プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を抱きしめて

cover362.jpg
とても いたたまれない事件が続いています。
あの子どもたちは、
どんな風に死んでいったのだろう・・・なんて思うと
心臓が縮まりそうになります。

隣のマンションの子どもが泣きやまないと、
大丈夫かな・・・とつい窓を開けて耳を澄まします。

今朝NHKで報道していた虐待マンガ。
そのマンガを読むと多くの方が共感して、
「虐待まではいかなくても、同じ気持ちになったことがある」
と言うそうです。



私もまさに、そのひとり・・・。



再婚し、長女が新しい小学校に通い始めた頃、
養女である次女と密閉された空間に二人だけになったとき、
どうしても息が詰まってしまって・・・
よく公園や買い物に連れて行ったものでした。
でも、どんなに場所を変えてみても、
心が閉ざされていたら、同じなのです。

娘が幼稚園生だった頃、つい手を上げてしまった後、
鏡を見てびっくりしました。
鬼の形相は勿論のこと!
思いっきり叩いた時に、思いっきり唇を噛んでいたようで、
歯型のついた唇から血が流れていたのです。


今でも忘れられないけれど、
血を流さなければならないほど、何を憎んでいたのでしょう・・・。


その漫画のひとコマ「あんたのせいばっかりや」との言葉に
多くの方が共感したというけれど、
「あんたのせい」と子どものせいにしている貴女は、
誰よりも、貴女自身のせいにしているんじゃないのかな・・・
とふと思ったのです。

あの時、私が、血を流さなければならないほど憎かったのは、
許せなかったのは、
あの子でも、あの子の行動でもなくて、


自分の人生そのもの・・・だったはず。


心にゆとりがない自分自身・・・
叩いてしまった後の自己嫌悪・・・
誰にも解って貰えない閉塞感・・・

それは、副産物だったのかもしれません・・・。



次女と同じ幼稚園に行っていた同じマンションのお友達のママが
「別に悪いことしないからね・・・怒ることなんて何にもないわね~」
と言われた時、
確かにそうだよね・・・と思いつつ、
それ以上何も言えなくなりました。
でも、その彼女の長女は、中学生から金髪になり、
高校へも行かず、彼女が仕事に出た後の家に男の子が入り浸るようになりました。
幼稚園に入る前から、中学受験のための塾への道順まで考えていた
彼女にしてみたら、どれ程がっくりきたことでしょう・・・。
あの時、「別に悪いことしないからね・・・」は
ただ、その子は、いい子を演じていただけだったってことでしょうか?


誰も、家の中のことは解りません・・・。
解らないのです・・・。




女として生まれ、結婚して主婦になり、
子どもを産んで母になるのだけれど、
子どもを産んで育てながら、母親になるもので、
産んだからって直ぐに母親になれるはずはありません。

育児に疲れていた頃、本当にこれはよく思いました。


褒めて育てる?
スキンシップ?
お母さんの笑顔?
そんなの解ってるよ・・・。
理想ばっかり、掲げないでよ!
だって疲れていたら、笑いたくても笑えないよ。
話を聞いてくれなければ、心がカラカラだよ・・・。

そんな時、あるCMが流れました。

ココロも満タンに!コスモ石油♪

そう!そう!それだよ!
おかあさんだって、心が満タンにならなくっちゃ、
砂漠みたいじゃあ、与えるものなんて、何にもないよ!
見つからないよ! って・・・。

週に一回くらい、卵かけごはんだっていい・・・納豆ご飯だっていい・・・
子どもが寝るのが少しくらい遅くなっちゃったっていい・・・
でれ~としてていいんだよ・・・。

でも何より・・・ココロを満タンにするには・・・
自分の過去の古傷をちゃ~んと癒してあげなくっちゃ!
抱きしめてあげなくっちゃ!


そして、そして・・・

パートナーにもっともっと、甘えられる自分になってね!

