プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル時計

伯父の家の近くの、老人ホームのお部屋のお掃除に入った。

すると、部屋の中はカーテンが引かれたままで真っ暗で、
ベッドには布団がなかった。

え? もしかして…
近くを通りかかった介護スタッフの方に訊ねた。
「そうなんです。昨夜、入院されたんです。
だから、シーツ交換はいいですよ。」

そのお部屋の方は、以前日記にも書かせていただいた 杖に鈴を付けさせられて
ホーム内をただただ徘徊していた「風鈴」のおばあさんだった。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1239062573&owner_id=16483118


おばあさんの鳴らす鈴の音は、

「ファイト!」「オー!」「ファイト!」「オー!」
と 斜陽にこだまする、女子中学生の間を通り抜け、
鎌倉の山越え、遥か遠き故郷へ響き渡っていくようだった

・・・その「風鈴」も、 束の間の出来事になってしまったのだ。


残念なことに、そのおばあさんは、つい最近、車椅子の生活になってしまっていて…。
そんなことを含めて、澤谷先生のブログ「絆の法則」にコメントさせていただいたのも、
つい最近の9月5日のことだった。

http://kizunanohousoku.blog34.fc2.com/blog-entry-837.html#comment

何故なら、とても感動する記事がそのブログに載っていたのだ。

どくとる☆はにわさんの書かれた
その「ココロの時代」に号泣してしたその日から、たった4日目・・・。

「風鈴」のおばあさんは入院してしまった。

止まってしまった体を動かし、カーテンを開き、窓を開けた。
部屋の掃除をはじめ、棚の上にはたきをかける。

棚の上に置かれた、息子さんやご家族とのしあわせな時間。
たとえ認知症であったとしても、
他の何よりも、この写真に癒されていたことだろう。


おばあさんの鳴らす鈴の音が、
「ファイト!」「オー!」「ファイト!」「オー!」 と
女子中学生の間を 通り抜けていた斜陽の時間は、もう終わった。

おばあさんは、鈴を鳴らしながら、無心に歩く必要がなくなり、
そしてそれを聴いていた私も もう聴く必要がなくなったのだ。


・・・夕焼けの紅が、藍色に染まり、群青色に染まっていく…
そんな もののあはれを…
写真の横のデジタルの時計は、音もなく静かに知らせた。




スポンサーサイト

<< 感じる力 | ホーム | 内側からの自己表現 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。