プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さざれ石

トークライブショーが終わり、いつもの生活に戻った。

老人ホームへパートに向かう。

洗濯室に大きな声が聴こえてきた。

私はこんなに心に沁み渡る歌をこれまで聴いたことがなかった。

車いすに乗せられたお婆さんの歌だ。

ここの老人ホームの平均年齢は88歳というから、
この方もきっとその位の年齢なのだろう。

ホーム内に響き渡るくらいの大きな声と まるで外れた音程。

これまで何度もこの歌を歌い、
何度も聞いた歌なのに、
こんなに心に沁み渡ることはなかった。

その歌は、

「君が代」

このお婆さんはこの歌を一体どんな気持ちで歌っているのだろう。
そして車いすを押している若い介護スタッフは
一体どんな気持ちで聴いているのだろう。

「国家の品格」という本があったけれど、
私はこのお婆さんに、温かい品格を感じた。

と、同時にトークライブショーに
熊本からわざわざ、さざれ石を持ってきてくれた菊池さんや
次の日の研修会で、澤谷先生が話された昭和天皇のお話を思い出した。

昭和天皇のお抱えのパン職人のお話に、
「ア、ソウ」「ア、ソウ」と相槌を打ち、
「だから、渡辺のパンはこんなに美味いんだね」
と最後にひと言、おっしゃられたという温かいお話だった。

将にトークライブショーで
何度も伺った「恕の心」
そして「話を聴いて、寄り添って」ということ・・・

そして「まず一旦、受け止める」ということは、
とても大切なことだと改めて思った。



さざれ石。



これは、巌となるまで、
どれほど人々の声を聴いてきたのだろう・・・。



・・・そして、お婆さんのご人生を思った・・・。







スポンサーサイト

<< 「1/4の奇跡」の上映会と 「宇宙の約束」の上映会&講演会のお知らせ | ホーム | 澤谷 鑛&池川 明トークライブショー(Ⅶ)~オープンカウンセリングと終わりに~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。