プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝉と男の子

今にも雨が降りそうな天気だった。
蒸し暑いのに、
時々、まるで初秋のような涼しい風が吹く。

まだ7月だというのに、まるでお盆のころのような、
何となく物悲しく感じていると、ヒグラシが鳴き始めた。

ここ数年、梅雨が明けるころ、
一番に鳴き始めていたのが、ヒグラシだったので、
「ちょっと、待って。ヒグラシは、晩夏の方が似合ってるよ。」
と毎年蝉に向かって、呟いていたが、
今年はそのヒグラシすらなかなか鳴かなかったので、心配していた。

ほっとしてベランダに出ると、蝉がひっくり返っていた。
身体を戻すと、元気よく飛び立っていったけれど、
大丈夫かしら・・・。

そろそろ出かけなくっちゃ・・・
と、玄関を開けると、また蝉が転がっていた。
まだ7月だというのに・・・。


電車に乗ると直ぐに、
新幹線の絵が描かれたリュックを背負った、3歳くらいの男の子が
お母さんに連れられて、電車に乗り込んできた。

「お母さん。あれは、スーパービュー?
あ、あっちは何線?」
「ほら、見て! はやぶさだよ!」

くりくりした目で、隣の電車を指さしたと思ったら、
つり革広告を指さし、お母さんに矢継ぎ早に話しかけている。

電車がとっても好きなんだろう。

後から、慌てて乗り込んできた女性も
バッグから急いで取り出した扇子で仰ぎながら、
その子の指さす方を一緒に見ていた。

「ねえ、お母さん。思いついた?」
「お母さん、思い出せないよ」

お母さんは、その子に一所懸命応えようとしていた。
あどけない二人の会話に、つい微笑んでしまった。

すると、
次の瞬間だった。

「がんばれ、にっぽん!
がんばれ、とうほく!」

電車のつり革広告を見て、その子が叫んだのだ。

扇子で仰ぐ手も、携帯を触る手も止まり、乗客が振り返った。

電車の車両いっぱい、胸いっぱいに、その子の声が響き渡った。


胸の奥の方から熱いものがこみ上げてきて、
思わず涙が零れそうになった。


勿論!我が子もそうだけれど、
この子が大きくなるころには、必ず!!!

にっぽんはすばらしい国になっている!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日は、「お願い~被災地の方へ」にお応えくださり、
物資のご協力をありがとうございました!

私も直ぐに送らせていただきましたところ、
「今、第一便が出ます。本当にありがとうございました。
ご協力くださった方々にも、よろしくお伝えください」
とサポートしていらっしゃるその方から
お電話をいただきました。

その方も70歳を越えた高齢の方です。
本当に頭が下がる思いです。

また、その後、お疲れのところ、お手紙も頂戴しました。

***(一部抜粋)**************************

ご支援 本当に有難うございます。
仮設住宅に入って、経済的に困難な方々への支援の必要があります。

・カーテンがついていないので、
90×180が2枚と90×90が2枚 
(このセットで古いカーテンで多少サイズが違ってもいいので頂きたいと思います。)
・ソーメンやめんつゆなどもこれからは喜ばれますね。
(そばやうどんの乾麺やおとうふのパック入りロングライフ使用のものもいいですね。)
・柑橘系の 果物、うめぼし、ビンづめの保存食品(ラッキョウ、のり、佃煮)
・お鍋、フライパン、とうもろこしがゆでられるくらいのアルミ鍋。
・座布団、山元町では敷き布団とシーツ、タオルケット、台所用品
(いずこも生活用品は喜ばれますね。)
・カーテンが強い要望ですが・・・。 

ご家庭で、不要になってるものがありましたら、
無理のない範囲でご協力頂ければ幸いです。
以上、よろしくお願いします。

************************************

実弟のお嫁さんの実家が仙台なのですが、
お母さまも「東松島は本当に被害が大きくてね・・・
私の友人も亡くなりました・・・」
と蚊の鳴くような声で、そうおっしゃっておいででした。

本日、大きな段ボールが我が家に届きましたので、
また第2便を送ろうと思っています。

もしご協力いただけますようでしたら、メッセージをくださいませ。
ご住所をお伝えします。


スポンサーサイト

<< くじけないで | ホーム | 夏の時間 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。