プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財産

息子の通う高校で スポーツ大会があった。
午後からは 担任の先生との 個人面談だし
保護者のボランティアに 参加しがてら
少し 学校の様子を 見に行ってこよう。

ここのところ 蒸し暑い日が 続いていたが
今日は 少し 心地よい風が 吹いている。
高校の近くに 芝生のグラウンドがあって
高齢者の方々が ゲートボールを 楽しんでいる。

のどかだな・・・。

高校に着くと 早速 お手伝いに参加した。
サッカーやバレーボールの 試合の合間に
飲み物を 取りに来た生徒に 配るお手伝いだ。

ハーハー 言いながら 汗だくになって 
取りに来たドリンクを 一気に飲み干すと
「ありがとうございま~す!」
「うーっす!」
と グラウンドに戻っていく。

クラスごとに お揃いのTシャツを作り
男子も 女子も 爽やかに 今を楽しんでいる。

暫くして 息子を 発見した。

だらしなく ネクタイを締め
下げ気味に ズボンを履き
いかにも 高校生を装って 出かけていく息子も
2年生や 3年生の間に入ると
まだまだ ひよこだ。
あどけなくて 何だか 可愛い。

   ・・・私の高校時代も きっと こんな風だったんだろうな・・・。
   ふと つい先日のことを思い出した。

   高校のクラス会で会った お友達からのメールで
   また 女子?(おばさん?いや女性(笑))だけで 
   会うことになり ランチをしたのだ。

   《 千賀ちゃん。 先日の贈り物の本を頂いてから 
   ブログ「絆の法則」を ちょくちょく拝見しています。
   私も「底抜けに明るい千賀ちゃん」と思ってたよ。
   今度 またみんなで集まって ランチでもしない?》

   嬉しい! ブログを見てくれていたんだ!
   友達って ホント いいな!

   『 この間ね「類は友を呼ぶ」を 千賀ちゃんが 書いていたとき
   そこに《 不平・不満・不足は、その状態を実現し、
   満足は、その状態を現実に実現します。 》
   って 澤谷先生に 言われたって あったじゃない?
   それって 将にそうだな!って思ってね、
   早速 『すべての「結果」は引き寄せられている~
   運命を決める「牽引の法則」』を 買って読んでみたの。
   
   ずっと 続けているパート先の人間関係で
   悩んでいたことは これだ!って 解ってきたんだ~。
   それからね ワークも 家で やってみたの。
   高校生の頃って 日記とか書いていたけれど
   今 全然 書かなくなっちゃっていたから 
   久しぶりに 書いてみたら 
   何だか すっきりしてきたんだ~ありがとう。」

   「最近 腰痛がひどくて 整体に行っているんだけど
   その待ち時間に 頂いた「絆の法則」を 読んでいたら
   泣けてきて 泣けてきて・・・周りの人たちに 
   じろじろ見られちゃった(笑)
   すべては 自分の心の持ち方なんだね・・・。」

   話は 親のこと 子どものこと 夫婦のこと・・・色々発展し 
   悩んでいることの 深い部分になってきた。

   みんな 高校生の頃から いろいろあり
   あの頃から 未だに 引きずっていることが あったりする。
   それでも あの頃は こんなに深く語り合うことは なかったのに
   今 こうして これほども 本音で語り合える。
   もしかしたら 今こそ 私たちは「生きる」ということを
   深く 噛みしめ 味わっている時なのかもしれない。

   それにしても 将に こういった本音で語り合える友達こそ 
   財産ではないだろうか!

   ひとり クラス会には来れなかった お友達がいて
   深く 悩んでいるようだった。
   帰ったら 「絆の法則」を 贈ろう・・・
   そう思いながら 今度は もっとゆっくり会う約束をして
   みんな それぞれに帰っていった。


高校を卒業してから かれこれ30年も経った今
今また お互いに 時を刻もうとしている。
これも 絆の結び直しなのかもしれない。

歩道橋を渡り 生あたたかい風を感じ 空を仰ぎながら

♪ いいな いいな~ 人間って いいな・・・♪
前に流行った歌のメロディーを 口ずさんだ。





スポンサーサイト

<< 時空を超えて | ホーム | いじめ問題 (2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。