プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」東京・田町 Ⅳ(寺崎慈子さんの歌のプレゼント・須江孝子先生と豪田トモ監督さんのお話)

この第一部の講演会が終わり、休憩時間に、よっこさんこと寺崎慈子さんに
歌のプレゼントを頂きました。
タイトルは「おかあさん おかあさん」で、作詞はSundayさん
よっこさんの低音の魅力とBGMの子どもの声♪ のハーモニーが
肝っ玉かあさんのような安心感を醸し出します。

いつかきっと、池川先生とのコラボをすることが 夢だったいうよっこさん。
その歌の内容も、子どもが生まれてくる前におかあさんを選んで生まれてきたのよ♪
という内容で、すっかり会場全体を愛で包んでくださり、
第一部を締めくくってくれたような感じが致しました。

今も私はしょっちゅう、台所仕事をしながら、「おかあさん おかあさん」て
口ずさんでいます♪

さて、第二部はパネルディスカッション「親子の絆・夫婦の絆・家族の絆」です。
パネラーは、池川先生、澤谷先生 
そして、ドキュメンタリー映画「うまれる」の豪田トモ監督、
助産師の須江孝子先生で、ナビゲーターは、私が務めさせて頂きました。

これは、講演会にお申込されると同時に、
いただきましたご質問・ご相談の内容に則して行う予定でしたが、
ご質問の内容が多岐にわたっておりましたので、先生方と検討させていただき、
「子育てについて」「学習障碍について」と
「家族の絆」についてという二つのテーマにつきまして、
先生方にお話合いいただくことに致しました。

それぞれのご質問に関しましてのご回答は、既に だいぶ先生方から頂いております。
近日中にアップしますので、
是非、MOTHER’S NETのHPやブログをご覧下さいね!
ホームページ:http://mothers-net.com/
ブログ:http://ameblo.jp/mothersnet/


ところで、まず助産師の須江孝子先生から自己紹介がございました。
須江先生は長年助産師として働かれましたが、
余命6カ月という末期がんを抱えていらしたころ、「水の舞」という個人セッションをうけ、生まれ変わったようなすがすがしさを体験し、がんを克服されます。
その後、出張助産師として生きなおすことができたそうですが、
「今後、これまでの経験をしっかり伝えるように。」と声が聞こえ、
独自に開発されたやり方で、伝えていらっしゃいます。
母親の胎内の羊水を思い出すような・・・またこの地球に誕生したころを思い出すような・・・
そしてまた、人間として進化する前を思い出すような・・・
そんなセッションをして下さいます。

私も伊豆修善寺の古き佳き温泉で、須江先生のセッションを受けたことがございます。

これまでの人類の歴史のすべてを
自分の核となるたましいにぎっしり詰め込んでいる、
とても基本的なことを思い出させてくれる・・・そんなことが体感できるセッションです。

日本に昔から培われ、継承されてきたはずの、すばらしい子育てやお産にまつわる智慧、
また育児という伝承文化をもう一度きちんと見つめ直したいということで、全国各地でご活躍されています。
人生のスタートを切るお産を通して、親子の絆をしっかりと結んで欲しいという熱い想いをお持ちの先生です。

Dolphin-space http://dolphin-space.seesaa.net/


ドキュメンタリー映画「うまれる」監督の豪田トモさんですが、
彼は、出産に感動してこの映画を作ったわけではなく、
不仲だった自分の両親と仲直りがしたくて、映画を作り始めたのです。

といいますのも、4つ下に生まれた障碍を持った弟さんに
つきっきりのお母さんと、企業戦士のお父さんの間に育ち、
親の愛情を感じることができずに大きくなったそうで、
反抗期が長く続いたそうです。
自分で「それは良くない」と解っていても、
(・・・そこですね・・・反抗している本人て、
良くないってちゃんと解っているんですね^^)

親と仲直りをするってどうしたらよいのかわからない・・・。
愛するとか 愛されるとかどうしたら良いのか解らない・・・。

そんなとき、池川先生の怪しげな(笑)
雲の上から親を選んで生まれてきたという話に出会い、衝撃を受けたそうです。
怪しげと思いつつ、
「あれ?そうかな? 俺が選んだとしたら、何だか自分にも責任がありそうだ。
お母さんはあの時大変だったよな・・・」
とどんどん思考が広がって行き、
「子どもは親を選らべない」とずっと思っていた彼が、
思いや考え方を変えることが出来たというのです!

この気持ちを何とか映画にしたいと思ったとき、
その1週間後には、早速池川先生のところに行き、ご相談したということです!
このような3年越しの想いの後、完成するということになったのです!

私が初めてこの「うまれる」の制作前イベントに参加させていただきましたのは、
昨年の12月5日でした。
その時、やはりこの彼の動機にとてもとても感動し、
会場にいらっしゃるお母さまのお気持ちを思うと、泣けて泣けて仕方がありませんでした。
そして『いのちの絆の物語』の出版が決まりましたとき
「トモさんに帯を書いていただこう!」と直ぐにそう思いました!

その出版が決まりましたのは、今年の5月の連休の頃、
いっちばん、トモさんが、お忙しい頃です。
ですのに、トモさんはお忙しい中、この『いのちの絆の物語』を
全部読んでからでないと、推薦は書けませんからと律儀におっしゃり、
すべてをお読みくださり、そして顔写真つきの推薦の帯を飾って下さったのでした!
お若いのに、その律義なお姿に、ますますファンになりました!

映画「うまれる」 http://www.umareru.jp/
11月6日より封切り 全国劇場情報: http://www.umareru.jp/cinema/

(つづく)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ママたちの心のデトックス広場☆

心の奥深くにあるものをデトックスする前に、感情の蓋を外す作業が必要です。

◇ 日 時:10月21日(木) 10:00~12:00
◇ 場 所:京橋区民館

http://mappage.jp/S/S04.php?X=2.4395261600008&Y=0.62261698000033&L=12&PKN=13102S040003
◇参加費:無料
◇定 員:18名 

お問い合わせ/MOTHER'S NET HP : http://mothers-net.com/
お申し込み/ info@mothers-net.com

................................................................


MOTHER'S NET ブログ:「ママの心を抱きしめて」
http://ameblo.jp/mothersnet/



スポンサーサイト

<< 「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」東京・田町Ⅴ(パネルディスカッション~子育てのイライラ・発達障がい) | ホーム | 「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」東京・田町Ⅲ(池川先生ご講演) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。