パートナーさんも、どんなに愛していても、
解決策を考えなくっていいから・・・

話を聴いてあげて・・・
肌に触れてあげて・・・
ぎゅっと抱きしめてあげて・・・

お父さんがしてくれるみたいに・・・
座ったまま、その開いた両足の間に入れてあげて欲しい・・・



愛を知らずに育った母たちを
ただただ冷たい目で見つめないでほしい・・・
同情の眼で見ないでほしい・・・


何の判断も要らない・・・


・・・心を抱きしめるその時を・・・

ただただ、そばにいてあげて欲しい・・・。


「心を抱きしめて」
これは、私が勝手につけた、

MOTHER'S NETのオフィシャルブログ「ママの心を抱きしめて」 
 http://ameblo.jp/mothersnet/     のタイトルです。


みんな自分の心をぎゅ~っと抱きしめてあげること、
それをサポートすること・・・
子育て支援とか大それたことの前に、
まず母たちが「母」である前に、
「女」であって、「人」である

そんな自分を抱きしめるという意味です。

私が私であることを認め、
私を生きることを許し、
私を生きることを愛する


そんな意味です・・・。


どんなに手放すものが多くても、
どんなに手放すのに勇気が必要でも、



もう「主婦」を限定する時代は終わりました。

主婦である前に、単なる人間です。
母である前に、尊い人間です。


ひとりの人間としての尊さを自分自身で認められないから、
ひとりの人間としての尊い子どもを認められないのかも知れません。

立派な母親になんてならなくったっていい・・・

ひとりの人間として、


一所懸命生きてきた自分を


ただ、認めてあげてください。


折角産まれてきたのですから・・・。


みんなしあわせになるために生まれてきたのですから・・・
本当の意味で、自立して自由に生きるために
生まれてきたのですから・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いのちの絆の物語~母と子へのメッセージ」
ご予約ありがとうキャンペーン実施中!

子どもたちの話す「胎内記憶」研究の第一人者で産婦人科医・池川明と、本来のしあわせに気づく「心のデトックス」を通じて、人間の出会いと心をむすぶ絆の智慧を探るカウンセラー・澤谷鑛が、
深遠な家族の絆を紐解き、この世に生まれてきた意味や使命について語ります!!

2010年公開予定のドキュメンタリー映画
「うまれる」の監督・豪田トモ氏 推薦!

9月1日から、全国の主な書店、オンライン書店等で発売されます。
発売に先立って、「いのちの絆の物語」ご予約ありがとうキャンペーン を実施いたします。

キャンペーン期間中(8月31日 23:59まで)に、
オンライン書店 amazonで、本書を予約注文いただきました方には、
他では入手できない特典を もれなく!プレゼントいたします。

どうぞ奮ってご参加ください!

http://mothers-net.com/?page_id=55

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」
池川明・澤谷鑛 出版記念特別講演
日時:10月3日(日) 13:30~16:30
場所:女性と仕事の未来館ホール (東京・田町)

今、子育てに困難を感じていませんか?
核家族化や少子化での密室育児や 長引く経済の低迷化。
・イライラを発散させてつい怒ったち、
・手をあげてしまったり・・・
・誰にも相談できない・・・手伝ってもらえない・・・
・愛したいのに、愛せない・・・
・同性同士の嫉妬心をお子さんに感じてしまう・・・
・夫婦の不和を子どもに当たってしまう・・・など。

これは誰もが抱きやすい感情であり、特別なことではありません。

悩んでいるのは、あなたひとりではないのです・・・。
まじめであるがゆえに、生きづらさを感じ、
愛しているからこそ、愛せないと感じるのです。

胎内記憶を語る産婦人科医 池川明先生と
絆の智慧を探る カウンセラー 澤谷鑛先生の
しあわせ充実度 100%の3時間!

(パネルディスカションは、お申し込み時にいただきました、ご質問・ご相談を元に、話し合う・・・そんな貴重な時間にしたいと思っています!)

みなさんで、子育てについて、人生について
共に学び合い、共有し合える時間にしたいと思っています。

是非、ご参加くださいね! 
http://mothers-net.com/?page_id=47







スポンサーサイト

<< 【速報】 ドキュメンタリー映画「うまれる」監督・豪田トモさんが10月3日ご出演! | ホーム | 「いのちの絆の物語」ご予約ありがとうキャンペーン! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。