プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、いよいよ職場の中学校の入学試験だった。
そしてまた、浪人生の息子の大学受験も、いよいよ今日から始まった。



静まり返った廊下。
静まり返った教室。

そおっと、父兄の控室近くのトイレの清掃点検に出かけると、
椅子にうなだれ、祈る母親たちの姿が目に入る。


まるで15年前の自分の姿を見ているようだった。


それにしても、最近何故か、
再現フィルムのように、以前の自分を思い返す出来事によく出くわす。
「もう一度復習しなさい・・・」ということなのだろうか・・・。


1科目目が終わるチャイム・・・。

2科目目が終わるチャイム・・・。

3科目目が終わるチャイム・・・。

その都度点検に出かけた。


そしていよいよ、4科目目が終わるチャイムの前に、
何故か立ち上がり、点検に出かけた。 



すると、試験を終えてもう直ぐ教室から出てくる子どもを心待ちにする
父兄の姿が目に入った。

途端に、涙がこみ上げてきた。

なんで?

15年も前に心に刻んでいたものを溶かし解すかのように
涙が次からつぎへとこみ上げてくる。

・・・大きなマスクをしていて良かった・・・。



トイレに入ってきたお母さんに、「お疲れ様でした・・・」
と伝えたかった。

「すべて後になってみれば、いい思い出になりますよ・・・」
とも伝えたかった。


でも、ただの清掃員が話してみても、なんの説得力もないだろうし、
兎も角 声が出てこない。



寡黙に仕事を終え、学校を出ると襟を立て、坂を下りた。


後ろで、受験を終えた小学6年生とその親が何やら話している。


「理科と社会は記述が多かった」
「国語は?」
「選択問題が多かった」
「算数は?」



矢継ぎ早に聞くお母さんの声を聞きながら、
必死に安心材料を探している・・・昔の私を感じた。


でも、今は前しか見えなくても、
きっとこれから周りが見えてくる・・・。



ふと、息子が

「俺も丸くなったもんだよな~」

と笑いながら見せてくれた
現役生だった頃の受験票の写真を思い出した。

まるで尖った目つきをしていて、
今の彼の優しい顔とは全く違っていた。


浪人生活の日々の中、何が彼を変えたのだろうか・・・。

時間はダテに経っていない・・・。


後ろを歩く親子の声がまた聞こえてきた。


明日は、合格発表だ。
たった、1点か2点のことで優劣がつくなんて、何とバカげたことか。



心の中で呟いた。
例え、合格しなかったとしても、選ばれなかった訳じゃない。
その道は必要じゃなかっただけのことだ。


富士山


2丹沢







心配も悲しみも喜びも
すべてが、しあわせのひと味。



日本が平和でありますように・・・。






スポンサーサイト

<< 大きな背中と小さな手 | ホーム | 歳時記 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。