学び、
息子さんは、異性である母親の優しい愛を受け取り、
お嬢さんも、異性である父親の大きな愛を受け取っている・・・。

何だか、うっとりとその光景を眺めていました。

必死に育てようとするばかりに、
ついつい森を観ることなく、木ばかりを観てしまう母親に対し、
森を指し示してくれる父親。

男性と女性・・・それぞれがそれぞれを求めて夫婦になり、
必要な役割を演じ、仲良くしていれば、
で~んと安定した大地の上で、子どもは安心して、心を耕し、心を練り、
勝手に子どもは育っていくものではないかな~と
つくづく感じました。

心地よい風が頬を撫でました。それはやはり初秋の風でした。
**************************************
「澤谷 鑛& 池川 明 トークライブショー in 東京」
~家族の絆を紐解く たましいからのメッセージ~
http://www.kou-sawatani.com/sem-091024js.html

30年余りのカウンセラーとしてのキャリアを積まれる澤谷先生と
胎内記憶を語る子どもたちの話に基づき
親子の神秘を語られる産婦人科医の池川先生の トークライブショーです!
池川先生は、飯田史彦先生の「生きがいの創造」や
船井先生の雑誌にも掲載されています
西洋医学の逆風にも負けず、ミッションを貫かれていらっしゃる先生です。
いろいろ気づくこと、学べることが多いことと存じます。
また、当日はオープンカウンセリングも予定しております。

開催会場も、正式決定いたしました! 浅草の「都立産業貿易センター台東館」です。

東京都台東区花川戸2-6-5 TEL:03-3844-6190
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E9%83%BD%E7%AB%8B%E7%94%A3%E6%A5%AD%E8%B2%BF%E6%98%93%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%8F%B0%E6%9D%B1%E9%A4%A8&sll=34.707084,135.511986&sspn=0.006439,0.016694&ie=UTF8&ll=35.715838,139.799309&spn=0.008728,0.020299&z=16&iwloc=A

東京メトロ 銀座線「浅草駅」 徒歩5分
東武 伊勢崎線「浅草駅」 徒歩5分
都営地下鉄 浅草線「浅草駅」 徒歩8分    です。

また、午前中には、「澤谷 鑛 ヒューマンライフ基礎講座 in 東京」があり、
併せて受講する方は、一般料金5,000円のところ、特別優待料金 3,000円になります。
また次の日の10月25日も「澤谷 鑛 ヒューマンライフ研修会 in 東京」があり、
やはり、併せて受講する方は、一般料金5,000円のところ、特別優待料金 3,000円になります。

だいぶお申し込みが入っております!
是非、お早めにお申し込みくださいね!!

スポンサーサイト

<< 内側からの自己表現 | ホーム | ゆるゆるで行こう! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。