プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今思うこと・・・感謝を込めて・・・

昨年10月24日(土)に、澤谷先生と池川先生のトークライブショーを
浅草で初めて企画・運営させていただきました時は、
たったひとりのMOTHER’S NETでした。

その企画について考えている最中に、私のしたいことが明確になっていき、
MOTHER’S NETという名前がついたのです。

それから、その「トークライブショー」を本として纏める話が浮上し、
徹夜で録音筆写して、先生方からの新しいお原稿もいただき、
目次や原稿という素材は既に、11月中旬には出来上がっていました。

しかし、今は本が売れない時代です。

なかなかOKを出して下さる出版社に出会えず、
彼これ、10社近く回った挙げ句、
やっと『いのちの絆の物語』(池川明・澤谷鑛著:南方新社)
の出版が決まったのが、
年も明け、5月の連休後の5月8日の事でした。

また、偶然にも次の日の5月9日は「母の日」で、
その日が初めての団体としてのMOTHER’S NETの
第一回目の運営委員会を迎える予定だったのです。

mixiやブログで、大まかな理念をお伝えしたところ、
集まって下さった10名ほどの方々・・・。

その中には、5月4日というたった数日前の第二回目の
「愛ある医療」という講演会で、
初めてお会いした方もいましたし、

5月9日の運営委員会当日、初めてお会いした方もいました。

そうそう、そう言えば、6月12日には、
池川先生の講演会をする計画をひとりで立ててもおりましたので、
その池川先生の講演会にみなさん、釣られたのかも知れません^^

それから、6月12日の池川先生の講演会も無事に終え
下旬に和みのヨ~ガを銀座で終えて、それからです!

このイベントに向けて、みな必死に走ったのは・・・。

「折角の出版記念だから、ただの記念に終わらさずに、
みんなで「親子の絆・夫婦の絆・家族の絆」について考えようよ!~」

すると本当に不思議なことが次から次へと起こったのです。

本の方も、杉田明維子さんに、表紙画を描いていただくことになり、
帯も「うまれる」の映画監督・豪田トモさんが
飾って下さることになりました!

また、「待ってました!」とばかり、
必要な人がそれをまるで知っていたかのように、
必要なものを持ってきてくれたり、必要な情報を持ってきたり、
まるで魔法にでもかけられたように、何故かそこに現れるのです!
パンフレットの印刷をお願いすれば、
とても興味がおありの方をご紹介くださったり、
「こちらでお配りしましょうか?」と、
こちらからお願いしなくても、言ってくださったり・・・
Mixiでメールをすると、みなさんが「私のコミュに載せていいよ!」
と言って下さる。
自宅にパンフレットを数枚送って下さいとおっしゃっる。
そのうち、「歌のプレゼントをしましょうか?」と言って下さる方が、
おふたりもいらして・・・その方々のHPにも載せて下さり・・・。
澤谷先生や池川先生のHPだけでなく、
「うまれる」のブログにも、しちだ先生のメルマガやブログにも、
読売新聞の広告も・・・です! 

本当に不思議な数か月でした。

毎週末みんなで集まり、数週間前からは、毎晩深夜まで
メーリングリストが飛び交いました。
そこで話し合う内容は、かなり濃かったように思います。

勿論みなさん、日中はお仕事をしていらっしゃる方が殆どですから、
かなり睡眠不足にもなられたことでしょう。
また、ボランティア団体ですから、出来る人が出来ることをやる・・・
というのが基本的なスタンスですが、
またひとりひとり違うのですから、心の温度差というものは、
あって当然です。

ですのに、誰ひとりとして、欠けてはならない存在になり・・・
当日を迎えることになりました。

前日、急に体調不良により、司会を務める予定だったものが、
参加すら出来なくなりました。
でも、ちゃんと直ぐに「司会」に手を挙げてくれる人がいたのです。
しかも、後から思うと、彼女は、事前打ち合わせにちゃんと
参加していて、司会のシナリオにも、ペンをとっていたのでした。

