プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親たちと考える「産後うつ」(後)

ところで、産後うつかもしれない・・・
と思ったとき、どこに相談に行ったら良いか解らないそうですが、
確かにそうだと感じました。

自分がちょっとヘンかも?と思っても
精神科に行くのも、心療内科に行くにも
産んだ産婦人科に行くにも、
乳飲み子を置いて、出かけること自体 咎められますし、
授乳の時期は薬の服用もやはり心配です。

どうしたらよいのか解らずにいる間に、
生まれたての赤ちゃんはおっぱいを欲しがり、
おむつも取り換えなくてはなりません。

また、今は特に30代で子どもを産む方が増えています。
それまでキャリアを積んできた女性が
今度はいきなり専業主婦になり、母になる・・・。
その環境の変化は、心身ともに、かなりしんどいものです。

夫はと言えば、ちょうど働き盛りの頃・・・。

どうしても、隙間が出来てしまうのも
仕方のないことなのかも知れません。

また、お話を伺っていてとても感じたのは、
実母と、夫や子供との間に板挟みに立ってしまう母親が
とても多いことです。

「育児の常識」と言われるものも、
特に乳児期は、年々変わっています。

おむつの材質や授乳時間などきっちりされるる方は
自分もそのようにきっちり育てられていることが多いので、
その実母に「今は違うよ」と言えずに
ストレスになることが、多いのですね。


助産師会で、「孫育て講座」を開く予定だそうですが、
やはりお産も子育ても、
そういった風にみんなで援助していく必要があるのだと感じました。

また、自分のあり方や生き方や親との関係性が
深く問われるものだと、つくづく感じます。


まるで子宮は、それまで脈々と続いた過去世すべてを
覚えているように感じられて仕方がありません。


お産が変わるとすべてが変わる・・・
という言葉の深さを感じ入りました。



ところで、たまたま偶然にも、そこの会場で、
そのドキュメンタリー映画「うまれる」の監督夫妻と 
お会いしました\(^0^)/

この秋映画が「うまれる」と同時に本当に
この秋、奥様も「うまれる」ので、
もうかなり大きなおなかをしていらっしゃいました!

また、丁度、お腹の子どもは女の子だと分かった、
記念日だったようでした^^


今度、その監督・トモさんは、
10月3日(日)「女性と仕事の未来館ホール」で行います
「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」
~池川明・澤谷「いのちの絆の物語」出版記念講演会~
の講演会の中のパネルディスカションのパネラーとして
大阪へのご出張先から、駆けつけてくださる予定です!

また「たましいの助産師」と言われる須江孝子先生もお招きして、
子育て支援の一番の大元である、母親支援について、
実際に子育てをされて来られたご経験に基づき、
また助産師というお立場からも、お話頂く予定です。

10月3日(日)の講演会では、
パネルディスカションを行う予定ですが、
お申し込みの際に、いただきましたご質問やご相談に基づいて、
先生方にお答えいただいたり、お話いただく予定です。

現在お申し込みいただいておりますみなさま
とても真摯にご自身と向かい合われていらっしゃるご様子が
とても伝わって参り、
身の引き締まる想いでおります。



今、孤独な母親たちが、
誰よりも分かち合いたいのは夫であり、家族です。


でも、また今後、病院の先生方、カウンセラーの先生、助産師さんや学校関係の方々など、
いろいろな方々とのご縁を結んで、
社会的にも、サポートし合いながら、
みんなで子育てする時期に入っているのだと痛切に思います。


もしかしたら、子どもたちは、今の世の中を変えるための
一番のメッセンジャーなのかもしれない・・・


そんな風に感じるからです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NPO MOTHER’S NET主催
ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!
池川明・澤谷鑛 共著「いのちの絆の物語」出版記念特別講演

プログラム
13:00~開場  受付開始 
13:00~開演   司会挨拶・MOTHER’S NET 代表 挨拶
        祝辞のお言葉 (しちだ教育研究所・七田厚氏) 
13:46~14:25 澤谷先生ご講演~しあわせな人生を満喫する。
14:26~15:00 池川先生ご講演~子どもは親を選んで生まれてくる。
15:00~15:15 休憩(本の販売)     
15:16~16:30 パネルディスカション
~親子の絆・夫婦の絆・家族の絆~
     (パネラー) 澤谷先生・池川先生・須江先生・豪田トモさん
16:30~16:40  MOTHER’S NET代表 挨拶・司会 閉会のあいさつ
         アンケート記載   
16:40~17:00  本の販売(サイン会)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家族としての絆を結び直すことで幸せになり、
自分で親を選んで生まれてきた意味や
今生の使命が明らかに!

■ 日時: 10月3日(日)
13:30~16:30(13:00開場)
■ 会場: 女性と仕事の未来館ホール 東京・田町
http://www.miraikan.go.jp/access/index.html

東京都港区芝5-35-3 tel:03-5444-4151
JR 田町駅三田口(西口)徒歩3分
地下鉄(都営浅草線・ 都営三田線)三田駅A1 徒歩1分
■ 参加費: 3,000円(当日3,500円)
※パートナー・ご家族と一緒に事前お申込の場合 
                 おふたりで 5000円
※生活保護を受けていらっしゃる方・障がい者手帳をお持ちの方
                ・その付き添いの方  500円
おこさま: 中学生~19歳まで 500円 (小学生以下無料)

■ 定員: 先着250名 お子さまやご家族でのご参加大歓迎!
            お子様の声はBGM♪

■お問い合わせ・お申込みは:MOTHER’S NET HP http://mothers-net.com/


また、只今、「いのちの絆の物語」ご予約ありがとうキャンペーン中です!
今しかない・・・他ではないプレゼントがいただけます!
是非こういった機会にお求めください。

そして、本が届きますのをどうぞ楽しみにされてて下さいね!
子育てや人生に躓きや生きづらさを感じている、悩める母達へ・・・

是非お届したい一冊です!


お申し込みは、コチラ
http://mothers-net.com/?page_id=55



スポンサーサイト

<< 我が家の終戦記念日 | ホーム | 父親たちで考える「産後うつ」(前) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。