プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご縁

ちょっと 前の話になってしまうのだけれど・・・


「これ、クラスのお友達から 貰ったんだ~」
と 高校に入りたての頃 息子が
「お母さん業界新聞」という 
「子育てをもっと楽しもうじゃない!」という お母さん応援新聞を貰ってきた。
ふと見ると そこに 池川先生が 載っている!
「え?」目を擦った。
「ここでも ご活躍なんだ~。」
   
池川 明先生 
http://macoron.jp/blogView.cgi?uid=11
「胎内記憶」を語る 産婦人科医

以前 素晴らしいご講演を 何度か伺った。
「子どもは親を選んで生まれてくる」
「人生のシナリオは 自分で書いて生まれてくる」
「生まれてきた 目的は 人さまの役に立つこと」
そのお話を聴くことができて 私自身 それまでの人生を 
生まれて始めて 肯定してもらえた気がした。

でも 今 思えば 当時感じていた それだけではなく
しあわせな人生を歩むための そのいろいろな 路と
そして その宇宙からのメッセージを
あらためて 多くの方に 聴いていただきたい! と思ったように思う。

私の心の中で それまで ふつふつと 沸いていた想い・・・
「澤谷 鑛 ヒューマンライフセミナー」に 池川先生を
お呼びしたい!という気持ちが だんだん ぐつぐつと 沸くようになってきた!
 
そういえば、澤谷先生の東京セミナー
http://www.kou-sawatani.com/seminar.html

って 年に2回しかない。
(今は違って 月に1回開催してくれるみたいだけれど・・・。)
だとしたら、5月24日~25日の2DAYSアドバンスドコースセミナーに
お呼びしようではないか!
この時を 逃したら もう 次は秋になってしまう。

思いついたら 吉日!
夜 急に 澤谷先生に お願いメールをした。
・・・返事がない。
・・・ダメってこと?

朝 起きて直ぐに パソコンを開け ブログ「絆の法則」を見た。
もう直ぐ 発刊される「絆の法則」の素敵な 葉祥明さんの 表紙画が載っているではないか!

それを 見たとたん!私の中で確実にGO!サインが出た!
何が何でも お呼びしよう!

再度 澤谷先生に メールをした。
前夜の 私の 伝え方がまずかったみたいで 今度は 直ぐに OKサインがでた!

よし!いざ!鎌倉!!
ではないが・・・いざ!横浜!!
池川先生は 今「医療費窓口負担ゼロの会」
http://www.iiiryou.com/zero/
http://www.iiiryou.com/zero/cat80/post_34.html

の副理事長も務めていらっしゃり
調度 たまたま 次の日は
その第1回目の「学習懇談会」だった。
以前 そのお話にも 興味があって
パンフレットを50枚ほど お配りしたが
私自身も もっとよく知っておく必要もあるのでは?
医療には とても興味があるし お話を伺って
私でも出来ることは 何でも協力させていただこう!

澤谷先生の新刊「絆の法則」の表紙画を プリントアウトすると 
「医療費窓口負担ゼロの会 第1回学習懇談会」の講師である
池川先生のところへ 伺った。

素晴らしい「医療費窓口負担ゼロ」に関する ご講演の後 
お話に伺おうと思ったら
新聞社の取材が入っていて なかなか お話できない。

しばらく お待ちしたが それも失礼かと思い
その表紙画と セミナーの内容を記載した用紙と 私の名刺を 
袋に詰めて スタッフの方に お渡ししてきた。
夜 一応念のため 池川先生に メールした。

次の日 ご快諾のメールを頂いた!!
それから セミナーに関して トントン拍子に話は 進んだ。

準備作業を しているうちに
池川先生の ボランティアスタッフである会社が
「お母さん業界新聞」の発行者である
トランタンネットワーク新聞社であることが わかった。

高校に入学してまもなく 息子が同級生から 頂いてきた新聞
「お母さん業界新聞」の
トランタンネットワーク新聞社
http://www.okaasan.net/system01.php?itemid=423&catid=124

に そのお友達のお母様が 働いていたのだ!
しかも 核となって 働いていらっしゃる!
セミナーで販売する予定の
池川先生の本・CDの販売などの件もあり
早速 そちらへ 電話をした!

息子同士が クラスメイト!
話は 息子のことや 新しい高校のことにもなったが
やはり 母親でありながら
お互いに 考えていることは 似ていそうだ。

「元気な お母さんを増やしたい!」という その使命だ!
何とか お互いにシェアしあいましょうよ!ということになった。


それにしても 何だか 本当に世間は狭い!
それが 嬉しくって たまらない!

別にだから どうってこともないし
一文の得にも ならないのだけれど
私の中の いっちばん! うきうきドキドキするときは
そんな 不思議なご縁を感じるとき・・・

・・・そんな時のような 気がする。



スポンサーサイト

<< 日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」のインタビュー見たよ?! | ホーム | しあわせな人生の実現をサポートする 人材養成講座 夏季合宿 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。