プロフィール

EMI

Author:EMI
4人の子どもの母で、ステップファミリーです。

これまでの子育ての経験を元に、
ママたち・パパたちの応援団をしています。

子どもは親を選んで生まれてくるようです。
そしてだれもに、生まれてきた理由があるみたいです。

尊い人生を心豊かに・・・丁寧に・・・

ウキウキワクワク・・・生きていきましょう。

~あなたに代わる あなたはいません~

フリーエリア

胎内記憶のリサーチをしています。 お子さまの胎内の記憶・誕生記憶・雲の上での記憶など・・・お話でも、お絵かきでも構いません。 是非、お気軽にご連絡ください。 luckyemi3580@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTHER'S NET FINAL 講演会と閉会のお知らせ

10月6日連休の初日、MOTHER’S NET FINAL 講演会
「根っこのはった子育て~胎内記憶と家族の絆」
~池川明先生&飛谷ユミ子先生の講演会が、開かれました。

当日の朝まで、私の携帯が鳴り続け、
定員を超える程のご参加者と
池川先生・飛谷先生をはじめ友情出演をして下さった南山みどりさん(カウンセラー・作家)、醍醐千里先生(「魂の約束」朗読)と
そしてスタッフのお陰でとても温かい会に終わりました。




今、母親たちは、いろいろな意味で子育てをするのが、
とても困難な時代と言われています。
核家族化が進み、お姑さんや実母のアドバイスを聴くことが
なかなか出来ないうえ、
少子化により、親子の関係が密になり過ぎてしまう傾向にもあり、
子ども達もお母さん達も、ストレスが深刻化しているのが現状です。


私自身4人の子供を持つ母なのですが、
上の子と一番下の子の年齢が14歳も離れており、
小学校に20年間も通う日々が続きました。
子供たちの通る横断歩道で、旗振り当番をしながら、
子供たちや親たちのあり方を通して、
社会の移り変わりを見つめて参りました。


そんな中、私自身も、子育てや人生に関して、
ひとりで鬱々と悩んでいる期間が短くありませんでした。

「子ども一人ひとりが違うように、
それぞれの育て方があっていいんだ」と、

本当に懐に落ちるのには、かなりの時間を要してしまいました。


何故なら、子どものありのままの姿を認める前にまず、
ありのままの自分を認めることが必要だったからです。




そんな時に出会った池川明先生という医学博士・産婦人科医の講演会で、
子ども達の胎内記憶から語られる「子どもは親を選んで生まれてくる」
「人生のシナリオは生まれる前に誰もが描いてくる」
「誰もにお役目があって生まれてくる」というお話を伺い、
もし私も、親を選んで生まれてきていたとしたら・・・
もし私も自分の人生の学びの課題やシナリオを
自分で描いて生まれてきていたとしたら・・・。


起こる出来事や理不尽とも思える出来事に対して、
これまで外側のせいばかりにしていた想いや見方が
次第に変わっていき、
それは将に私の人生観や死生観を変えてくれるものになったのでした。

その後そのような素敵なお話を独り占めしては勿体ないという想いから
講演会を子ども達の通う小学校で企画させていただきました事が、
MOTHER’S NET立ち上げの大きなきっかけにもなりました。

また、その時に出会った友人とのランチで『鏡の法則』の野口嘉則さんからの配信メールにより、
澤谷鑛先生の『すべての「結果」は引き寄せられている~
運命を決める「牽引の法則」』(総合法令出版) を知り、
養成講座で学ぶ中、私自身、自分自身の奥深くへの旅が始まったのでした。




しかしその真摯に自分と向き合い、生まれてから今まで、
誰よりも縁(えにし)の深かった両親との関係を
紐解くことは、時には抉られるほどの痛みの伴う、
苦しい時間でもありました。


今になってみれば、それこそ、とても貴重で必要不可欠な、
子ども達からの、そして宇宙からの、最高のギフトだったように思います。




人生という舞台で主役を演じる誰にとっても、
必ず「その時、その場所で、その人しか味わうことが出来なかった
その想い」という、大切なワンシーンがあると思います。

相手のその時のその想いを、まるで溶け合うように味わい流した、
ひと粒の涙の波紋が、静かに静かに、過去・現在・未来という時空を超えて広がり、絡まった糸を紐解き、
絆の糸を結び直してくれたのかも知れません。



一人ひとりが、しあわせになる覚悟を決め、
出会うさまざまな「人」「こと」「もの」を通して、
心を澄まし、絆の糸を結び直すことこそ、たましいを磨き、愛を学ぶ、
しあわせな人生の扉を開く鍵なのではと思います。


また今度は、その尊い人生から学び取ったものから、
まわりの方のしあわせな人生の実現をサポートすることで、
より自らを信頼し、しあわせな人生を歩んでいくための
揺るがないものになっていくのでしょう。



私たちは、MOTHER’S NETは、悩める母たちへ向けて、
「家族の絆の結び直しと生きがいを応援し、
子どもも大人も心豊かに育ちあう」ことを
モットーに設立し「自分を知り、自分を見つめる子育て」を
テーマに活動をして参りました。


実は、私たちスタッフもみなそれぞれに
「子育て」や「人生」に行き詰り、
深く悩んだ経験があったからです。

人生に起こる出来事は、決して無駄なことも、偶然もなく、
一分足りとも早からず遅からずの絶妙なタイミングで
必然的に起こるといいます。

一見困難にも思える出来事も、それをどのように捉え、
どのように受け容れ、
どのようにこれからの人生に活かしていくのかを真摯に考え、
しあわせになる覚悟を決めることは、時には厳しい道のりでもあります。

でも、そこにこそ、本当の自分に出会い、許し、信じ、愛するための
大いなるプレゼントが隠されているのかもしれません。




この度MOTHER’S NETは、リセットのための
必要な時間を頂くことに致しました。

短い期間でしたが、私たちは様々な活動をしてまいりました。

MOTHER'S NETが編集させていただきました
『いのちの絆の物語』~母と子へのメッセージ」(南方新社)http://amzn.to/inochitokizuna

の出版記念講演会に始まり、
ドキュメンタリー映画「うまれる」や「SWITCH」の上映会、
しゃべり場や様々なワークショップなど・・・。

でもそれによって一番学ばせていただけたのは、
私たちスタッフであり、そして私だったようにと思います。


今度は全く違った形になるかも知れませんが、
子ども達に学びながら、愛と歓びを分かち合いたい、
その想いは全く変わりません。

またいつかきっとお会いしましょう。
これまでご支援くださり、本当にありがとうございました!
心から感謝しております!

そして、皆さま方のますますのしあわせな人生を心から信頼しております!

私たちは皆ひとり残らず、幸せになるために生まれてきた、
平等でかけがえのない存在なのですから・・・。

~あなたに代わる あなたはいません~

NPO MOTHER'S NET
代表 紅林 千賀子

スポンサーサイト

<< セピア色の思い出 | ホーム | 虹の彼方へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。