プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 お知らせ 】小児科医・向後利昭先生のお話会&オープンカウンセリング

先日、赤ちゃんの写真が写った年賀状が届きました!
最近、オメデタのお話はあまり聞かないので、あれ?と思ってみてみたら、
何と!昨年、6月に開いた池川先生の講演会にいらして下さった
お若いご夫婦からだったのです!

その池川先生の講演会に、キャンセル待ちだったそのご夫婦は、
運良くキャンセルが出て、ご参加いただいたのでした。
その時、奥様のお腹には、6か月くらいの赤ちゃんがいらしたのです。

また、その時に、ご紹介させていただいた9月の小田原での
池川明先生と小児科医の向後利昭先生の講演会でも、お会いしたのです! 
びっくりしました!
まだきっと20代~30代前半のご夫婦ですが、
かなりお腹が大きくなられた奥様を見守るように
ご主人さまも一緒に熱心にお話を聞かれていました。

そしてまたその後も、ご主人さまとは
「子育てレシピ」というセミナーで、偶然お目にかかったのです!
もうホントびっくりでした!

そのご主人はイクメンを目指し、会社でも初めて育児休暇を取られたとか・・・
ご主人も奥様も、ご実家が遠いので、
どこにも誰にも頼るところがなかったから・・・と・・・。

子どもひとり育てるのに、8人の助けが必要・・・と言っておられた
豪田トモさんの言葉を思い出しました。

助け合いながら、みんなでみんなの子どもを育てていかれたらいいな~と
頂いた年賀状を見ながら、感じ入りました。

ところで、
その小児科医・向後利昭先生のお話会&オープンカウンセリングの
お知らせです!

     *        *         *

小児科の診療を通してたくさんの親子の姿を常に観ておられる小児科医・向後 利昭(こうごとしあき)先生より、心と体の繋がりという視点から、親子の絆の結び直しのヒントを頂きたいと思います。 
臨床心理士としての資格だけでなく、未来の子ども達のために、深い思いと想いをお持ちの向後先生は、心とその奥にある大切なもののお話も交えながら、「子育て」という現場で、深く思い悩まれるお母さま方を心から応援され、診察室でもお母さまとじっくりお話されるそうです。

また、お話会の後半の オープンカウンセリングでは、ご参加くださいました方々とじっくりお話できますように、ご参加の人数を先着25名さまとさせていただきます!
このような機会はめったにございませんので、ピンとこられた方は是非お早めにお申し込み下さい。


□ 日時: 3月13日(日) 13:30~16:00 (開場13:15 )
□ 場所: 男女共同参画センター・横浜(フォーラム)2階・
セミナールーム3 
JR・横浜市営地下鉄戸塚駅下車 徒歩5分
□ 参加費:1,500円(ご夫婦でご参加の場合2,500円)
□ 定員:先着25名さま
□ お申込はこちら→ info@mothers-net.com
* お子さん連れの方へ~託児あり(1歳半~就学前)
  新規登録料1000円、1時間500円
  託児お問い合わせ 045-862-4750

お問い合わせ・お申込み:
NPOMOTHER’SNET  http://mothers-net.com/

E-mail address:: info@mothers-net.com   
電話 :090-3431-6476 / FAX 045-891-9655

♪ 向後 利昭先生からのメッセージ♪

昨今、人は考えられないような残虐事件などが起こっています。      
何故このような現象がおこるのか? 
人としての成長や発達に何か問題があるのでは? ・・・と、様々な疑問が出てきます。
子育てとは、「天からの預かりもの」である子どもを育てる「智慧」です。
また「智慧」とは、「知識」の寄せ集めではうまくいきません。
その方法をできるだけ簡単に「手抜き子育て」としてご紹介いたします。
これは「輝く子どもの未来」のための提言です。
今回のお話会で、皆様の心に少なからず一灯がともることを願います。

♪  向後 利昭先生のプロフィール♪

昭和38年生まれ、医学博士・臨床心理士。
平成元年旭川医科大学卒業後、千葉大学医学部小児科学教室に入局、
船橋市立医療センター、千葉市立海浜医院、国保君津中央病院、
千葉県こども病院、平成6年国立療養所下志津病院小児科医長を経て、
平成14年千葉県八街市に八街こどもクリニックを開業。 現在に至る。
先天代謝異常の分野で遺伝子診断・治療を研究し、
「オルニチントランスカルバミラーゼ異常症の分子病理」にて、医学博士の学位を取得。
平成4年に 日本小児科学会認定医(専門医)、平成13年に臨床心理士の資格取得。
共著「子どもの脳にいいことII」コスモトゥーワン刊




スポンサーサイト

<< 教育とは | ホーム | それぞれが向かうべき道へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。