プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生きること」を 楽しむ

二人で また ビデオとデジカメを撮りに出た。
「綱引き」みたいな団体競技だ。

娘の赤組は 決勝戦で 優勝した。

「やったね!」

仲間たちと お互いの両手を叩きあいながら、
歓声をあげ
両足を膝から 八の字に曲げて 飛び上がっている。

全身で 歓びを表現しているのだ!

そういえば
赤ちゃんの頃って、
おなかが 空けば 全身で泣き
少し大きくなって お座りが出来るようになると
手を叩いて 歓びを表わし
笑いたいときには しゃくるように笑い
全身で それを 表現していたはずだ。

だから 子どもや 赤ちゃんは
こんなにも 大人や親たちを癒してくれるのではないだろうか。

「今」を楽しむこと・・・。
「生きる」ことを楽しむこと・・・。

私は 特に 養女である 次女を愛するために 
長いこと 葛藤してきたようで
結局 自分を 愛する・・・ことへの
葛藤だったのかもしれない。
そして それは 次第に 内へ内へ 
自己中心的 自我意識へと発展し 
自家中毒に陥っていたのだと思う。

ビリを 堂々と走る 娘の姿が
また 滲んで見えた。


夜明け前の 一番暗かった 時を超え
ようやく 朝陽が 差し込んできた 気がする。



スポンサーサイト

<< エドはるみを 引き寄せた! | ホーム | 類は友を呼ぶ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。