プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観音さま



バスに乗り遅れないように
足早に横断歩道を渡る人たちに紛れ

ひとり瞳を閉じ、朝のあいさつを交わす。


見上げれば そこに
大きな大きな観音さまが、微笑んでいるから・・・。



伯母の家を訪ね、東京から、ひとりで
電車に乗った子どもの頃・・・。


首から上しかない
大きく大きくそびえ立つ
あの観音さまが怖くて仕方なかった。

夜になってライトアップされた頃には、
まともに見ることなんてできなくて
小さな小さな指の隙間から
そおっと、そおっと、覗いていたっけ。


再婚して こちらに移り住むことになって
あの怖くてたまらかった観音さまに
また出会うなんて。

本当に人生って不思議なものだ。


少し大人になった今はもう、

ふもとの竹藪が秋風に吹かれると
観音さまと一緒に涼しくなるけれど・・・



雷が鳴っても・・・
ヒグラシが鳴いていても・・・
かんかん照りの日にも・・・

まるで花たちのように・・・

いつも変わらずに
超然と微笑んで 
ただそこにいてくれる。



ああ・・・
そんな強い女性になれたらいいのに・・・



すると

観音さまは
また 微笑み返す。



スポンサーサイト

<< 折れたシャーシンと消しカス | ホーム | 晩夏~ひとりの季節~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。