プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」東京・田町Ⅵ(パネルディスカッション~家族の絆)

次のテーマは「家族の絆」です。
シングルの方や子連れ再婚など、今いろいろな家族の在り方があることで、
家族の絆ということを考えた時、どのようなことが考えられるでしょうか?

♥ 澤谷先生から~
そもそも絆というのは、糸へんに半分と書いて、「絆」というのだけれど、
絆を持つというのはお互いに縛られるという意味でもあり、
その上でいろいろなことを学んでいくのです。
いい絆ばかりではないから、悪い絆は解いて絆を結び直す。
そこで、マイナスの想念をデトックスすることが必要ですね。
それから、特に「夫婦の絆」というのは余程の縁あってのことだと思いますね。
また男性原理というのは社会の秩序を現しますので、
警察官や校長先生がどうも嫌いだという方など、
そういったことを考えてみると良いと思いますよ。
産まれて一番最初に出会う人が、父親や母親ですから、
その親からの影響がとても影響しますね。
そしてそれがご主人との関係にも影響してきたりもします。 これは心の法則ですね。


♥ 豪田トモさんから~

「家族の絆」とか「いのち」の尊さとかって、頭で解っていることではあるけれど、
いろいろな家族を映画制作を通して、一番の大元って親子関係なのかな?と思いました。
映画にも出てくる、ある家族ですが、小さい頃から虐待を受けていたので、
自分も母親になったら虐待をしてしまうんではないか・・・と思っていたって言うんです。
親子の連鎖を考えた時、親からされたことは自然にしてしまう・・・かもしれない・・・。

僕も、親との仲直りをしたいと思って、この映画を作ったけれど、
自分の父親も自分の親との仲直りをしたいと思っていたらしんです。
そういう連鎖てすごくあるんだなと思いました。
映画制作のスタッフの中にもそう言う人がいて、
和解できずに、亡くなられたお父さまとのことをまだ引きずっていて、
息子さんとの関係もよくない方もいらっしゃいます。
そしてまた、両親がいなくて自分は育てられていないので、
どうやって育てたらいいのか解らないという方もいらっしゃいます。

それからまた、男性って胎動を感じることもできないし、
ただ自分の奥さんのお腹が大きくなっていくのを見ても
そこに赤ちゃんが入っている実感がない。
でも、それでも、「いい父親になりたい」と思っていて、
「それなのになり方が解らない・・・」というのが正直なところだと思うんです。
男性を出産・育児に巻き込むかは、結構大切な部分ですね。

♥ 池川先生から~
ただ、男性が育児にのめりこみすぎても、また怖いようですよ。
ジョン・レノンがそうだったそうで、
自分も一時娘の送り迎えをした時期がありましたけれど、とても幸せな時間でした。
きっと女性と男性って、感覚の違いってのかも知れませんね。

それから、シングルであっても、お子さんの胎内記憶でも、
親がひとりということを、解って生まれてきているので、
毎日一所懸命生き抜くことが大切だと思いますよ。
お母さんひとりで育てられた場合、お子さんは本当にお母さんを見て、応援している。
もうちょっと余裕を持って、その子どもの心を解ってあげれたらいいなと思います。

「光を求めて」という最近いただいた、
山城美智子さんという方の本にも書かれていますが
そこにも、いろいろヒプノセラピーとか出てくるのですが、
自分の感情は、過去の経験の中にあることがありますね。
また、それは自分のお父さん、お母さんの経験でもあったりします。
そこに連鎖してる部分があったとしたら、どこかで断ち切りたいですね。
いい意味か悪い意味か解らないけれど、
そこに意味があってうまれてくるのでしょう。
そこは、気がついた人が断ち切るしかないですね。

♥ 須江先生から~

負の連鎖の真っただ中の方のお話をしたいと思うのですが、
私は水の中でのセッションをしているのですが、
癌の80(歳)過ぎのおじいちゃまなのですが、
その娘さんから、お話いただいたのですが、
お父さんは弟のことを小さい頃物凄く、虐待していたらしい。
お風呂で真っ裸にして、虐待していて、娘さんが止めに入っていた位だったらしんです。

今は、癌で余命いくばくもないそのお父さんだけれど、
感情に蓋をしたものがあって、それがもしかしたら
お父さんもされていたことだとしたら、
誰かが、そこで許すしかないですよね?
負の連鎖は気づいたところで断ち切っていくしかないのだと思います。

アンケートから~

【 千葉県在住 女性 】

とても引き込まれるように聴かせていただき、来て良かったと思いました。
人のいのちの尊さを改めて感じました。
親と子の絆の連鎖。それを気づいた人が断ち切るというお話が印象的でした。
また、子どもを育てるのに、8人の人手が要るという話ですが、
母はひとりで私を育ててくれたことに想いをはせ、とても有難いことだと思いました。

【 神奈川県在住 女性 】

澤谷先生のお孫さんのゴーヤのお話はとても真をついていていいな~と思いました。
池川先生のお話は何度聞いても楽しいです。
とても内容が豊富で充実したパネルディスカッションでした。
特に、絆や負の連鎖について・・・私自身改めて、自分の親、
そしてそのまた親の因果関係について見つめてみようと思いました。
同じ内容でPARTⅡを企画されてみてはいかがでしょうか?

【 東京都在住 50歳女性 】
人生はジェットコースター、最後には幸せだったと思える気がしてきました。
今を楽しんで生きます!
負の連鎖を断ち切ります!
それから、須江先生の重金属、添加物が如何に子どもや出産に悪影響を
与えるかのお話をもう少し聞きたかったです。


(つづく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ママたちの心のデトックス広場☆

心の奥深くにあるものをデトックスする前に、感情の蓋を外す作業が必要です。

◇ 日 時:10月21日(木) 10:00~12:00
◇ 場 所:京橋区民館

http://mappage.jp/S/S04.php?X=2.4395261600008&Y=0.62261698000033&L=12&PKN=13102S040003
◇参加費:無料
◇定 員:18名 

お問い合わせ/MOTHER'S NET HP : http://mothers-net.com/
お申し込み/ info@mothers-net.com

................................................................


MOTHER'S NET ブログ:「ママの心を抱きしめて」
http://ameblo.jp/mothersnet/




スポンサーサイト

<< 「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」(東京・田町)Ⅶ(パネルディスカッション~産後鬱) | ホーム | 「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」東京・田町Ⅴ(パネルディスカッション~子育てのイライラ・発達障がい) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。