プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいさつ

パート先の老人ホームの介護スタッフは、長女と同じくらいの20代の方が多い。
介護の様子を見ていると、本当に感心させられることばかりだ。
部屋から「至急来て!」の合図のボタンが押されると
廊下を走って、入居者さんのお部屋に行くし、
粗相をしてしまった下の始末から、よく意味がわからない行動まで、
おひとりおひとりに、丁寧に寄り添っている。
お風呂の介助も、赤ちゃんをお風呂に入れるのでもないから、
かなり体力を使うだろうし、
夜勤のときは、殆ど寝ていないようだし、
突然 様子が急変する場合もあるから、本当に大変な仕事だと思う。

そんな彼らとの仕事がかれこれ、1年になるのだけれど、
彼らの挨拶は、とても清々しい。

ただ単に、「おはようございます!」ではなくて、
「おはようございます!今日も一日よろしくお願いいたします!」という挨拶だ。


「今日も一日よろしくお願いいたします!」


もしこの挨拶を家族にもしていたら、どうだろう・・・とふと思った。

何だか仰々しくて、水臭いようだけど、
「一日一生」と言われるように、
一生の始まりの朝、
「今日も一日よろしくお願いいたします!」

・・・て 何だか、

「今日も一日、○○○○は、○○○○として、一所懸命 勤めさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。」
と聴こえてくる。

例え、毎朝 顔を合わせる家族や、
いつも会っている知人も、

お互いにお互いを尊べる、

大切で、とても素敵な言葉のように思う。


《 今日も一日、よろしくお願いいたします! 》


明日の朝、家族に言ってみようか・・・。


どんな顔するかな(笑)












スポンサーサイト

<< 愛ある医療、東洋の叡智との出会い(Ⅰ) | ホーム | 【速報】「うまれる」youtube >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。