プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」東京・田町Ⅴ(パネルディスカッション~子育てのイライラ・発達障がい)

さてさて、自己紹介の後は、いよいよパネルディスカッションですが、
昨日も書かせていただきましたように、
大きなテーマに分けて、お話が繰り広げられました。
まず最初の大きなテーマは「子育てのイライラ感」と「発達障碍について」で、
これらのテーマに関しましては、主に池川先生と須江孝子先生にお話いただきました。

□子育てのイライラ感について・・・
♥須江先生から~

忙しい生活の中の親なりの葛藤の中で、つい怒ってしまって、自分を責めてしまう・・・
それは大抵の方が経験していることではないでしょうか・・・。
いつもいいお母さんを見せる必要はないし、
「あ、しまった!」と思ったら、
その後で「ごめん」て謝ることが必要ではないでしょうか。
驚くほど観察力が鋭い子どもたちは、
「人として同格でしょう?」って、冷静に親のことを思っていることを
忘れないであげて欲しいですね。

♥池川先生から~

「子どもは親にイライラさせるために」生まれてきているんです^^
怒っても構わないけれど、絶対に必要なのは、親の愛情。
生きて産まれてくることも、死んで産まれてくることも、
その子ども自身が決めてきている・・・
だとしたら、今日子どもが生きていて、明日も生きているとは限らない。
死んでゆく子ども達について、キューブラ・ロスが書いていますが、
「おはよう!」と言えることがどれだけ幸せなことか・・・
多少のお行儀の良し悪しより、多少の成績の良し悪しより、
何より、生きてることの方がよっぽど大切でないですか・・・。
それは、ご主人だって同じこと。
「ただいま」と言って帰ってきてくれることこそ、大切ではないでしょうか。
毎日のことだから、それが当たり前になって、怒りたくなるのですね。

♥澤谷先生から~

以前、クライアントさんで、
不安・コンプレックスをいつも抱えていた彼女が、結婚することになった。
披露宴が終わったとき、最高に幸せを感じたのだけれど、
その後、急に不安を感じはじめた。
今が最高だとしたら、明日から落ちるに決まってると・・・。
そもそもその心の展開を調べてみると、小さい頃おばあちゃん子だった彼女は、
「それをしてはいけません、あれをしてはいけません」と禁止の言葉が続いていたらしい。
イライラすることに関しても、
自分の心の在り方を覗いてみる必要があるのではないでしょうか。

♥豪田トモさんから~

僕自身、子育てをしたことがないので、何とも言えないけれど、
この映画作りを通して、父親ととても仲よくなることが出来た。
もうすぐ、パパになる僕自身も、自分の中での父親像ができていったのだけど、
「家族って凄くいいな~」と思うようになった。
映画の封切りが、11月6日。子どもの出産予定が11月17日。
早く僕は、子育てしたくてしょうがない^^
夜泣きして大変なのも、経験したい^^
オイオイ・・・と子どもを追いかけてみたい^^

□発達障碍について

♪池川明先生より~
この発達障碍に関しては、
記憶力がいいとか特別な才能を持っているとかはよくうかがいますね。
また、右脳の発育がとても凄いので、
しちだチャイルドアカデミーの右脳開発がとても有効だとも聞きます。
出来ないことをさせようとするから、出来ることがダメになってしまう
出来ることを伸ばしてゆくのが教育だと思います。
お母さんたちは本当に大変だと思うけれど、
その子たちに見込まれて、お母さんになったのですね・・・。

♪須江先生から~
全体的に発達障碍は増えているのだけれど、そのご両親の資質が高いことが多いです。
アインシュタインとかはアスペルガーだったとかいうし、
そのお陰でこの世の中はとても助かっているわけですね。


♪澤谷先生から~

ただ発達障碍と言われるものって、本当に発達障碍なのであろうか・・・
ほんのちょっとのことで「発達障碍」と決めつけているようなところもあるのでは
ないだろうか・・・。
うつ病にしても、こころの傾向をうつ病という風に「病気」と診断してしまうのは
どうかと思う。
発達障碍に関しても、そういった部分もあるように思えてくる。

ここで、いただきましたアンケートより~

【 群馬県在住40代 女性 】

自分の子どもの育てにくさなど、多々想うことがあり、伺いました。
自分も親を選んで生まれてきたと思うと、視野が広がりました。
また、学習障害やイライラについて、それも子どもが選んで、
親の成長のために来てくれたと思うと、何か感じるものがあります。

【 埼玉県在住 60代 男性 】

68歳を振り返ってみたかったので参加しました。
ひと言で表現するのは難しいですが、素晴らしかったです。
いのち・生命・絆・・・とても素晴らしいテーマです。

【 埼玉県在住 30代 男性 】

3人目を授かりそのタイミングで講演会に行く時間が作れて本当に良かった。
両先生方には2~3倍の時間が欲しかったが、今回はエッセンスのみ聞けて良かった。
パネルディスカッションも、バランスよく話が振られていて、内容もとても参考になりました。
今後も、子育てや母親のための企画をされると良いと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ママたちの心のデトックス広場☆

心の奥深くにあるものをデトックスする前に、感情の蓋を外す作業が必要です。

◇ 日 時:10月21日(木) 10:00~12:00
◇ 場 所:京橋区民館

http://mappage.jp/S/S04.php?X=2.4395261600008&Y=0.62261698000033&L=12&PKN=13102S040003
◇参加費:無料
◇定 員:18名 

お問い合わせ/MOTHER'S NET HP : http://mothers-net.com/
お申し込み/ info@mothers-net.com

................................................................


MOTHER'S NET ブログ:「ママの心を抱きしめて」
http://ameblo.jp/mothersnet/



スポンサーサイト

<< 「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」東京・田町Ⅵ(パネルディスカッション~家族の絆) | ホーム | 「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」東京・田町 Ⅳ(寺崎慈子さんの歌のプレゼント・須江孝子先生と豪田トモ監督さんのお話) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。