プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜在意識

家の裏に川が流れています。

川のせせらぎを聞きながら、
川の流れをただただ眺めます。

それから、
鴨やこいや亀の姿を眺めているときもあります。

すっかり我を忘れてしまう・・・
何より穏やかな時間です。


ひと休みひと休み




40歳になったばかりの頃のことでした・・・。

今でもはっきり覚えているのですが、
かなり激しく泣いたので、
自分のその泣き声で目が覚めたのでした。


それは、30年以上も前のこと。

高校の卒業式には、まだ決まっていなかった
大学の二次試験に、やっと合格したときの事だったのです。

やっと合格したことを姉である伯母に知らせるように、
母に言われ、電話をしました。
五人姉妹の末っ娘だった母は、姉たちに忠誠を尽したかったのも
解っていました。

でも、案の定
「そんな大学聞いたことない」
とけんもほろろに言われてしまったのでした。
学歴をとても重んじていた伯母だったからです。

台所仕事をしていた母は、手を休めることなく、
「そう・・・」とたったひとこと返しました。

そこに込められた母の想いが、
私の胸いっぱいに伝わってきて・・・
無性にやるせなかったのでした・・・。

姉にそう言われても仕方ない・・・
・・・でも姉さん、何でそんな言い方をするの?
・・・そんなんじゃあ、あの娘が可愛そうじゃない・・・。
やっと合格できたのに・・・
・・・折角電話したのに・・・


というさまざまな想いを勝手に母の横顔に感じ・・・

母を喜ばせてあげられなかった悔しさが
こみ上げてきたのでした。

18歳の私は、やはり親の役に立ちたかったし、
母を喜ばせたかった・・・。
でも、それが出来なかった不甲斐無さを
私は、心の奥深く深くへと
押しこんでいたのでしょう・・・。


20年以上たってから、それが夢となって現れ、
心のヒダに刻み込んでいたものが一気に現れ出たのでした。

今頃になって・・・と、とても驚きました。

今、脳科学では、潜在意識は、99.9%
顕在意識はたった、0.01%と言われているそうですが・・・

フラッシュバックとか夢とか・・・
そんな風に、現れたものは、
古い角質が剝がれるように、消えてゆくそうです。

きっと、そこには
新陳代謝のように、真新しい皮膚が、
もうちゃ~んと生まれている証拠なのかもしれません。


初夏と川と人生と




川を眺めていると、岩と岩の間で澱んでいる場所があります。
そこには、きっと微生物が繁殖し、
川にとって、貴重な肥やしの場所にもなっているのでしょう。



それはそれでよし・・・
さらさら流れるもよし・・・


品性




19歳の息子や反抗期まっさかりの13歳の娘を見て・・・
親に心配かけていた自分をつくづく思います。



そしてそれと同時に、
学歴なんて関係ない・・・
あなたはそのままでいいの・・・
と言葉にできずにいた
母のあの時の横顔が 川に映ります。




母はどんな時でも強かったし、

どんな時でも明るかった。

やはり母を超えることなんてできません・・・。








スポンサーサイト

<< 夏の時間 | ホーム | 宇宙の片隅で >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。