当日の様子は、もうすでに皆さんにお伝えした通りですが、
講演会が終了し、会場から出て来られた方々に
御挨拶をさせていただいたとき、
何か、私は、不思議な感覚にとりつかれたのです。

肉体もちゃんとそこにグランディングしていますし、
意識もはっきりあるのですが、

これは私やみんながしたいことだったにせよ、そうではない・・・
何か、これは誰かに操られていたような、
ただ、身体をいい様にお貸ししたような
・・・何だかそんな不思議な感覚でした。

みんなで打ち上げをしているとき、
司会をやってくれたものが泣きじゃくりながら、
感謝の言葉をのべていました。

「これまで本当に本当に大変だった子育て・・・
3人の息子3人とも発達障碍と言われて、
本当に本当に辛かった数年間・・・でした。
それが、今日司会をしていたら、
大事な大事な主人も、子ども達も、そして母も、
嬉しそうな顔をして晴れの舞台を見守ってくれていて・・・」と・・・。
みんなそこにいたスタッフは、男性陣すら、泣いていました。

講演会終了後・・・彼女のお母さまが、いらっしゃり・・・

「本当に娘がお世話になっております。
今日の講演会、本当に素晴らしいものでした。
本当にありがとうございました! 
孫もしっかり私の隣で聴いていましたよ^^
何の変哲もないお煎餅ですが、
どうぞ、これをみなさんで召し上がってください」
と言って渡して下さったお煎餅を

居酒屋さんで、みんなで分けていただいたのでした・・・。

涙の塩味のきいた、美味しいお煎餅でした。

これっぽっちの見返りや私利私欲などなかった その時、
本当に本当に大きな大きな贈り物が与えられて・・・
みんなと共に、本当の意味で働かせていただいた、
最高の数ヶ月間でした!!!

本当に皆様方、ありがとうございました!!!

返って、私たちの方がたっくさん贈り物を頂いちゃっているように
感じます^^

これからも、私たちMOTHER’S NETの活動は続きます。
これから毎月の地道な活動と、カウンセリングと
年に2回ほどの大きなイベントをメインに
悩める母たちへ、家族の絆の結び直しと生きがいを応援し、
子どもも大人も心豊かに育ち合うことを目指していきたいと思います。

来月はきっと「親父の会」も立ち上がることでしょう^^

どうぞ楽しみにしていてくださいね!

また、今回の講演会のお申込の時にいただきました
ご質問・ご相談の内容に関して、
先生方からいただきましたお応えを
こちらに少しずつアップしていきますので、
ぜひ、参考にされてくださいね!


MOTHER’S NET オフィシャルブログ: http://ameblo.jp/mothersnet/

MOTHER’S NET HP: 今後のお知らせも載ってま~す! http://mothers-net.com/



スポンサーサイト

<< 「たまごクラブ」11月号に掲載! | ホーム | 「ママ、みんなで幸せになるために生まれてきたよ!」(東京・田町)Ⅷ(おわりに) >>


コメント

打ち上げでの涙。。。

紅林さん

こんにちは。ラムです。

先日は本当にありがとうございました。

司会をされていた方の打ち上げでの言葉は、
本当に素晴らしかったですね。

何かに必死で向き合ってこられた人って、こんなに美しいのか!と言葉を失いました。

そして、それを聞いていらっしゃる皆さんの涙にも、殺伐とした世の中のように言われるけれど決してそんなことはないと強く感じました。

私の場合は、
本当に悲しいときは涙が出ないと言いますが、
本当に心をわしづかみにされると、体も動かなくなりましたが涙も固まるのだと知った一時でした。

本当に素晴らしい場をありがとうございました。




またきっと・・・

ラムさん

自分と向かい合う厳しさを
ラムさんもきっとかなりご存じだからこそ、
そういった温かいお言葉をくださるのでしょう。

どんなに殺伐とした世の中でも・・・

それぞれに、誰ひとりとしてかけてはならない
大切な存在であることを

私も痛切に感じ入ることができた時間でした。

ラムさんもラムさんしか演じることはできない尊い人生を
どうぞ大切にしてくださいね・・・。

またお目にかかれます日を楽しみにしています!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。