プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折れたシャーシンと消しカス

娘が通う中学はとても荒れていて、よく警察が入る。
特に中3の生徒が暴れるらしい。

中学に入って初めての部活の懇談会に伺ったとき、
顧問の先生の言葉に驚かされた。

「あいつらは素行が悪いから、
他の学年と一緒に行動させられない」

中3の保護者は口をあんぐりさせた。

普段から、生徒に向かって
「お前ら」 とか「てめえ」
という言葉を遣うのには、私も閉口していた。



そんな先日のこと。
娘が、部活から帰ってきたが、あまり元気がない。

食事が終わり、娘とふたりになった途端、

「今日、先生に叱られちゃった・・・。」

重い口を開いた。

「先生って部活の先生?
何で? 何か悪いことでもしたの?」

「メイとあみちゃん、テニス へたくそだから・・・」

「だから? ・・・だから、叱られたの?」

「うん・・・。

おまえら、折れたシャーシン(シャーペンの芯)と消しカスだって・・・。

でも、きっと冗談だよね・・・冗談だよ・・・。

だって、後から少しだけ笑ったもん。

久しぶりに先生の笑顔を見たよ・・・

だから、嬉しかったよ・・・。」


くりくりした彼女の目に、涙が溜まっていた。


・・・折れたシャーシンと消しカス???
・・・折れたシャーシンと消しカス???
・・・何それ?!!!
・・・それって、使い物にならないってこと???
・・・子どもはモノじゃないよ?!!
・・・折れたシャーシンと消しカスにだって、魂はあるよ?!!

怒りが爆発してきた。

・・・でも私は、その場所にいないし、
本人ではないから・・・

その言葉が行き交ったところに愛があったかどうか、
本人にしかわからないから・・・


だから、何かを言える立場ではないけれど・・・。


でも・・・



「それで、めいちゃんは大丈夫なの?
部活やっていかれるの?」

「やっていかれるよ!

ただね、ママ・・・。

先生、どうやって、『折れたシャーシンと消しカス』って、
思いついたんだろう・・・。

一生懸命考えたのかな・・・」




悲しすぎる言葉に、返す言葉が見つからなかった。

小学校の先生と中学の先生はまるで違うし、
生理にも本格的になるようになり、
とても揺れ動く季節の中。

それでも、その先生は、
彼女の人生において、
必要不可欠な登場人物なのだろう・・・。



どうか、彼女が先生の愛を感じることができますように・・・。



親として・・・
おとなとして・・・
しっかり見守ってやりたい・・・。



祈りたい・・・。















スポンサーサイト

<< 旅の途中 | ホーム | 観音さま >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


『勝つための正しい知識』は武器になります!

テニスは、試合に対する正しい知識があり、最も正しい方法を選ぶことができれば、当然勝つことができるものです。最高のテクニックがなくても十分に戦えるその方法とは?


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。