プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の予感を祝福して

CAUBDUQH.jpg
明日はもう七草粥の日・・・。
早いものですね・・・。
この間、新年が明けたと思ったら・・・。

そう言えば、子どもの頃、
母に「春の七草」「秋の七草」を覚えるまで、
暗唱させられたものでした。

そんな厳しさが今では、とても懐かしく感じ入ります。

初詣は、いつも恒例の鎌倉へお参りに行きました。
その帰りに、家族で由比が浜の海を眺めて帰ってきました。


♪さまよいの果て波は寄せる♪

泣いて駆けてゆけばそこに きらめく海原
けれど受け容れてしなかった 私の弱さを
沖を滑ってゆく船と 足元で遊ぶ犬と
風を切る鳥たちだけ 自由だった

夢中になれる何かが 明日へいざない
いつしか遠く旅したと あなたに告げる


いつも悩みを携えて 潮騒を聴いた
けれど答えは得られぬまま
朝焼けは終わる

銀の雲間から差し込む 光いく筋も見とれ
冬の日の冷たさを忘れてた

消えてゆかない悔しさが 私を導き
気づけばここへ来ていたと 笑って言える

言葉にない愛の 透き通る手紙を
海は寄せてくれる 波に乗せて
ああ失うものはもう 何にもなくて
こころ静かな私が 初めて見える

夢中になれる何かが どこまでも導き
いつしか遠く旅したと この海に立ち 告げよう



http://www.youtube.com/watch?v=ExSIz_luaQ8&feature=related

スポンサーサイト

<< ♪昭和浪漫第二章♪ | ホーム | 縁(えにし)から絆(きずな)へ                >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。