プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝

どうにもこうにも、だんだん無理はきかなくなってきたみたいで・・・

そろそろ無駄な抵抗は止めようと、
先日3月30日にお誕生日を迎えましたのをいい機会と思い、
20年ぶりに病院に行ってきました。

・・・というのも、何度か、池川明先生の講演会を
企画させていたくことはあっても、
私は、大の病院嫌い、医者嫌いだったからです。


今は亡き両親の闘病生活を引きずっているわけではないのですが、
どうも、病院というところは行く気がしなくて、
自我の強い私は、何度勧められても、言うことを聴かなかったのですが^^

お陰さまで、人生も半世紀を折り返すことになり・・・

その峠でふと、振り返ってみれば
自我の強い分、波瀾も多い人生だったことですし^^
その分、ロバみたいに、
身体をただただ酷使してきたことを深く反省し・・・
とうとう・・・とうとう・・・行ってきたのでした^^

本当に、身体には感謝しないと、罰が当たるとしみじみ思います。

( ・・・でも、みなさま。大したことはないので、心配しないでね^^
大したことがあったら、日記には書けないかも・・・ですから^^ )


3月4日・・・

息子の高校の卒業式で、PTAの会長さんが
「人の為に役に立ったり、癒して差し上げることも素晴らしいことですが、
困ったときSOSを送れる人になって下さい」
と卒業生たちに、
おっしゃられた言葉が、何だかとても心の襞に沁み入っていました。


それから、1週間後・・・

父の命日・・・3月11日・・・。

あのような震災が起ころうとは、ゆめゆめ、思っておりませんでした・・・。


無事に生かしていただき、
あれから、何度かの計画停電の中では、
プツっと電気が切れるので、昼間はパソコンにも触れず、
ひたすら「断捨離」していますし・・・
夜は、家族で懐中電灯の灯火の元で、
乾電池を送ってくれた友人に感謝しながら、夕飯をいただきます。

その友人に出会えたのも、
私が、それまで悩みに悩んできた人生があったから・・・
で、あったことと・・・しみじみ振りかえったりします。

ここまで、悩みに悩んできた人生というのも、
やはりSOSがなかなか送れなかったり、自我が強かったり・・・
という私がいたからであって・・・
・・・と思い返して、どんどん、どんどん紐解いていけば・・・

私を産んで育ててくれた両親や・・・
どんな時でも見守ってくれていた友人や・・・
恩師や・・・本当にここまで生きてこれたすべてに・・・
・・・その時々の不幸とも取れる出来事すら、
すべてに、感謝なのですね・・・。


夕飯が終わると、ラジオを聴きながら、
暇を持て余して、息子や娘に「和みのヨ~ガもどき」をしたりしながら・・・
大きくなった、息子の背中を揺すり、しあわせを感じ・・・

こんな情景が、いつしかきっと・・・
温かな思い出話になりますように・・・とただただ祈りながら、
床につきます。

朝、目が覚めると、いのちがあったことに感謝し、
・・・テレビに映し出される悲惨なニュースとは、全く裏腹に、
朝焼けに、ミルキーピンクにキラキラキラキラ輝く
これまで観たこともないほどの、美し過ぎる岩手県沖の海に

愛・・・
そのものを感じ、

涙が流れます・・・。




この土地に住まわせていただき、
水道、電気、ガス、電話、美味しいご飯・・・
何不自由なく生きているなんて、
申し訳ないほど、もったいない・・・。


氏神様に、そうお礼に参りますと、
最近、毎朝、リスが出迎えてくれます。

我が家の住む辺りにも、
子どもの頃、大好きだったリスが住み始めたのです。

本当にすべてに感謝ですね・・・。

本当にすべてに感謝です・・・。


深くこの「今」に感謝すればこそ、

もう無理はせずに・・・
そして、私が本当に大好きなことだけを・・・
自分の心と身体を大切に・・・
こころを込めて・・・
「瞬きひとつ」ほどの、一瞬一瞬を丁寧に
生かしていただこうと思います。



本当にみなさま・・・
いつも支えてくださり・・・ありがとうございます・・・。

本当に至りませんが、
至っていない部分・・・
かなり、これでも解ってきています^^

決して、開き直るわけではないのですが・・・
・・・どうか・・・そこはお許しください^^

そしてまた、今後ともどうか
これに懲りずに、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございます!!!

本当にこころから感謝申し上げます!





あなたの歩く道端の 私は小さな花でありたい
( チッチとサリー~「小さな恋の物語」より)

今日新月を迎え、私は、山田惠美に還ります。





スポンサーサイト

<< これから | ホーム | 笑顔 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。