プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絆の風

日常生活に於いて通常起こることのすべては
空虚で無価値であると経験より学んでから
またわたしの欲望や恐怖の対象は
すべて精神がそれらの影響を受けない限り
それ自体は善でも悪でもないことを知ってから
わたしはついに決心した
真に善でひとに伝えうるものが
あるかどうか探究するのだと

        ~スピノザ「知性改善論」~




日が差してきたから、布団を干しておこうと
次女の部屋に入った。
大阪公演の演出助手の仕事のため、
先日からずっと出かけている。



ベッドの脇のコルクボードに貼られた紙が、風に揺れていた。


スピノザ・・・


・・・確かに・・・


人に伝えうるもの・・・



それが例え、血を分けた子どもであったとしても、
そんなもの・・・これっぽっちもないのかもしれない・・・。
それは単なる親のエゴなのかも知れない。




・・・それにしても、
やはり次女は、亡き母の母体でエネルギーをしっかり蓄え、
私を指導するために、私の元にやってきてくれたに違いない・・・。




大学を出てから、どうするのかと思いきや、
正々堂々とフリーターを名乗り、
ちゃんと自分のしたい仕事に向かい、
次々と仕事をゲットしている。


今回も、かなり著名な劇団の仕事を頂くことが出来たらしい。
きっと彼女のことだから、
立派に仕事をこなしていくことだろう。



誰よりも手を掛けなかった次女が

誰よりも賢く、
誰よりも早く、
私の元から旅立っていった。



日々の雑多な生活の中で、
夫の亡き妻への嫉妬は、次第に消えていった。
それどころか、
彼女のお陰で、育てたくても育てられなかった実母の、
その時の想いをようやく感じることが出来た。



何ひとつ親らしいことはできなかったけれど、
勝手にしがらんでばかりの、
真に嘆かわしい自分と
辛抱強く付き合ってきたことだけは、確かだと思う。




もっと自分に優しくあれば良かった。

そうしたら、きっとあの子も
もっと楽で・・・
もっと楽しかっただろう・・・。




部屋のカーテンが優しくなびいた。

まるで、娘の亡き母がそこに立って、
微笑んでいるようだった。






スポンサーサイト

<< 冬眠 | ホーム | 【おしらせ】 村上和雄ドキュメント映画「SWITCH」~遺伝子の生きがいスイッチがオンになるお話会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。