プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増える再婚家庭

Gooリサーチによると、

【 離婚率は依然高く、2007年は254万7475組が離婚している。
独身者の晩婚化にも歯止めがかからない。
国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」を見ると、
男女が出会って結婚するまでの平均交際期間は
1987年の2.5年から2005年には4.1年となり、
18年間で1.2年長くなっている。
初婚年齢も上昇を続けていることから、
「相手はいるが結婚しない」と結婚を引き延ばしする傾向が強い。


 未婚者は減らず離婚は増えるのに、婚姻数は変わらない。
その理由は、再婚の増加にある。
「夫婦どちらかが再婚」または「夫婦ともに再婚」という再婚夫婦は1975年以降数を増やしていき、
2005年には全婚姻数の25.3%に達した。
総じて言うと、日本人は「毎年70万組が結婚し、
うち3組に1組が離婚し、4組に1組が再婚する」ということになる。
離婚に対する抵抗感が薄れているなかで、
それでも結婚を前向きに考えている人が多いことがわかる。 】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、今は本当に再婚家庭が増えているらしいです。

そんな子連れ再婚家庭(ステップファミリー)のために、SAJ は
貴重な講演資料の、無償配布を始めました!

読み応えある資料です。
ぜひぜひ、当事者のみならず家族支援の専門家の方々にもおススメです!
無料ですから、どんどんお知り合いにもお知らせください。
本資料は、2001年11月に行われたSAJ主催「ステップファミリー支援イベント」の実施報告書(抜粋・再版)となります。

当初このイベントおよび報告書の作成・配布は、助成金事業として完了しました。
その後10年の歳月を経ましたが、本資料にこめられた情報やメッセージは、現状の日本の家族社会においていまだ大変有益であると考え、再発行を決定いたしました。

ステップファミリーという家族形態の特徴、その多様な課題、家族発達の様子、その概要をわかりやすく解説された内容となっています。
より多くのステップファミリーの当事者、プレステップファミリー、
そして、彼らにかかわる人(親族、援助者、また家族にかかわる専門機関の方々)に読んでいただきたく、SAJ発足10周年を記念し、本資料は無償配布(電子ファイルのみ)といたします。

ダウンロードはこちら↓
http://www.saj-stepfamily.org/renew/news/article/

★SAJ10周年記念★希少資料無償配布(PDF)
(PDF)までコピペしてください
もしくはトップページから、お知らせを参照してくださいね
http://www.saj-stepfamily.org/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一番下の娘がまだ小学校低学年の頃、同じクラスの女の子の家に
連絡網を回すと、いつも決まって、その家庭は、お父さんが電話に出ていました。
時には揚げ物を揚げている最中だったり・・・
時には、お風呂にお湯をためているところだったり・・・
受話器から漏れ聞こえてくる音に 敏感に反応したばかりでなく、
経験からか、私の動物的直観は働き、ズバリ!父子家庭でした。

「何かございましたら、私はたまたまPTAをしていますので、
何なりとお気軽におっしゃってくださいね」

「妻が出ていってしまってからは、子どもの夕食などの面倒は
NPO団体を見つけて、そこにお願いしていますので、まあ大丈夫なのですが、
何かありましたら、ぜひよろしくお願いいたします」
と丁重に言われました。

それから、2年の月日が経った頃、兄弟が出来た話が噂に流れました。
もともと上にお兄さんがいたのですが、
そのお兄さんと同じ学年の兄弟が出来たというのです。
再婚されたのだと すぐ思いました。
しかも、我が家と同じように、子連れ同士の再婚です。


しかし、それから1年位経った頃でしょうか・・・。


娘のそのお友達とそのお兄さんは
実母の元へと引っ越して行きました。

ああ・・・うまく行かなかったんだ・・・

我が事のように胸を痛めました。

あんなに子煩悩そうだったお父さん・・・

「今度こそしあわせになるぞ!」と思っておられたであろう
家庭がたった1年足らずで 壊れていったのです。

今、どんなお気持ちでおられるだろうか・・・と思ってみると・・・


それはその家庭の誰にとっても 同じだけのダメージであり、
それはその家庭の誰にとっても 同じだけの課題なのだと思いました。


離婚にはかなりのエネルギーを必要としますので、
その分、再婚にもかなりの期待をもってしまうし、
肩に力も入ってしまいます・・・。


そんな時に、
この資料は、読んでおいて良かったと思えるものかもしれません。




でもなにも、人生に臆病になる必要なんて、ありません。
直感を信じ、体当たりで臨んで大丈夫だと思います^^


私もこの再婚生活は、あるべきようにあったのだと
今では本当に感謝していますから・・・。





スポンサーサイト

<< ドラ息子 | ホーム | 本当に読売新聞に掲載されました! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。